ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989386 全員に公開 ハイキング京都・北摂

鰻重求めて大津まで(追分-音羽の滝-行者ヶ森-牛尾観音-石山)

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー perspektiv
天候
アクセス
利用交通機関
電車
行き:近鉄丹波橋-烏丸御池-京阪追分
帰り:JR石山-京都-近鉄丹波橋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
14分
合計
4時間29分
Sスタート地点07:0108:02桜の馬場08:37大宅奥山474ピーク08:4109:15桜の馬場09:26牛尾観音(牛尾山法厳寺)09:3509:50パノラマ台09:5110:54幻住庵11:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最初から、お昼ご飯を当て込んで予定を立てていたので、11:10くらいに到着するつもりで、時間調整は石山寺で、と思っていたところ、行者ヶ森往復で1時間あまり使ってしまったため、時間がなくなってしまいました。牛尾観音から先はかなり急いでいます。
コース状況/
危険箇所等
整備状況はほぼ良好。桜ノ馬場-高塚山間に道が崩れている場所がありましたが、迂回できます。
その他周辺情報感想に記録しました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

出発は京津線追分。多くの人は乗り越しになると思います。PITAPAなどでそのまま通れればいいのですが、切符で乗った場合は乗り越し操作が必要(ややこしいことに、京阪本線で来た時は、三条までは京阪、そこから御陵までが地下鉄、そこから再び京阪ということになります)。私は近鉄の優待券があったので一度烏丸線御池まで行ってから乗り換えたのですが、乗り越し精算機に優待券を入れたら、認識されず。改札を強行突破しようと思ったらできたのですが、律儀に隣の駅の駅員と連絡して、「小銭が足りない」と言ったら30円まけてくれたので430円払って出てきました。
2016年10月23日 07:00撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発は京津線追分。多くの人は乗り越しになると思います。PITAPAなどでそのまま通れればいいのですが、切符で乗った場合は乗り越し操作が必要(ややこしいことに、京阪本線で来た時は、三条までは京阪、そこから御陵までが地下鉄、そこから再び京阪ということになります)。私は近鉄の優待券があったので一度烏丸線御池まで行ってから乗り換えたのですが、乗り越し精算機に優待券を入れたら、認識されず。改札を強行突破しようと思ったらできたのですが、律儀に隣の駅の駅員と連絡して、「小銭が足りない」と言ったら30円まけてくれたので430円払って出てきました。
追分駅から東を臨みます。
2016年10月23日 07:02撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分駅から東を臨みます。
名神をくぐってから右へ。
2016年10月23日 07:06撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名神をくぐってから右へ。
ここを登りたくなりますが登ってはいけません。
2016年10月23日 07:12撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登りたくなりますが登ってはいけません。
道標があります。
2016年10月23日 07:17撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標があります。
道標のアップ。左に行けば牛尾山。
2016年10月23日 07:17撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標のアップ。左に行けば牛尾山。
一気にひなびてきました。あの山に登るはず。
2016年10月23日 07:20撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気にひなびてきました。あの山に登るはず。
白石神社。昔は石の切り出しとかしていたらしい。
2016年10月23日 07:25撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石神社。昔は石の切り出しとかしていたらしい。
川の雰囲気は良いのですが、道がずっと舗装道路です。
2016年10月23日 07:26撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の雰囲気は良いのですが、道がずっと舗装道路です。
ハイキングコースなんですが舗装道。
2016年10月23日 07:27撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコースなんですが舗装道。
砂防ダム。
2016年10月23日 07:31撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダム。
お経岩
2016年10月23日 07:38撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お経岩
さっきのは砂防ダムの人工滝でしたが、ここからはいくつも滝があり、主なものには名前が付いています。これは聴呪の滝だとか。なんだかおどろおどろしい名前です。
2016年10月23日 07:40撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきのは砂防ダムの人工滝でしたが、ここからはいくつも滝があり、主なものには名前が付いています。これは聴呪の滝だとか。なんだかおどろおどろしい名前です。
橘青龍の滝。
2016年10月23日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橘青龍の滝。
夫婦の滝。
2016年10月23日 07:44撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦の滝。
不動尊。
2016年10月23日 07:45撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動尊。
登っていくのかと思ったら、すぐそこに。
2016年10月23日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っていくのかと思ったら、すぐそこに。
音羽の滝。なかなか立派です。
2016年10月23日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音羽の滝。なかなか立派です。
大蛇塚。
2016年10月23日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇塚。
ここで二本の川が合流しています。北から来る川からは離れていくのですが、この上流にさらに滝があるのでしょう。
2016年10月23日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで二本の川が合流しています。北から来る川からは離れていくのですが、この上流にさらに滝があるのでしょう。
白糸の滝。
2016年10月23日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝。
苔の雫滝。
2016年10月23日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の雫滝。
桜ノ馬場に着きました。これまでも、行者ヶ森への登り口を探しながら来たのですが、どうしたものだか迷った挙げ句、途中まで行ってみることにしました。
2016年10月23日 08:02撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜ノ馬場に着きました。これまでも、行者ヶ森への登り口を探しながら来たのですが、どうしたものだか迷った挙げ句、途中まで行ってみることにしました。
ここからは山道。沢べりを歩いたり、気持ちいい道です。
2016年10月23日 08:04撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは山道。沢べりを歩いたり、気持ちいい道です。
名前の付いていない滝。でも結構立派。
2016年10月23日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の付いていない滝。でも結構立派。
橋を渡るのが怖いので、左から沢を渡りました。
2016年10月23日 08:14撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡るのが怖いので、左から沢を渡りました。
右に登ってみたくなったら。
2016年10月23日 08:20撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に登ってみたくなったら。
鉄塔のある広場に出ました。ここから右手に進んだのですが、あとでよく見たら、橘大学の方面から登ってきたらここに出るのだろうと思います。
2016年10月23日 08:22撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔のある広場に出ました。ここから右手に進んだのですが、あとでよく見たら、橘大学の方面から登ってきたらここに出るのだろうと思います。
途中から斜面を登ったら、この辺が行者ヶ森の頂上らしいのですが、なにも標識がありません。適当に写真を撮りました。
2016年10月23日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から斜面を登ったら、この辺が行者ヶ森の頂上らしいのですが、なにも標識がありません。適当に写真を撮りました。
降りる方向を間違えて、少し北に逸れてしまいました。
2016年10月23日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りる方向を間違えて、少し北に逸れてしまいました。
さきほど右手前に登った四つ辻ですが、左に行ったらどこに着くのでしょうか。
2016年10月23日 09:03撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほど右手前に登った四つ辻ですが、左に行ったらどこに着くのでしょうか。
牛尾観音。
2016年10月23日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音。
ここをまっすぐ登った方が近道に見えるのですが、ショベルカーが見えるので回避しました。
2016年10月23日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをまっすぐ登った方が近道に見えるのですが、ショベルカーが見えるので回避しました。
こっちの舗装道路を上りますが、かなりの急坂。
2016年10月23日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちの舗装道路を上りますが、かなりの急坂。
さっきショベルカーがあったところから、さらに登って来れたようです。
2016年10月23日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきショベルカーがあったところから、さらに登って来れたようです。
牛尾観音拝殿。この左側にお手洗いがあります。
2016年10月23日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音拝殿。この左側にお手洗いがあります。
高塚山はこないだ行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高塚山はこないだ行きました。
ここを左に登ると音羽山方面。
2016年10月23日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左に登ると音羽山方面。
洛南からはよく見える鉄塔。
2016年10月23日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洛南からはよく見える鉄塔。
時間がないので音羽山は次回に回しました。左に進みます。
2016年10月23日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間がないので音羽山は次回に回しました。左に進みます。
三叉路を右へ。
2016年10月23日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路を右へ。
パノラマ台から琵琶湖が見えます。もう少し眺望が良ければいいのですが。
2016年10月23日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ台から琵琶湖が見えます。もう少し眺望が良ければいいのですが。
1
ここの三叉路を下へ。
2016年10月23日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの三叉路を下へ。
名のない滝。
2016年10月23日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名のない滝。
ため池みたいですね。
2016年10月23日 10:37撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ため池みたいですね。
子供用のアスレチック広場。
2016年10月23日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子供用のアスレチック広場。
瀬田の唐橋。
2016年10月23日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬田の唐橋。
瀬田川ではボート練習中。
2016年10月23日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬田川ではボート練習中。
お目当てのちか定。11:30開店で、開店時には行列ができるとのことでしたので、20分ほど前に着こうと計画していましたが、行者ヶ森で時間を使ったので、石山寺をスキップしても開店直前に着くのがやっと。既に行列ができていました。
2016年10月23日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当てのちか定。11:30開店で、開店時には行列ができるとのことでしたので、20分ほど前に着こうと計画していましたが、行者ヶ森で時間を使ったので、石山寺をスキップしても開店直前に着くのがやっと。既に行列ができていました。
鰻重の花です。おいしかったです。
2016年10月23日 12:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鰻重の花です。おいしかったです。
3
瀬田川大橋から琵琶湖方面。
2016年10月23日 12:32撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬田川大橋から琵琶湖方面。
JR石山駅で終了。
2016年10月23日 12:44撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR石山駅で終了。

感想/記録

このレポートはYAMAPにミラーしてあります。
https://yamap.co.jp/activity/543457

しばらく前、音羽山に行ってお昼は鰻のつもりで、というレポートを読んでいて、音羽山にも興味があったのですが、それなら私も鰻を食べたいと、妙なところでリンクが形成されてしまいました。その一方で、高塚山の北に行者ヶ森という山があって、これまた伏見方面から見えるため、なぜか気になっていたわけです。それなら、両方一緒に済ませてしまえと。お店は石山のちか定らしい。評判によると1130の開店時には既に駐車場が一杯になるほどの繁盛だとのことで、そうであれば15分くらいは前に着いた方がいいだろうと考えました。早めに行って、時間調節は石山寺でやればいいということで、7時に登山開始の予定としました。

ただ、醍醐山、高塚山、音羽山は地図にルートが出ているのですが、行者ヶ森の頂上はルートから外れています。一体どうやったら行けるんだろう。しかも、ヤマレコの山行計画で見られる足跡はその「頂上」を訪れた形跡がありません。あれー。ただ、ここでしっかり先達のレポートを見ておれば(ヤマレコ、YAMAPともに)、それこそ最近行った人のレポートもあったはずで、今頃リサーチ不足を後悔しています。(追記あり)

アプローチは京津線追分。乗り越しがうまくいかなかった点は写真参照。その後舗装道路が延々と続く以外は特に問題がありません。さて、行者ヶ森への登り口を探しながら桜ノ馬場までやってきましたが、明らかな登り口はここまで発見できず。それで、牛尾観音経由で石山寺まで行っても良かったのですが、こないだ高塚山から醍醐山に抜けた時、牛尾観音への分岐があったので、どうせ時間があるからそっちに行ってみようと思いました。この道は沢沿いの道ですが、急坂もなく歩きやすい道です。部分的に崩落している箇所もありますが、リカバーされています。で、四つ辻のような所までやってきて、どうも右に登れそうなので登ったら鉄柱の根元にやってきました。さらに北に行く道があるのでそちらを辿ると、どうやら橘大学から登ってくる道を逆に降りていたようです。で、地図上では行者ヶ森頂上のすぐ近くまでやってきたし、等高線も開いているからえいやと登っていったら、どうやら頂上らしき所に出ました。ところが、落ち葉が足元を覆い尽くす薄気味悪いところで、標識も何もありません。後になって他の方のレポートを見たら、今年行った方で山名の標識写真を掲げておられる方もおられる一方、何もなかったというレポートもあり、一体なにがどうなっているのやら。

早々に降りてきて、桜ノ馬場まで引き返して牛尾観音へ。結構急坂です。お手洗いを使わせて貰ってさらに音羽山方面へ。このあたりで時間が切迫していることに気付きました。結局、音羽山山頂は次回に回すことにして、パノラマ台から東海自然歩道を降りていきます。すれ違った人は数人おられましたが、追い越し・追い越されはありませんでした。で、音羽山の印象なんですが、麓は緩やかなのに山頂が近づくと急に険しくなりますね。下りの階段が結構きつかったです。しかし、途中からすっかり平坦路になり、鰻を求めて前へ前へ。石山寺は既にスキップすることが決まっていたので、大津市街もなるべく早く歩きましたが、結局到着は1125くらいになり、先客の方々で席は埋まる状況でした。

しばらく店内で座って待たせていただき、25分待ちくらいでテーブルへ。美味なる鰻重でした。

追記:後で地図を見たところ、なんとなく理由がわかってきました。ヤマレコMAPで見て、私は行者ヶ森のピークにいたはずなんですが、軌跡をアップしてから場所を見たら大宅奥山ピークというところにいたことになっています。となると、地図の問題なのかなあ。
訪問者数:131人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ