ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988481 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大雪山

旭岳

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー shake1987
天候ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東川町の「駐車公園」で車中泊。まだ、トイレも使えるので、便利。
大雪湖から上の道はずっと凍結していた。冬タイヤは必須。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間27分
休憩
20分
合計
3時間47分
S姿見駅08:4709:08旭岳石室09:1510:50金庫岩10:5511:06大雪山11:14金庫岩11:2112:19旭岳石室12:2012:34姿見駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
古い機種のGPSのため、ログが飛んだり、切れたりしてます。ご容赦ください。
コース状況/
危険箇所等
※天候やルートは、完全に冬山の状況となっています。冬山への装備、技量と心構えが必要です。
その他周辺情報下山後は旭岳温泉の湧駒荘にいった。日帰り温泉700円。

装備

個人装備 アイゼン ピック付きストック
共同装備 長袖シャツ ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック スコップ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯電話 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ 無線機 ミラー メタ コッヘル ガスストーブ
備考 アイゼンは使わなかった。ずっと、ツボ。

写真

ロープウェイ旭岳駅から上を望んだところ。点検に時間がかかったとのことで、始発は8:20だった。
2016年10月22日 07:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ旭岳駅から上を望んだところ。点検に時間がかかったとのことで、始発は8:20だった。
3
ロープウェイ姿見駅の前の様子。ここから避難小屋までは、ツボで脛から股下までの新雪ラッセルだった。これはこれで運動になって良い。
2016年10月22日 08:45撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ姿見駅の前の様子。ここから避難小屋までは、ツボで脛から股下までの新雪ラッセルだった。これはこれで運動になって良い。
5
今年も避難小屋で一息。
2016年10月22日 09:11撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年も避難小屋で一息。
3
避難小屋からすぐの様子。ガスで視界が良くないが、歩くのに困る程ではない。
2016年10月22日 09:20撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋からすぐの様子。ガスで視界が良くないが、歩くのに困る程ではない。
4
避難小屋から頂上まで積雪は少なく、全部ツボで。アイゼンも不要だった。Co.1900から風が出てきたので、目出帽とフードを被ったが、大したことはなく、むしろ心地よい程度。
2016年10月22日 10:03撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から頂上まで積雪は少なく、全部ツボで。アイゼンも不要だった。Co.1900から風が出てきたので、目出帽とフードを被ったが、大したことはなく、むしろ心地よい程度。
4
頂上の標。証明写真を撮ってタッチをすると、すぐさま、踵を返して下山した。
2016年10月22日 11:06撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の標。証明写真を撮ってタッチをすると、すぐさま、踵を返して下山した。
19
頂上から、おりくちの様子。雪が柔らかいので、ツボで行けたが、固いとアイゼンが必要。
2016年10月22日 11:06撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から、おりくちの様子。雪が柔らかいので、ツボで行けたが、固いとアイゼンが必要。
1
降り始めてすぐの様子。多少、視界があったので、目印の棒が見えたので、楽にルートがたどれたが、もう少し視界がないと苦労する。
2016年10月22日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降り始めてすぐの様子。多少、視界があったので、目印の棒が見えたので、楽にルートがたどれたが、もう少し視界がないと苦労する。
1
金庫岩。ガスで見えないことも多いので、私はこれを目印として当てにした事はない。登る際には見えなかった。
2016年10月22日 11:14撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金庫岩。ガスで見えないことも多いので、私はこれを目印として当てにした事はない。登る際には見えなかった。
5
ニセ金庫岩の前。ここで登山道の向きが変わるので、私はむしろ、ここを地図読みのポイントとしている。
2016年10月22日 11:16撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセ金庫岩の前。ここで登山道の向きが変わるので、私はむしろ、ここを地図読みのポイントとしている。
8
ニセ金庫岩から避難小屋の間には明確な目印はないので、地図読みしながら下りる。右側の地獄谷への斜面はスムースにつながっており、迷い込まない様に、下りる方向に注意が必要。
2016年10月22日 12:10撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセ金庫岩から避難小屋の間には明確な目印はないので、地図読みしながら下りる。右側の地獄谷への斜面はスムースにつながっており、迷い込まない様に、下りる方向に注意が必要。
1
下山途中、避難小屋の手前から急に視界が晴れた。
2016年10月22日 12:17撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、避難小屋の手前から急に視界が晴れた。
5
ロープウェイ姿見駅の前の樹氷。
2016年10月22日 12:33撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ姿見駅の前の樹氷。
7

感想/記録

冬山前の馴らしとして旭岳へ。ガスや風はあったが、さほどでもなく、むしろ心地よく、馴らしとしては丁度良い天候であった。ただ、如何せん体力がなく、すぐに息が切れる。ペースを落とし気味にしてゆっくり歩いた。下山後、ロープウェイ旭岳駅で帰りの身支度をしていると、小雪がちらつき始めた。天候は下り坂であったが、丁度、逃げ切れたという事か。
訪問者数:708人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ