ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 990526 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

青木鉱泉から鳳凰三山周回登山

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー chopperman
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間2分
合計
7時間17分
S青木鉱泉05:4406:41南精進ヶ滝06:4307:38白糸の滝07:4108:00五色の滝08:1308:48鳳凰小屋08:5009:29地蔵ヶ岳09:5210:02アカヌケ沢の頭10:0310:23鳳凰小屋分岐10:2510:51鳳凰山10:5911:11薬師岳11:1511:35御座石11:3812:30林道出合12:44中道ルート登山口12:4513:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

南アルプスデビューしてきました〜。

鳳凰三山。

名前を聞いたのは登る一週間前でした。




前日、早めにソファーで就寝。

2時に起きて、

2時半過ぎに家を出て、

高速、中央道で韮山インターへ。

降りて青木鉱泉へ。

ネットで道がかなり悪いと書いてあったが、

思ったほどではなかった。

5時20分くらいに駐車場に着く。

まだ暗いので車内灯で用意をする。

軽くストレッチをして、

5時半くらいから明るくなってくる。

5時35分、ハンドライトを片手にスタートする。1087m。

水汲み場でハイドレに2L給水する。

ドンドコ沢登山道を登っていく。

この登山道、

少し分かりにくい。。。

明るくなってきたのでハンドライトはしまっていましたが、

明るくても分からなくなる箇所がいくつかあった。

私の注意力が散漫なのか?

6時41分、南精進ヶ滝。

格好いい滝でした。

滝からそのまま上に行けたのですが、

私は分からずに分岐点まで戻る。

7時08分、鳳凰ノ滝。

一体どれが滝なのか分からなかった。

7時40分、白糸滝。

中々良かった。

8時03分、五色滝。

分岐から少し迷って滝へ。

落差もあり格好いい滝でした。

虹もかかってたし。

見ごたえのある滝でした。

パン休憩をする。

渓流の水を給水する。

分岐まで戻らずに登って行けました。

遠くにやっとオベリスクが見えた。

8時48分、鳳凰小屋、2400m。

鳳凰小屋まで3時間切りを狙ってましたが、

切れなかった。。。

足が終わってましたからね。

地蔵岳の最後の急登、

事前情報通り、しんどかった。

砂に足を取られる事はなかったですが、

つらかった。

9時30分、地蔵岳、2764m。

噂のオベリスクを登ってみる。

鎖、ハシゴはないが、

ボルタリングの要領で問題なく登っていけた。

が、最後の石だけは登る事が出来なかった。

ロープがあると聞いていたが、

鎖が申し訳ない程度にあるくらいで、

自力で登らないとダメで、

挑戦したい気持ちもあったが、

翌週レースなので、

怪我をしても仕方ないと諦めました。

ただ、オベリスクの肩からの眺望は素晴らしかったです。

目の前に、甲斐駒ケ岳、北岳、

遠くには富士山も。

地蔵岳もオベリスクが格好いいですしね。

観音岳へ。

足が終わっているのもあり、

途中でパン休憩をしながら登る。

途中、私と同じような軽装な人に抜かれる。

足が終わっているとはいえ、

普通の人よりは早いので、

富士山以外で登りで抜かされるのは、

あまり記憶がなかったので、

ビックリしましたね。

10時52分、観音岳、2840m。

パン休憩をする。

観音岳から薬師岳へは、

下りの稜線で、

鳳凰三山周回の醍醐味らしい。

なるほど。

この日、初めてのランは、

この素晴らしい稜線の下りだった。

走りやすかったし。

途中で、先ほど抜かれた人を抜かし返す。

11時11分、薬師岳、2780m。

ここからの北岳の眺めもよかった。

薬師岳から中道をひたすら下るだけ。

ここから飛ばすぞ!

と気合いを入れる。

といっても走れる所はほとんどなく、

降りていく。

足は重くてつらかった。

ただ急な坂が多いので、

みるみる高度が下がっていくのは、

面白かった。

2000mくらいに降りてくると、

やっと走れる道になってくる。

チョコ休憩をして、

長袖1枚になり、

走り始める。

足は復活していたので、

いいペースで走れた。

一旦、砂利道に出て、

青木鉱泉の下に出てくる。

登りとなるが、

タイム短縮のために、

ぜぃぜぃ言いながら走って登る。

やっとこさ駐車場に戻ってくる。

薬師岳からの下り、

1時間30分で降りてきた。

これは中々のタイムだと思う。


計7時間25分。 約19K。累積高度上昇2043m。


着替えて、

風呂も入らずに、

韮崎インターへ。

中央道の渋滞が始まる前に帰りたかったので、

急ぎました。

なんとか渋滞にははまらずに帰ってこれて、

16時過ぎに家に着けました。

片づけて風呂入って、

英会話に出かけました。

翌日は高尾山でゆるトレラン。

我ながら元気だなぁ。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 ストレッチ 地蔵 クリ 渓流
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ