ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985230 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

三度目の正直で雨男返上!!燕岳~中房温泉ピストン+蛙岩散策

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー avatrade2013(食事), その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
バスタ新宿15:05発白馬ゆきで安曇野穂高まで。穂高駅前からタクシーで約30分(タクシー代は7000円)。中房温泉に前日泊。下山後は(中房温泉からでも)有明荘(昼食+立ち寄り湯あり)からでも乗合バス(一日5便、増便あり)1700円が使えます。12:38発は増便で満席。穂高駅まで50分程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間50分
休憩
3時間30分
合計
7時間20分
S中房温泉07:0007:20第1ベンチ07:3007:50第2ベンチ08:0008:20第3ベンチ08:3008:50富士見ベンチ09:0009:20合戦小屋09:4010:00合戦山(合戦沢ノ頭)10:1010:30燕山荘11:2011:20いるか岩11:40めがね岩12:00いるか岩12:20燕山荘13:3014:00蛙岩14:2014:20燕山荘
2日目
山行
1時間50分
休憩
1時間0分
合計
2時間50分
燕山荘07:3007:40合戦山(合戦沢ノ頭)07:50合戦小屋08:00富士見ベンチ08:30第3ベンチ08:5009:20第1ベンチ09:40中房温泉登山口09:40中房温泉10:0010:00有明荘10:2010:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
蛙(げえろ)岩のてっぺん、無風、改正、気温よし、湿度よし、立ち去りがたい心地よさでした。
コース状況/
危険箇所等
中房温泉登山口〜燕山荘、燕山荘~燕岳、燕山荘~蛙岩、細やかに整備されていて危険箇所ありません。
その他周辺情報穂高駅前のスクランブル交差点に面する「カフェ・ギャラリー・スプーンアート」は一見の価値あり。宮内庁御用無し。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

猟師見習いが相変わらず健脚すぎてここまでさくっと2時間で這い上がってきました。
2016年10月15日 09:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猟師見習いが相変わらず健脚すぎてここまでさくっと2時間で這い上がってきました。
人間も乗りたくなる燕山荘グループ合戦小屋ゆきのロープウエイ
2016年10月15日 09:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間も乗りたくなる燕山荘グループ合戦小屋ゆきのロープウエイ
1
合戦小屋から半時間ほど。突然尖ったものを発見。
2016年10月15日 10:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋から半時間ほど。突然尖ったものを発見。
尖ったものの根元がどんどん見えてきます。大天井岳近くの山小屋も確認できます。
2016年10月15日 10:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尖ったものの根元がどんどん見えてきます。大天井岳近くの山小屋も確認できます。
カメラの性能が良ければ南アルプスと八ヶ岳連峰のあいだに写っているはずの富士山
2016年10月15日 10:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラの性能が良ければ南アルプスと八ヶ岳連峰のあいだに写っているはずの富士山
燕山荘に到着。燕岳方面にカメラを向けると左手に剱岳、右手に後立山連峰がくっきり。そして中房温泉と同じような臭いが鼻に感じられます。
2016年10月15日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に到着。燕岳方面にカメラを向けると左手に剱岳、右手に後立山連峰がくっきり。そして中房温泉と同じような臭いが鼻に感じられます。
いつかは行けるのか裏銀座の峰々
2016年10月15日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは行けるのか裏銀座の峰々
いるか岩など天然の芸術
2016年10月15日 11:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いるか岩など天然の芸術
燕岳の山頂。満員電車みたいて乗れるかどうかぎりぎりという人気ぶり
2016年10月15日 11:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳の山頂。満員電車みたいて乗れるかどうかぎりぎりという人気ぶり
穂高連峰から槍ヶ岳。その右奥には笠ヶ岳かな?
2016年10月15日 11:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰から槍ヶ岳。その右奥には笠ヶ岳かな?
立山連峰と剣岳と後立山連峰
2016年10月15日 11:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山連峰と剣岳と後立山連峰
常念山脈と南アルプスと富士山
2016年10月15日 11:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山脈と南アルプスと富士山
2
燕山荘と燕岳
2016年10月15日 13:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘と燕岳
このヘリポート、明くる朝のご来光を拝める時間帯はたいへんな賑わいでした。
2016年10月15日 13:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このヘリポート、明くる朝のご来光を拝める時間帯はたいへんな賑わいでした。
立山連峰の手前に裏銀座の烏帽子岳のとんがり帽子
2016年10月15日 13:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山連峰の手前に裏銀座の烏帽子岳のとんがり帽子
猟師見習に引っ張り上げられて登った蛙岩のてっぺんからこの先の表銀座縦走コース
2016年10月15日 14:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猟師見習に引っ張り上げられて登った蛙岩のてっぺんからこの先の表銀座縦走コース
1
夕闇迫る防爆とした松本平野と朧気な満月
2016年10月15日 17:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕闇迫る防爆とした松本平野と朧気な満月
ヘリポートからの日没
2016年10月15日 17:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポートからの日没
1
これぞパノラマ!?
2016年10月16日 05:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞパノラマ!?
富士山をはさんで八ヶ岳連峰と北アルプスのシルエット
2016年10月16日 05:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をはさんで八ヶ岳連峰と北アルプスのシルエット
元旦の「旦」の文字に見えましたがカメラには収まらなかったようです(泣)
2016年10月16日 05:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元旦の「旦」の文字に見えましたがカメラには収まらなかったようです(泣)
1
お天道様が完全に顔を出してくれました
2016年10月16日 05:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天道様が完全に顔を出してくれました
モルゲンロートに染まる槍ヶ岳
2016年10月16日 05:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートに染まる槍ヶ岳
1
撮影機材:

感想/記録

2015年から続く猟師見習とゆく山歩き珍道中のシリーズ第三回。

過去二回は山梨県大月市の岩殿山からセーメーバンへと向かう小山田氏落城と稚児落しに思いを馳せる旅でした。が、晩秋に降りしきる氷雨にこころを打たれ金山民宿村にて撤退。

今年7月の屋久島遠征は季節の変わり目が例年より遅く、、、ってか異常気象ですね、、、前線の真下のゲリラ豪雨と突風で宮之浦岳に到達できず。わたくしavatrade2013は完全に雨男よばわりされ、二度あることが三度あったらコンビ解消という崖っぷちに追いやられました。しかしわたくしは意外と楽観的で、10月の秋の長雨もこんなに続いたらそろそろ息切れするだろう。雲に覆われても激しい雨は避けられるのではないかと根拠なく週末を迎えました。

二週連続で週末も仕事だったご褒美は、このうえないピーカン。

ちょくちょく近場の低山で足腰を鍛えさせてもらっていたのは、キャリア初の北アルプスに臨むためでした。

正確かつ正直に言うと、2013年7月に、八方尾根から唐松岳を目指したことがあり、このときも横殴りの雨と突風で八方池で引き返してしまいました。多くの方々がそうされていました。やはり遠くからくると無理をしたくなるものですね。

景色と充実感と山小屋のクオリティどれひとつとってもキャリアハイの山行となりました。

燕山荘でお聞きした話では、今年はゴールデンウィークもシルバーウィークも天気が悪かったので楽しみにしていたひとがこの週末に集中したのではないかとのこと。そんな待ちに待った感にあふれた稜線も小屋も、山歩きするひとびとの満面の笑みで溢れていました。同じような時間帯から登り始めた男性で午後大天井岳まで往復した(プラス道迷い付き!!)という健脚ぶりを披露されたり、神戸から訪ねてきた友達を岐阜でピックアップして中央道で切符切られたなどの武勇伝、定年退職後にガイドの試験に合格されたという男性は若い頃には北鎌尾根(あこがれの?うそ)をも歩かれたことがあるとか。多くのひとがやはり観ていたJTARやSMAP草剛くんの番組での野口健くんの台詞とか、、、消灯まで大いに盛り上がりました。

・・・とまぁ、きょうの感想はオトナの絵日記にしてもかなりひどいものになってしまいました。

ちなみに下山の時間はわたくしavatrade2013の記録です。パートナーは1時間30分くらいで降りて、中房温泉登山口でビール呑んでいました。
訪問者数:136人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ