ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987512 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奥多摩バリエーションさんぽ 大崩落地帯近況報告。大ダワ林道経由〜小雲取出合尾根〜雲取山〜唐松谷林道

日程 2016年10月20日(木) [日帰り]
メンバー gengen0229
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁橋駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
31分
合計
9時間12分
S八丁橋05:5306:56富田新道入口07:13大ダワ林道入口07:33二軒小屋尾根分岐07:57大ダワ林道大崩落地点08:35小雲取沢出合10:47雲取山荘巻き道11:14雲取山11:1511:20ランチタイム11:4011:47小雲取山11:5112:24ブナ坂12:2514:05富田新道入口14:1014:19大ブナ別れ15:05八丁橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・・・最初に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回報告させていただいた大ダワ林道は廃道です。小雲取出合尾根はバリエーションルートです。唐松谷林道は現在開通工事のため通行禁止です。だれも責任はとれませんので近況の資料程度で御閲覧してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<大ダワ林道>
今回、大ダワ林道の1/3程度を進んだことになりますが大崩落地帯以外は気を付けていれば問題ではない道筋でしたがその先は行けるのか分からず気になります。
万が一通行したい方は必ず崩落個所は高巻きでお願いいたします。落っこちてしまえば死んじゃいます。
<小雲取出合尾根>
小雲取沢出合への下降、渡渉、尾根の取り付がクリアできれば笹藪漕ぎまでは静かな尾根歩きです。見えない倒木が多い笹藪漕ぎが40~50分くらい続くのでそこをどう感じるかでこのルートの楽しさが変わると思います。障害物競走でもしているかのような倒木たちに奮闘、スネに青アザを多く作ってしまいちょっと苦痛な思い出になりました。
<唐松谷林道>
すでに改修工事も終わりルートの地ならしがあと少しで完了いたします。紅葉時期までに開通するのかは定かではございませんが開通は間近といった感じです。過去にはここでも滑落事故は起きていますので皆さんは開通後に楽しい登山してください。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS&笛&熊鈴

写真

3週連続でこのゲートに着てしまいました。もうアホデス。
2016年10月20日 05:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3週連続でこのゲートに着てしまいました。もうアホデス。
1
先週とは打って変わっての晴天です。青空にお月様です。
来月11月14日はスーパームーンの日です。
2016年10月20日 07:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週とは打って変わっての晴天です。青空にお月様です。
来月11月14日はスーパームーンの日です。
1
昨日の雨のせいか先週より水が多い。ですがジャンプしてさっさと渡ります。
2016年10月20日 07:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の雨のせいか先週より水が多い。ですがジャンプしてさっさと渡ります。
長沢谷の大カツラさん。今日もよろしく。
2016年10月20日 07:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢谷の大カツラさん。今日もよろしく。
二軒小屋尾根分岐です。
2016年10月20日 07:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二軒小屋尾根分岐です。
さあ!ここから今回のテーマへいざ出発ですぅ。まっすぐ直進尾根道ではなく左のルートです。
2016年10月20日 07:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ!ここから今回のテーマへいざ出発ですぅ。まっすぐ直進尾根道ではなく左のルートです。
大雲取谷を眼下に進みます。写真では明るく映りますが晴天なのに谷はちょ〜暗く不気味なのです。
2016年10月20日 07:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雲取谷を眼下に進みます。写真では明るく映りますが晴天なのに谷はちょ〜暗く不気味なのです。
1
道ははっきりしています。
2016年10月20日 07:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道ははっきりしています。
雰囲気のあるよさそうなルートなのですが.......廃道とは残念です。
2016年10月20日 07:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気のあるよさそうなルートなのですが.......廃道とは残念です。
おお〜と早くもトラロープ通行禁止!です。この先すぐが大崩落地帯のようです。ここをクリヤできないとその先の小雲取出合尾根には取り付くことすらできません・・・がっ
2016年10月20日 07:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜と早くもトラロープ通行禁止!です。この先すぐが大崩落地帯のようです。ここをクリヤできないとその先の小雲取出合尾根には取り付くことすらできません・・・がっ
ロープのすぐ横、右手に尾根があり黄色、白テープが巻かれており尾根を登れと誘っています。良い子の皆さんはここを登り崩落地帯の上を高巻き、次の小尾根が崩落地帯のすぐ横に沿っていますのでそちらを降り通常ルート(反対側トラロープ部)に戻ります。
2016年10月20日 07:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのすぐ横、右手に尾根があり黄色、白テープが巻かれており尾根を登れと誘っています。良い子の皆さんはここを登り崩落地帯の上を高巻き、次の小尾根が崩落地帯のすぐ横に沿っていますのでそちらを降り通常ルート(反対側トラロープ部)に戻ります。
こちら崩落地帯の前半部分。崩落してからずいぶん経つ感じで草木が生えてきています。一見行けそうにも見えるのですが・・・!とんでもない。
2016年10月20日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら崩落地帯の前半部分。崩落してからずいぶん経つ感じで草木が生えてきています。一見行けそうにも見えるのですが・・・!とんでもない。
崩落個所中間付近。やはり足場はずるずるとザレていてつかまる岩もボロボロ落ちていきます。終始安定しないため気を緩めると!
2016年10月20日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落個所中間付近。やはり足場はずるずるとザレていてつかまる岩もボロボロ落ちていきます。終始安定しないため気を緩めると!
こちらへマッサカサマ!!!にもなりかねません。死亡事故があったのもうなずけます。
2016年10月20日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらへマッサカサマ!!!にもなりかねません。死亡事故があったのもうなずけます。
崩落個所後半部分。このあたりは前半部分からは見えないため行けると勘違いしてここまできちゃうかも!!ホント危ないよ。ちなみに写真の右上あたりに道の続きがあります。
2016年10月20日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落個所後半部分。このあたりは前半部分からは見えないため行けると勘違いしてここまできちゃうかも!!ホント危ないよ。ちなみに写真の右上あたりに道の続きがあります。
こんなにえぐれて谷底まで急降下。
2016年10月20日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなにえぐれて谷底まで急降下。
反対側トラロープの横の尾根。こちらから降りてきて正規ルート、反対側トラロープ部にたどり着きます。ピンクテープがありました。
2016年10月20日 08:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側トラロープの横の尾根。こちらから降りてきて正規ルート、反対側トラロープ部にたどり着きます。ピンクテープがありました。
反対側のトラロープ。
2016年10月20日 08:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側のトラロープ。
反対側トラロープ箇所からの崩落個所方面。ちょっと見えづらいので、
2016年10月20日 08:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側トラロープ箇所からの崩落個所方面。ちょっと見えづらいので、
もうチョイ進んで一枚。
2016年10月20日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうチョイ進んで一枚。
ちょっとまぶしいですが、ぎりぎりまで接近しての撮影。結構な大崩落なのでくれぐれも通過はご遠慮いただき高巻いて進むか、自信がなければそのまま上がりきり二軒小屋尾根ルートに取りつくかにしてください。
2016年10月20日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとまぶしいですが、ぎりぎりまで接近しての撮影。結構な大崩落なのでくれぐれも通過はご遠慮いただき高巻いて進むか、自信がなければそのまま上がりきり二軒小屋尾根ルートに取りつくかにしてください。
さて、先に進みます。
2016年10月20日 08:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、先に進みます。
一枚目看板。
2016年10月20日 08:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚目看板。
1
所々気を付けるようですが道型自体はきちんとあります。
2016年10月20日 08:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々気を付けるようですが道型自体はきちんとあります。
木橋もまだ機能しています。
2016年10月20日 08:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋もまだ機能しています。
二枚目看板。
2016年10月20日 08:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二枚目看板。
三枚目看板。
2016年10月20日 08:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三枚目看板。
足元には石標。
2016年10月20日 08:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には石標。
この看板の下に尾根がありここから出合の沢まで降ります。下降するのにここ以外はちょっと厳しいかと思いますので三枚目看板(保安林の文字がでかいやつ)&石標を目印にしてください。
2016年10月20日 08:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板の下に尾根がありここから出合の沢まで降ります。下降するのにここ以外はちょっと厳しいかと思いますので三枚目看板(保安林の文字がでかいやつ)&石標を目印にしてください。
1
急ですが尾根がありますので最初は尾根を下ります。
2016年10月20日 08:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急ですが尾根がありますので最初は尾根を下ります。
沢が見えてきました。尾根が切れてるように見えるので、
2016年10月20日 08:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が見えてきました。尾根が切れてるように見えるので、
沢が見えたら適当な右手の箇所から沢へ降りちゃってください。
2016年10月20日 08:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が見えたら適当な右手の箇所から沢へ降りちゃってください。
沢へ降りきる手前、対岸方面の写真。対岸の右上あたりに見えるブルーシートがあるラインは広場ではないものの平坦箇所があるのでまずはそちらへ行こうかな。
2016年10月20日 08:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へ降りきる手前、対岸方面の写真。対岸の右上あたりに見えるブルーシートがあるラインは広場ではないものの平坦箇所があるのでまずはそちらへ行こうかな。
沢へ降り立ちました。下流方面の写真。写真左側が降りてきた尾根でラスト切れ落ちてました。奥の滝のように見えるところが小雲取沢出合で写真では見えない左側へと本流は流れていきます。
2016年10月20日 08:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へ降り立ちました。下流方面の写真。写真左側が降りてきた尾根でラスト切れ落ちてました。奥の滝のように見えるところが小雲取沢出合で写真では見えない左側へと本流は流れていきます。
飛び石で渡れそうな箇所は豊富なので適当に見つけて渡ります。
2016年10月20日 08:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び石で渡れそうな箇所は豊富なので適当に見つけて渡ります。
先ほどの写真にあったブルーシート箇所まで上がってきました。別にここに来る必要もないのですが人工物見たくて。
2016年10月20日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの写真にあったブルーシート箇所まで上がってきました。別にここに来る必要もないのですが人工物見たくて。
1
さあここから尾根に取りつくのですが先ほど写真にあった小雲取沢出合から尾根が始まっていますので尾根方面に上がりながら向かいます。勿論両手を使っての登りです。
2016年10月20日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあここから尾根に取りつくのですが先ほど写真にあった小雲取沢出合から尾根が始まっていますので尾根方面に上がりながら向かいます。勿論両手を使っての登りです。
尾根上付きました。ここからは手を使わない急登が続きます。
2016年10月20日 08:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上付きました。ここからは手を使わない急登が続きます。
こんな景色がしばらく続きます。
2016年10月20日 09:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな景色がしばらく続きます。
獣たちのいこいの場、泥んこプールがありました。足跡満載ぐちゃぐちゃです。
2016年10月20日 09:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣たちのいこいの場、泥んこプールがありました。足跡満載ぐちゃぐちゃです。
1
ここだけ背の低い木が生い茂っているのでトラバース気味で進みます。
2016年10月20日 09:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ背の低い木が生い茂っているのでトラバース気味で進みます。
紅葉もほんのり色づき初めています。
2016年10月20日 09:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もほんのり色づき初めています。
主尾根との合流が近くなってくると感じの良い森林帯となりますがいまだきつい登りが続きます。
2016年10月20日 09:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主尾根との合流が近くなってくると感じの良い森林帯となりますがいまだきつい登りが続きます。
主尾根との合流地点。明るくなりました。ここからは多少緩やかなのかな?
2016年10月20日 09:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主尾根との合流地点。明るくなりました。ここからは多少緩やかなのかな?
合流してからは少しゆるい登りとなりますが倒木がおおくなります。
2016年10月20日 09:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流してからは少しゆるい登りとなりますが倒木がおおくなります。
このあたりから笹薮となります。最初は写真のようなひざ下ですが........
2016年10月20日 10:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから笹薮となります。最初は写真のようなひざ下ですが........
すぐに腰までのやぶに変わります。
2016年10月20日 10:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに腰までのやぶに変わります。
2
そしてとうとう藪は胸くらいまでになります。しかも大きな倒木が多くそのほとんどが見えません。藪払いしながら足元に注意が欠かせなくなります。当然ですが道筋などありません。(獣道ならあります。)
2016年10月20日 10:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてとうとう藪は胸くらいまでになります。しかも大きな倒木が多くそのほとんどが見えません。藪払いしながら足元に注意が欠かせなくなります。当然ですが道筋などありません。(獣道ならあります。)
2
私はできるだけ尾根上を歩いたのですが少し巻いて歩いたほうが藪漕ぎが軽減できたのかもしれません。途中でピンクテープの幹にカメラを設置した跡があり何かを撮影していたらしい場所があるのでここまで容易に来れるのかも?
2016年10月20日 10:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私はできるだけ尾根上を歩いたのですが少し巻いて歩いたほうが藪漕ぎが軽減できたのかもしれません。途中でピンクテープの幹にカメラを設置した跡があり何かを撮影していたらしい場所があるのでここまで容易に来れるのかも?
さらに進むと突然岩が現れます。岩を乗り越えるとそこは!!!
胸までの高さのやぶがやっぱり続きます。
2016年10月20日 10:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと突然岩が現れます。岩を乗り越えるとそこは!!!
胸までの高さのやぶがやっぱり続きます。
さらに藪を漕ぐこと15分。やっと雲取山荘へ行く巻き道へ出ました。さらに藪を進むことも考えたのですが思いのほか藪が深いのとたしか鹿対策用のネットがあったと思いここからは一般道にて雲取山頂まで行きます。
2016年10月20日 10:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに藪を漕ぐこと15分。やっと雲取山荘へ行く巻き道へ出ました。さらに藪を進むことも考えたのですが思いのほか藪が深いのとたしか鹿対策用のネットがあったと思いここからは一般道にて雲取山頂まで行きます。
1
雲取山頂ルートとの合流地点、林班界標19/56地点。急に暑さを感じます。
2016年10月20日 10:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山頂ルートとの合流地点、林班界標19/56地点。急に暑さを感じます。
1
到着!新しくなってから始めてきました。墓石みたい。
2016年10月20日 11:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!新しくなってから始めてきました。墓石みたい。
1
山頂だけ写真撮ってさっさと下ります。わたしのランチはいつも写真左に小さく見える岩のところで富士山見ながら食べます。
2016年10月20日 11:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だけ写真撮ってさっさと下ります。わたしのランチはいつも写真左に小さく見える岩のところで富士山見ながら食べます。
1
20分ほどランチタイム。雲があるとこが富士山です。
2016年10月20日 11:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほどランチタイム。雲があるとこが富士山です。
先週とは雰囲気が違います。
2016年10月20日 11:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週とは雰囲気が違います。
トトロ風通過
2016年10月20日 12:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トトロ風通過
さようならダンシングツリー。
2016年10月20日 12:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さようならダンシングツリー。
さあ、唐松谷林道です。こちらは現在どうなっているのでしょうか?レポート開始です。
2016年10月20日 12:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、唐松谷林道です。こちらは現在どうなっているのでしょうか?レポート開始です。
しばらくの間、通行止めなので当然道は荒れてると思い覚悟していたのですが最初から意表を突くきれいに地ならしされている道です。
2016年10月20日 12:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくの間、通行止めなので当然道は荒れてると思い覚悟していたのですが最初から意表を突くきれいに地ならしされている道です。
通行止めとは思えない綺麗な道がずっと続きます。おかしい。
2016年10月20日 12:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めとは思えない綺麗な道がずっと続きます。おかしい。
おおっ?ここの橋は崩壊したんじゃなかったっけ?
2016年10月20日 12:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ?ここの橋は崩壊したんじゃなかったっけ?
すっかりきれいな橋になっています。
2016年10月20日 12:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかりきれいな橋になっています。
ここも綺麗!
2016年10月20日 12:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも綺麗!
ここも綺麗!!
2016年10月20日 12:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも綺麗!!
小さい沢は以前同様渡渉です。
2016年10月20日 12:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい沢は以前同様渡渉です。
ここも綺麗!!!
2016年10月20日 13:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも綺麗!!!
やはり一部分が治っています。
2016年10月20日 13:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり一部分が治っています。
ここがこのルートで一番長い木橋ですがここも綺麗です。
2016年10月20日 13:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがこのルートで一番長い木橋ですがここも綺麗です。
1
振り向くとこんな感じ。実はこの先に3人ほどの作業者の方がつるはしとスコップで地ならし作業中でした。どおりできれいなはずです。お疲れ様です。
2016年10月20日 13:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くとこんな感じ。実はこの先に3人ほどの作業者の方がつるはしとスコップで地ならし作業中でした。どおりできれいなはずです。お疲れ様です。
2
木橋の先に先ほどであった作業員のお荷物がありました。崩落個所の修復&木橋のかけ直しはすでに完了しておりあとは登山道の地ならしが三分の一程度残っている状況でした。
2016年10月20日 13:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋の先に先ほどであった作業員のお荷物がありました。崩落個所の修復&木橋のかけ直しはすでに完了しておりあとは登山道の地ならしが三分の一程度残っている状況でした。
富田新道との合流です。
2016年10月20日 13:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富田新道との合流です。
1
いつ歩いてもよく揺れる吊り橋です。
2016年10月20日 13:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ歩いてもよく揺れる吊り橋です。
林道でました。これから1時間の林道歩きです。
2016年10月20日 14:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道でました。これから1時間の林道歩きです。
無事帰還。今日は足が痛い。
2016年10月20日 15:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事帰還。今日は足が痛い。
2
撮影機材:

感想/記録

大ダワ林道もっと先に行ってみたい衝動は気のせいか?行けるのかな?やはり気になります。
小雲取出合尾根はラストの藪漕ぎが予想以上に奮闘して疲れました。笹薮の背が低ければまた行きたいと思ったのですが.........。
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/11/20
投稿数: 27
2016/10/24 21:33
 はじめまして
大ダワ林道で新しめな足跡がいくつかあったので、こんな平日にと気になっていました。私たちは崩壊地は高巻ではなくて沢底に降りて通過しました。しかし、高巻もできるんですねー。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ