ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989456 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

焼山峠〜小楢山+昇仙峡〜帯那山※Connecting the root 2016 35th

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
-小楢山- 焼山峠     
-昇仙峡〜帯那山- 昇仙峡
         ※焼山峠から昇仙峡への移動時間≒1時間20分
         ※武田神社から昇仙峡までタクシー約3,500円

道路状況:一般道※どちらも、やや急カーブ多い

駐車場:-小楢山-焼山峠に無料駐車場あり
    -昇仙峡〜帯那山-昇仙峡に無料駐車場あり

トイレ:-小楢山-焼山峠駐車場にあり
    -昇仙峡〜帯那山-昇仙峡駐車場にあり

コンビニ:甲府駅周辺に多数あり

紅葉情報:昇仙峡はまだまだです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間7分
休憩
40分
合計
9時間47分
S焼山峠05:3806:15的岩06:22一杯水06:31小楢山06:3306:39一杯水06:45的岩07:15焼山峠08:37昇仙峡08:4210:57弓張峠(新)12:18奥帯那山12:25帯那山12:3612:46見越山12:5313:03穴口峠分岐13:10帯那山林道始点13:19旧太良峠13:26太良峠(旧よしくぼ峠)13:2713:45帯那山登山口13:4714:01馬込14:0714:24古湯坊温泉14:39積翠寺14:44ホテル要害14:4614:49積翠寺14:54積翠寺バス停15:16竜華池登山口15:2015:25武田神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=1時間39分+6時間43分(小楢山標準時間=3時間5分/5.4km)
歩行距離=5.41km+21.65km
標高差=184m+1,091m(下り)
平均速度=3.29km/H 及び 3.22km/H
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
-小楢山-
1.トレースもはっきりしており、危険個所なし
2.多少アップダウンはある
3.水分消費量≒0.25L
4.その他は以下参照

小楢山登山マップ
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/sight/climb/konara/files/2014-0912-1454.pdf

山梨市HP
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/sight/climb/hiking/2015-0508-1644-53.html

-昇仙峡〜帯那山-
1.昇仙峡から登山口の取り付きは判りにくい
2.林道歩きが多いが、登山道は全体的に人が入っていないので荒れている
3.帯那山手前の左折個所は、ほとんど判りません
 ※その先に登山道があるとは思えない
  この場所はトレース通りに進むと全く違う場所に進んでしまいます
  今回は30分位戻っています(GPSログは修正)
4.帯那山から積翠寺温泉への道は、途中から山道と林道の両方あります
5.全般リボンやマーク、標識はほとんどありません
 ※但し、帯那山以降はリボンがあります
6.水分消費量≒1.25L

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 夏帽 フリース手袋 雨具(ストームクルーザージャケット) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+おにぎり×3) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

-小楢山-
焼山峠バス停。バスは完全予約制です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
焼山峠バス停。バスは完全予約制です。
2
-小楢山-
小楢山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
小楢山山頂
2
-小楢山-
小楢山山頂から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
小楢山山頂から
2
-小楢山-
小楢山標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
小楢山標柱
2
-小楢山-
紅葉では無く、黄葉が朝日で焼けている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
紅葉では無く、黄葉が朝日で焼けている
3
-小楢山-
一杯水、枯れてたかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
一杯水、枯れてたかな?
1
-小楢山-
富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
富士山
1
-小楢山-
アップで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
アップで
1
-小楢山-
登山口にあるお地蔵様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
登山口にあるお地蔵様
1
-小楢山-
トイレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
トイレ
1
-小楢山-
焼山峠から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-小楢山-
焼山峠から
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
何か歩いた跡があるので入りましたが、すぐ上の道路に出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
何か歩いた跡があるので入りましたが、すぐ上の道路に出ます
1
-昇仙峡〜帯那山-
先ほどの道路を右折して暫く歩くと、登山道入り口です。最初判らずに通り過ぎました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
先ほどの道路を右折して暫く歩くと、登山道入り口です。最初判らずに通り過ぎました。
2
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
暫くすると林道に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
暫くすると林道に出ました
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
ここは右折しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
ここは右折しました
1
-昇仙峡〜帯那山-
リボンや案内も無い中、やっとお出ましの標識。この手前が1番判りにくい難所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
リボンや案内も無い中、やっとお出ましの標識。この手前が1番判りにくい難所です。
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
4
-昇仙峡〜帯那山-
30分前に写真を撮っていましたが、通り過ぎてしまいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
30分前に写真を撮っていましたが、通り過ぎてしまいます
1
-昇仙峡〜帯那山-
ここを左折します!!!!真っ直ぐ進むとかなりの急坂なので、戻るのが大変です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
ここを左折します!!!!真っ直ぐ進むとかなりの急坂なので、戻るのが大変です
1
-昇仙峡〜帯那山-
で、左折した方の登山道。トレースはかなり薄いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
で、左折した方の登山道。トレースはかなり薄いです。
1
-昇仙峡〜帯那山-
奥帯那山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
奥帯那山山頂
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
帯那山標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
帯那山標柱
2
-昇仙峡〜帯那山-
かろうじて富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
かろうじて富士山
1
-昇仙峡〜帯那山-
ここは左の方へ進みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
ここは左の方へ進みました
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
ところどころ、こんな案内があります。見逃さないようにしましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
ところどころ、こんな案内があります。見逃さないようにしましょう
1
-昇仙峡〜帯那山-
でもこんな感じで荒れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
でもこんな感じで荒れています
1
-昇仙峡〜帯那山-
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
1
-昇仙峡〜帯那山-
武田神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-昇仙峡〜帯那山-
武田神社
2

感想/記録
by drunk

2016年10月22日(土)
相変わらず週末の天気は良くない……。
なので、標高の高い山は避けてルート繋ぎの山行を設定する。

で、「大蔵教寺山〜要害山」と「帯那山」間が途切れているので
ここを繋ぐルートを選択したが、
ここを単純に繋ぐには、「要害山登山口」〜「帯那山」のピストンとなる。
が!!
何気に長時間掛かると言う事と、眺望無しのピストンは避けたいので
昇仙峡(羅漢寺山)との繋ぎを目論みつつ、
更に次回、次々回の山行へのプロローグとして「焼山峠」からの
「小楢山」ピストンをプラスする事にした。

さて最初は焼山峠から「小楢山」ピストンである。
前回は、残雪期にフフ山梨から登り、今回は3年振りとなるが、
焼山峠からだと、登山と言うには軽い感じである。

なお、紅葉はあまり感じなかったが、
山頂での草黄葉が朝日に照らされて、赤く燃えていたのが印象的でした。

次に、本来の目的である。昇仙峡から帯那山までのルート繋ぎとなるが、
ここは山と高原の地図ではルートが無い。

当然、人の出入りが少ないのであろうか、トレースは薄い。
また案内標識やリボン・マークはほとんど無いので、
本日は曲がり角を間違える事が数回あった。
特に弓張峠直前は、迷いトレースがかなりあり、
ほとんど獣道と言って良い状態となっていた。

弓張峠からはトレースが明瞭になるが、
そのトレースを頼りに歩き続けていたら、
帯那山への曲がり角をしっかり間違えてしまった。
約30分の登り返しはかなりつらかった……。(-。-)ボソッ
そして、本当の登山道へ入ってみると、トレースはほとんど無い。
弓張峠直前と合わせて、注意が必要な場所である。

ここを曲がると奥帯那山まではあっと言う間で、
帯那山までは、既知のルートとなる。

帯那山から先は、ところどころに荒れた登山道を歩く場所がある。
なるべく林道歩きを選択しつつも、案内に従うと山道に誘われてしまう。
ただ、積翠寺温泉まで、迷う状況では無い。
ここからは、一般道をひたすら歩き、
バス又はタクシーに乗れる武田神社を目指す。

約30分後、武田神社に到着。
待機していたタクシーに乗り込み、本日の未開ルートの踏破は終わった。
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 934
2016/10/28 6:14
 今回もマニアックに✨
drunkさん、おはようございますっ(≧▽≦)ー★
昇仙峡は歩いたことがありましたが、はて、東側に登山道なんぞあったかしら、と地図を開いてみれば、山と高原地図には破線すらないルートですね!!!!Σ(゚Д゚)もう、あらゆる尾根という尾根をお繋ぎになるのですねっ✨✨でも標識が稀ながらもあることに驚きです!!
小樽山、気持ちよさそうですね〜〜〜❤乙女高原は何度か車で通過したことがあって、どんな所か気になっていました(´艸`*)朝日で真っ赤な草原がとっても美しくって行って見たくなってしまいました✨冬、雪のある時とははどうなんでしょうね〜?♪
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/10/28 18:22
 Re: 今回もマニアックに✨
chi-suke さん、こんばんは。
今回のルートは本当に自分がどこに居て、どこに向かっているのか、
トレースだけでは判断できない場所が多かったですね。
鮮明なトレースのある方向に進めば、狙うべきコースから外れたり、
とは言えマークなんか皆無ですから、やはりトレースが頼りになります。
でもトレースの無い方向へ曲がらなければいけない場所があったりと、
地図とにらめっこでした。
と言う事で、このルートはあまりお勧めしません。

残雪期の小楢山情報は、以下にあります。
情報としては少ないですが……。(-。-)ボソッ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-273722.html

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 GPS 紅葉 高原 山行 ピストン 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ