ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994088 全員に公開 ハイキング比良山系

比良岳、烏谷山、擂鉢山

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー nakato932, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中谷出合下(登山口)から100m程東側の堰堤横に駐車しました。
他に登山口から300m程東側にも駐車余地有り、また登山口付近にも自動車を数台停められるスペースが有りますが落石多めです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
30分
合計
4時間33分
S駐車地(中谷出合下東側100m)08:0908:11中谷出合下08:24大岩谷分岐08:2508:52標高650m付近08:5509:41登山道に出る09:49比良岳(P1051)09:5309:57比良岳(道標)10:05葛川越10:18烏谷山10:2010:36摺鉢山10:3711:01大橋南東側の登山道に出る11:16南比良峠11:3011:42荒川峠11:4412:20大岩12:2312:28大岩谷分岐12:40中谷出合下12:42駐車地(中谷出合下東側100m)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
駐車地8:09→中谷出合下8:11→大岩谷分岐8:24→標高650m付近8:52(水分補給)(中ユリ道)→登山道に出る9:41→比良岳(ピーク)9:49(水分補給)→比良岳(道標)9:57→葛川越10:05→烏谷山10:18(水分補給)→擂鉢山10:36→大橋南東側の登山道に出る11:01→南比良峠11:16(昼食)11:30→荒川峠11:42(水分補給)→大岩12:20(水分補給)→大岩谷分岐12:28→中谷出合下12:40→駐車地12:42着でした。
コース状況/
危険箇所等
まず葛川越も中ユリ道もそこそこ山慣れた人向きで事前準備が必要です。
また擂鉢山から大橋南東付近へは登山道でない場所を歩いているのでオススメは出来ません。

中谷出合下〜大岩谷分岐、石多め。
大岩谷分岐〜中ユリ道分岐、石や岩多め、足場悪し、小崩落有り、ルート不鮮明。
中ユリ道分岐〜比良岳、沢崩落箇所多数有り、ルート不鮮明、前半は足場悪し、古道に入ると安定してます。
比良岳〜烏谷山、ザレ地あり、石多め。
烏谷山〜擂鉢山、特に問題なし。
擂鉢山〜大橋南東付近、まず登山道ではありません、ルート取りがややこしいのでGPS等持参でないとオススメは出来ません。
大橋南東付近〜南比良峠、落葉で少し滑り易い。
南比良峠〜荒川峠、ザレ気味な急坂有り。
荒川峠〜中ユリ道分岐、歩き易いが単調です。
その他周辺情報トイレは有りません。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1個 ジュラ28
予備電池 2本 単三
ヘッドランプ 1個
昭文社地図 山行地域による
コンパス 1個
GPS 1個
カメラ 1個
雨具 1枚
個人装備品
数量
備考
飲料 1.4L 清涼飲料水、お茶等
ロールペーパー 適量
タオル 2枚
携帯電話 1個
サバイバルシート 1個 半身用
適量
折り畳み傘 1本
手袋 1式

写真

ズバッと崩れた小谷…足元注意で渡ります
2016年10月30日 08:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズバッと崩れた小谷…足元注意で渡ります
1
巻き道が終われば渡渉有り
2016年10月30日 08:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道が終われば渡渉有り
1
崩れた谷を上から俯瞰する…古道も途切れています
2016年10月30日 08:58撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れた谷を上から俯瞰する…古道も途切れています
2
古道に入れば穏やかな道になります
2016年10月30日 09:01撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道に入れば穏やかな道になります
2
標高を上げると黄葉も見頃に
2016年10月30日 09:11撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げると黄葉も見頃に
3
紅葉を見上げる
2016年10月30日 09:23撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を見上げる
5
実に良い色合いです
2016年10月30日 09:26撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実に良い色合いです
3
見頃の紅葉
2016年10月30日 09:28撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見頃の紅葉
4
この付近はまだ愉しめそうです
2016年10月30日 09:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近はまだ愉しめそうです
1
柿色の紅葉
2016年10月30日 09:36撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柿色の紅葉
2
登山道に出ます
2016年10月30日 09:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に出ます
1
比良岳でも紅葉が見頃でした
2016年10月30日 09:49撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良岳でも紅葉が見頃でした
2
比良岳の紅葉
2016年10月30日 09:50撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良岳の紅葉
4
比良岳にて…良い色付きです
2016年10月30日 09:52撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良岳にて…良い色付きです
4
大岩より琵琶湖を望む
2016年10月30日 09:58撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩より琵琶湖を望む
2
大岩より烏谷山を望む
2016年10月30日 09:59撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩より烏谷山を望む
3
稜線より琵琶湖を望む
2016年10月30日 10:08撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線より琵琶湖を望む
2
稜線より比良岳を振り返る…遠くには蓬莱山が見えています
2016年10月30日 10:14撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線より比良岳を振り返る…遠くには蓬莱山が見えています
4
烏谷山にて
2016年10月30日 10:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷山にて
3
烏谷山より琵琶湖と沖島を望む…対岸は霞み気味です
2016年10月30日 10:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷山より琵琶湖と沖島を望む…対岸は霞み気味です
4
烏谷山より琵琶湖と沖島を望む…遠くには伊吹山が見えています
2016年10月30日 10:20撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷山より琵琶湖と沖島を望む…遠くには伊吹山が見えています
7
静かな擂鉢山
2016年10月30日 10:36撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな擂鉢山
2
半分以上倒壊した水晶小屋
2016年10月30日 11:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分以上倒壊した水晶小屋
4
南比良峠付近にて…枯れた葉も多く色付きは微妙です
2016年10月30日 11:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南比良峠付近にて…枯れた葉も多く色付きは微妙です
1
荒川峠より琵琶湖を望む
2016年10月30日 11:44撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川峠より琵琶湖を望む
3
シロモジの鮮やかな黄葉
2016年10月30日 11:49撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロモジの鮮やかな黄葉
6

感想/記録

今日は友人F氏との山行、紅葉と展望を両方共愉しみたく比良岳、烏谷山、擂鉢山と歩く事にします。

予定通りF氏を迎えに行ってから、志賀ICより林道に入り中谷出合下より100m東側の堰堤横に8:00着、付近に車を停めます。

中谷出合下から暫くは岩や石が多いも安定した道です。
しかし大岩谷出合から葛川越古道に入ると荒れた場所が多くなり山慣れしていないと厳しい道となります。

沢筋に出てもトラバース気味で不安定な場所が多く気が抜けません。
大崩落箇所は歩けないのでいつも通り標高650m付近から葛川越古道と別れ中ユリ道へ入ります。

同じ場所でも半年前に比べると土砂が溜まっていたり少し変化も有る。
足を滑らせたらかなり危険なトラバースを越えれば安定した古道になり安心します。

この辺りから見上げれば紅葉も目立ち初めます、やがて勾配が落ち着くと広々とした樹林に囲まれ紅葉も見頃で良い雰囲気でした。

登山道に出て比良岳へ歩くも若干ルートを外して急勾配を歩いてしまう。
まあキツかったけど無事に比良岳到着、付近は紅葉が丁度良い具合でした。

ここからは葛川越まで下り烏谷山へ登り返します、途中には好展望な場所も多く琵琶湖がよく見えました。
ザレ気味な道を登れば烏谷山に着きます、ここも好展望で琵琶湖は勿論のこと伊吹山から御池岳方面まで眺めが良かったです。

展望を愉しんだら擂鉢山方面へ、目立つ紅葉は無いも色合いは良く見頃ですね。
擂鉢山からは今年5月に2度探索したマイナールートを下ります、ヤブが濃く植林も多めであまりオススメは出来ませんが山慣れた人なら近道は出来ます。

登山道に出た辺りは紅葉は浅くまだまだ、南比良峠への道も枯れた葉っぱが多く今一歩な印象でした。
南比良峠で昼食後は滑り易くザレた急坂を頑張って登り、荒川峠から植林の道を淡々と下り中谷出合下へと至りました。

紅葉は概ね850m以上でまずまず見頃でした、場所によっては散り気味な木も有りましたがあと10日程は持ちそうな感じですかね。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/22
投稿数: 1533
2016/10/30 23:46
 1日違いで大違い
ひゃ〜、良いお天気で!
僕の敵を討ってくれてありがとうございます!
レコ拝見させて貰うと比良岳あたりの森の紅葉が良さげですね〜
ご友人さんも満足されたのではないでしょうか。
南比良から堂満辺りの縦走路の紅葉も気になるし
時間とお金があれば昨日のリベンジしたいんだけどね〜
登録日: 2010/2/10
投稿数: 487
2016/10/31 6:57
 Re: 1日違いで大違い
tamu-chanさん、おはようございます。
昨日のコースでは中ユリ道と比良岳の紅葉がきれいでした。
あと一週間もすれば紅葉も下がって来そうなので堂満岳付近も良さそうですね
マニアックな深谷から南比良峠+α(烏谷山〜大橋とか)の周回だと面白味が有りそうな。

リベンジは是非…でも時間はなかなか自由にならず厳しい

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ