ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982935 全員に公開 ハイキング積丹・ニセコ・羊蹄山

ニセコ沼巡り

日程 2016年10月14日(金) [日帰り]
メンバー ezokazu, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大谷地前の駐車場を利用
(当日AM7:00の時点で神仙沼駐車場のトイレはシャッターが閉まっていた)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
44分
合計
8時間11分
S大谷地入口08:0908:35神仙沼08:3908:45神仙沼・長沼分岐08:4609:05長沼10:05チセヌプリ分岐10:48チセヌプリ10:5412:02チセヌプリ(北口コース)登山口12:2313:17ニトヌプリ13:2614:23イワオヌプリ分岐15:33大沼15:3616:20大谷地入口16:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

まずは神仙沼へ。
2016年10月14日 08:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは神仙沼へ。
紅葉は終了の様子。
2016年10月14日 08:38撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は終了の様子。
チセヌプリを目指す。
2016年10月14日 08:39撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリを目指す。
さほど赤くならずに枯れたようにも見えるが、今年の紅葉はどんな感じだったのだろうか。
2016年10月14日 08:47撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さほど赤くならずに枯れたようにも見えるが、今年の紅葉はどんな感じだったのだろうか。
渇水した長沼よりチセヌプリ。
2016年10月14日 09:00撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渇水した長沼よりチセヌプリ。
チセヌプリまで110分かかった(笑)。
2016年10月14日 09:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリまで110分かかった(笑)。
チセヌプリ中腹よりシャクナゲ岳。
2016年10月14日 10:35撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリ中腹よりシャクナゲ岳。
約半年ぶりに雪の感触。
2016年10月14日 10:51撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約半年ぶりに雪の感触。
2
チセヌプリ山頂より、目国内方面。
2016年10月14日 10:53撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリ山頂より、目国内方面。
チセヌプリ山頂より、
イワオヌプリ、アンヌプリ、後志羊蹄山
2016年10月14日 10:57撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリ山頂より、
イワオヌプリ、アンヌプリ、後志羊蹄山
後志羊蹄山は白くなっていた。
2016年10月14日 11:20撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後志羊蹄山は白くなっていた。
次に登るニトヌプリ。
2016年10月14日 12:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に登るニトヌプリ。
ガードレールの縁石に腰をおろし、チセヌプリを眺めながら昼食。
2016年10月14日 12:05撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールの縁石に腰をおろし、チセヌプリを眺めながら昼食。
キタキツネがオネダリに来たが、なにもあげません。
2016年10月14日 12:17撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キタキツネがオネダリに来たが、なにもあげません。
1
道路を渡ると、ニトヌプリ登山口。
2016年10月14日 12:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路を渡ると、ニトヌプリ登山口。
チセヌプリを振り返る。
こちら側からのチセヌプリへのルートは、見た目以上に険しい。
2016年10月14日 12:30撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリを振り返る。
こちら側からのチセヌプリへのルートは、見た目以上に険しい。
ニトヌプリ山頂より、
イワオヌプリ、アンヌプリ
2016年10月14日 13:23撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニトヌプリ山頂より、
イワオヌプリ、アンヌプリ
ニトヌプリ山頂より、
シャクナゲ岳
2016年10月14日 13:23撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニトヌプリ山頂より、
シャクナゲ岳
岩内方面の眺め。
2016年10月14日 13:24撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩内方面の眺め。
紅葉ピークの時は、緑と赤のコントラストが綺麗なのだが。
2016年10月14日 14:47撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ピークの時は、緑と赤のコントラストが綺麗なのだが。
大沼よりイワオヌプリ。
2016年10月14日 15:35撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼よりイワオヌプリ。
大谷地の木道より、今日歩いた山を振り返る。
2016年10月14日 16:17撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷地の木道より、今日歩いた山を振り返る。

感想/記録

今年は、ニセコ沼巡りで紅葉を楽しむつもりでいたが、天候と休みのタイミングが合わず、いい時期を逃してしまったようだ。
この日も、数日前から天気予報がコロコロ変わり、諦めていたが、前日になって晴れの予報となったので妻と共に出かける事にした。

7時を少し回った頃に神仙沼の駐車場に到着したが、あてにしていたトイレのシャッターがしまっていたため、トイレのあるところまで戻って約40分のタイムロス。
8時に大谷地の駐車場をスタート。
神仙沼へのルートには、ザラメ雪が残っていた。
木道は、朽ちている個所があり、足元注意。
以前、訪れた時は、三脚が沢山並んでいた神仙沼だったが、この日は静かだった。

その後、チセ〜ニトヌプリのルートは8割方がドロドロ状態で、妻と二人、何度か尻もちをつきそうになった。

チセの下り(ニトヌプリ側)はそれほど苦労した記憶はなかったが、巨石の連続で、やや小さめの妻は試練の連続。
道路に出たところで、「アスファルトを大谷地まで戻る事になるのかな???」などと思ったりもしたが、頑張って最後まで歩ききった。

帰路は、ニセコ駅前の綺羅乃湯に寄り道した。
温泉浸かると、冷え切った手がビリビリが痺れた。
訪問者数:106人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ