ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994277 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奈良倉山(鶴峠、北峰、長尾根、富岡バス停)

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー azkuma
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
鶴峠バス停 キレイなバイオトイレあり

富岡バス停 トイレ自販機何も無し
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

9:31 鶴峠
↓53分(1時間5分)
10:24 1291m地点
↓8分(15分)
10:32 奈良倉山
↓41分(35分)
11:13 佐野峠
↓29分(30分)
11:42 西原峠
↓37分(40分)
12:19 小寺山
↓10分(20分)
12:29 大寺山
↓31分(35分)
13:00 三ッ森北峰
↓25分(25分)
13:25 尾名手峠
↓1時間21分(1時間35分)
14:46 富岡
コース状況/
危険箇所等
全体的によく整備された良い道で、テープは少なめでした。

…疇宗粗猯描匯
 危険箇所なし
奈良倉山〜佐野峠 
 濡れ落ち葉と木の根で滑りやすい。
佐野峠〜西原峠 
 林道に薄いヤブ何ヵ所かあり。
だ掌尭宗曽寺山 
 林道に薄いヤブ何ヵ所かあり。山と高原地図には記載が
 ありませんが、林道から幅広の道が伸びていて、尾根に乗れました。
ゾ寺山〜大寺山 
 危険箇所なし。
β膸山〜三ツ森北峰 
 三ツ森北峰直下に岩場1箇所あり。
Щ哀朕綱綿〜尾名手峠 
 三ツ森北峰を降りきったところから岩場3箇所あり。
尾名手峠〜富岡バス停
 麻生山を巻く道は崩落しているところがあるがトラロープあり。
 長尾根は、広くてしっかり手入れされている道でした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

バスの転回場所にあるバイオトイレ。道標に従って登ると鶴峠バス停へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの転回場所にあるバイオトイレ。道標に従って登ると鶴峠バス停へ。
1
鶴峠バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴峠バス停。
1
霧が深いです。朝なはずなのに雰囲気満点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が深いです。朝なはずなのに雰囲気満点。
1
道標がたくさん。ありがたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標がたくさん。ありがたいです。
1
奈良倉山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良倉山山頂。
3
展望台。富士山は次回に期待します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台。富士山は次回に期待します。
2
佐野峠までの林道。砂利と土まじりで歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野峠までの林道。砂利と土まじりで歩きやすいです。
1
佐野峠。この道標通りに昔の登山道を降りると松姫旅館へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野峠。この道標通りに昔の登山道を降りると松姫旅館へ。
1
西原峠への林道。鹿除けネットが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠への林道。鹿除けネットが続きます。
1
濡れたススキがもっさもさ。レインウェアを装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れたススキがもっさもさ。レインウェアを装着。
1
坪山への分岐。今度はそちらへも歩いてみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坪山への分岐。今度はそちらへも歩いてみたいです。
1
引き続き濡れススキの洗礼が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き続き濡れススキの洗礼が続きます。
1
西原峠の分岐。尾根はヤブが濃かったので林道を進みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠の分岐。尾根はヤブが濃かったので林道を進みました。
1
スイッチバックのように右へ急に折れる道の方へ進みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイッチバックのように右へ急に折れる道の方へ進みました。
1
その道を登りきると尾根に乗りました。やっと山と高原地図の赤実線と合流です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その道を登りきると尾根に乗りました。やっと山と高原地図の赤実線と合流です。
1
大寺山への分岐。すぐに次の分岐が出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大寺山への分岐。すぐに次の分岐が出ます。
1
尾根伝いに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いに進みます。
1
大寺山山頂。小寺山は見つからず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大寺山山頂。小寺山は見つからず。
2
紅葉がちらほら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がちらほら。
1
三ツ森北峰直下の岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ森北峰直下の岩場。
2
三ツ森北峰。これが噂の鏡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ森北峰。これが噂の鏡。
3
三ツ森北峰を降ったところから始まる岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ森北峰を降ったところから始まる岩場。
2
尾名手峠からの巻き道。登山道が崩落している箇所が多数ありますが、トラロープがつけてありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾名手峠からの巻き道。登山道が崩落している箇所が多数ありますが、トラロープがつけてありました。
1
光養寺への道。手入れされていて歩きやすかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光養寺への道。手入れされていて歩きやすかったです。
1
光養寺の上に出ました。真っ直ぐ降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光養寺の上に出ました。真っ直ぐ降ります。
1
階段を降りて住宅街へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を降りて住宅街へ。
1
富岡バス停。ツーリングのバイクが凄い勢いで走っていくのでバスを待ってる間ちょっと怖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富岡バス停。ツーリングのバイクが凄い勢いで走っていくのでバスを待ってる間ちょっと怖かったです。
1
今日のキノコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のキノコ。
2
今日のお花。リュウノウギク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお花。リュウノウギク。
1
ヤマリンドウ。ほとんどつぼみでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマリンドウ。ほとんどつぼみでした。
1
チカラシバ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チカラシバ。
1
ムラサキシキブ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキシキブ。
2

感想/記録
by azkuma

3か月ぶりの単独行。
雲が出そうなので、林道が多い今回のコースを歩いてきました。

今回のコースは、山と高原地図の赤実線にしてはテープは少なめで、地形をよく見て歩かないと道迷いになりそうでした。

鶴峠から奈良倉山まではぽつぽつ雨が降っていました。
20m先が見えなくなるような濃い霧で、周りがよく見えず。
今回導入した新しい熊鈴だけが頼りです。

奈良倉山山頂は誰もいませんでした。
わかっていましたが富士山はやっぱり見られず。
次回は晴れた日に来たいです。

林道歩きでは濡れた草木をかき分けることが多く、田んぼ状態になっている箇所も通過したため、トレッキングパンツの膝から下が泥まみれに。
こんな日に限ってレインパンツとゲイターを忘れるという・・・反省。

反省といえば、今回は2回も転んでしまいました。
大寺山からの降りと、三ツ森北峰からの降りです。
なるべく速く安定して歩く練習をしていたのですが、裏目に出ました。
濡れた落ち葉と木の根っこがあるところでは、今後は控えることにします。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ