ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994881 全員に公開 ハイキング大峰山脈

秋晴れ、紅葉最盛の大峰・山上ヶ岳

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー chamchandexorosyro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
近鉄吉野線下市口駅からバスで洞川温泉
 近鉄 洞川温泉・みたらい渓谷散策きっぷ(阿部野橋から往復3,780円)が電車とバスがセット(910円+1280円)でお得
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
58分
合計
6時間7分
S洞川温泉バス停09:1609:22洞川温泉09:31稲村ヶ岳登山口09:44母公堂09:4610:05大峯大橋(清浄大橋)10:0810:19一ノ世茶屋跡10:40一本松茶屋10:4111:01お助け水11:0311:26洞辻茶屋11:4411:53陀羅尼助茶屋11:56松清店11:5712:05鐘掛岩12:1112:21西の覗岩12:2512:33大峰山寺12:3612:42山上ヶ岳12:5713:21レンゲ辻13:2214:15林道終点14:1614:34大峯大橋(清浄大橋)14:3514:55母公堂15:06稲村ヶ岳登山口15:15洞川温泉15:23洞川温泉センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
洞川温泉から大峯大橋まで約4kmは車道歩きです
山上ヶ岳山頂からレンゲ辻、レンゲ辻からの下りは急坂です
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

9時15分洞川温泉着
2016年10月30日 09:15撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時15分洞川温泉着
2
温泉街のマスコット?丁度、もみじ狩り期間中です
2016年10月30日 09:19撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉街のマスコット?丁度、もみじ狩り期間中です
3
大峰山寺の戸閉め式も終わって落ち着いた雰囲気の温泉街。時間も早いですが、人もまばらです
2016年10月30日 09:21撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山寺の戸閉め式も終わって落ち着いた雰囲気の温泉街。時間も早いですが、人もまばらです
1
30分ほどで母公堂。昔はここが女人結界だったのか
2016年10月30日 09:44撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほどで母公堂。昔はここが女人結界だったのか
1
更に15分ほどで大峯大橋へ。見上げるとこれから向かう山上ヶ岳(右端のピーク)が望める
2016年10月30日 10:03撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に15分ほどで大峯大橋へ。見上げるとこれから向かう山上ヶ岳(右端のピーク)が望める
1
愈々女人結界門を潜って大峰山へ
2016年10月30日 10:09撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愈々女人結界門を潜って大峰山へ
2
お助け水
2016年10月30日 11:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け水
2
標高1000mを越えると色付き始める
2016年10月30日 11:07撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1000mを越えると色付き始める
2
洞辻茶屋で奥駆け道に合流
2016年10月30日 11:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞辻茶屋で奥駆け道に合流
真っ赤に色づいたシロヤシオ?
2016年10月30日 11:27撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤に色づいたシロヤシオ?
1
無人の陀羅尼助茶屋を抜ける。。一度参拝者で賑わっているところを見たいなあ
2016年10月30日 11:53撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人の陀羅尼助茶屋を抜ける。。一度参拝者で賑わっているところを見たいなあ
2
講の記念の手ぬぐいなどだろうか
2016年10月30日 11:53撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
講の記念の手ぬぐいなどだろうか
1
鐘掛け岩の手前で道が二つに。。ここは勿論、鐘掛け岩を通る左ルートへ
2016年10月30日 11:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘掛け岩の手前で道が二つに。。ここは勿論、鐘掛け岩を通る左ルートへ
2
急な斜面を梯子階段を登ったり
2016年10月30日 12:01撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面を梯子階段を登ったり
2
鎖で岩場を登ったり
2016年10月30日 12:03撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖で岩場を登ったり
2
鐘掛け岩の下部に到着です。上部に展望台があります
2016年10月30日 12:05撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘掛け岩の下部に到着です。上部に展望台があります
1
その展望台からは紅葉に彩られた絶景です。吉野へ向かう奥駆け道。。大天井ヶ岳、四寸岩山と稜線が続いています。遠くに葛城、金剛の見慣れたシルエットも..
2016年10月30日 12:07撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その展望台からは紅葉に彩られた絶景です。吉野へ向かう奥駆け道。。大天井ヶ岳、四寸岩山と稜線が続いています。遠くに葛城、金剛の見慣れたシルエットも..
3
西側には大日岳と稲村ヶ岳
2016年10月30日 12:11撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側には大日岳と稲村ヶ岳
1
鐘掛け岩を過ぎると門があって、ここから大峰山寺の境内?
2016年10月30日 12:15撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘掛け岩を過ぎると門があって、ここから大峰山寺の境内?
2
供養塔が立ち並ぶ気持ち良い稜線を進みます
2016年10月30日 12:16撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
供養塔が立ち並ぶ気持ち良い稜線を進みます
1
閉鎖された宿坊の姿が見えました
2016年10月30日 12:18撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
閉鎖された宿坊の姿が見えました
西の覗の絶壁
2016年10月30日 12:19撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の覗の絶壁
2
西の覗の岩の上から隣の絶壁が見えます
2016年10月30日 12:22撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の覗の岩の上から隣の絶壁が見えます
8
下の斜面は錦の絨毯のよう
2016年10月30日 12:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の斜面は錦の絨毯のよう
1
戸締りされた宿坊の横を登ります
2016年10月30日 12:30撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸締りされた宿坊の横を登ります
2
大峰山寺
2016年10月30日 12:33撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山寺
3
大峰山寺。。完全に閉じられていてお賽銭箱も見当たりませんでした
2016年10月30日 12:36撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山寺。。完全に閉じられていてお賽銭箱も見当たりませんでした
4
境内の東端から南側の奥駆け道方面。。奥に大普賢岳、手前に竜ヶ岳です。
2016年10月30日 12:38撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内の東端から南側の奥駆け道方面。。奥に大普賢岳、手前に竜ヶ岳です。
お堂の南側、小高くなっている所に一等三角点の山上ヶ岳山頂があります
2016年10月30日 12:42撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お堂の南側、小高くなっている所に一等三角点の山上ヶ岳山頂があります
3
山頂お花畑。。。笹原が広がる気持ちの良い場所です
2016年10月30日 12:44撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂お花畑。。。笹原が広がる気持ちの良い場所です
2
稲村ヶ岳ととんがり帽子の大日岳。奥のシルエットは弥山と更に奥に釈迦ヶ岳、仏生ヶ岳。
2016年10月30日 12:44撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳ととんがり帽子の大日岳。奥のシルエットは弥山と更に奥に釈迦ヶ岳、仏生ヶ岳。
1
山頂から少し西側に足を延ばして日本岩へ行ってみました
2016年10月30日 12:59撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し西側に足を延ばして日本岩へ行ってみました
3
岩の上から錦の絨毯を見下ろす。。洞川温泉街(左奥)が遠くに見えます
2016年10月30日 13:01撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上から錦の絨毯を見下ろす。。洞川温泉街(左奥)が遠くに見えます
1
逆光になりますが弥山から釈迦ヶ岳へと延びる奥駆け道の稜線(日本岩の上から)
2016年10月30日 13:02撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光になりますが弥山から釈迦ヶ岳へと延びる奥駆け道の稜線(日本岩の上から)
1
展望を楽しんだら戻ってレンゲ辻へ下ります
2016年10月30日 13:04撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望を楽しんだら戻ってレンゲ辻へ下ります
かなり急な道をレンゲ辻へ下ります
2016年10月30日 13:05撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急な道をレンゲ辻へ下ります
1
綺麗な色です
2016年10月30日 13:16撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な色です
1
急なところは鉄製の階段なども整備されています
2016年10月30日 13:20撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なところは鉄製の階段なども整備されています
1
紅葉は日が射さないと。。。。。
2016年10月30日 13:21撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は日が射さないと。。。。。
1
女人結界が立つレンゲ辻に到着
2016年10月30日 13:21撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人結界が立つレンゲ辻に到着
レンゲ辻から大峯大橋へ下ります
2016年10月30日 13:22撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲ辻から大峯大橋へ下ります
日の射す斜面は色付いた葉が映えて美しいです
2016年10月30日 13:30撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の射す斜面は色付いた葉が映えて美しいです
ブナの林は黄色く染まります
2016年10月30日 13:40撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの林は黄色く染まります
2
楓の赤が目立ちます
2016年10月30日 13:42撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楓の赤が目立ちます
2
青空をバックにすると更に映えます
2016年10月30日 13:42撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空をバックにすると更に映えます
1
岩がごろごろした沢を下ります。途中、渡渉ポイントも
2016年10月30日 13:59撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩がごろごろした沢を下ります。途中、渡渉ポイントも
レンゲ辻から1時間ほどで林道終点へ降りてきました
2016年10月30日 14:14撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲ辻から1時間ほどで林道終点へ降りてきました
後は、洞川温泉まで5kmを越える長い林道歩きです
2016年10月30日 14:17撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は、洞川温泉まで5kmを越える長い林道歩きです
2
朝登山を始めた大峯大橋まで戻ってきました
2016年10月30日 14:34撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝登山を始めた大峯大橋まで戻ってきました
2
朝の出発時は逆光だったけど、この時間は西日に照らされる山上ヶ岳、西の覗の岩壁、鐘掛け岩(左)の稜線
2016年10月30日 14:37撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の出発時は逆光だったけど、この時間は西日に照らされる山上ヶ岳、西の覗の岩壁、鐘掛け岩(左)の稜線
3
再び温泉街。。最盛期はどんな感じなのだろう
2016年10月30日 15:15撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び温泉街。。最盛期はどんな感じなのだろう
2
洞川温泉センターへ直行しましたが、バスの時間もあって烏の行水しかできませんでした
2016年10月30日 15:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞川温泉センターへ直行しましたが、バスの時間もあって烏の行水しかできませんでした
2

感想/記録

秋晴れの清々しい一日。紅葉の便りに誘われて4年ぶりに大峰登山をした。当初、dexorosyroさんの奥さんが来られたら稲村ヶ岳に登る予定だったが、残念ながら来られなかったので女人禁制の山上ヶ岳に目標を変更して大峯大橋の女人結界を潜り参道登山道へ入ることに。。。
今回も10月になりすでに大峰山寺は戸閉式(9月23日)を終えて大峰詣りの時期は過ぎているので静かな山歩きだった。
洞川温泉付近の紅葉はもう少しかなと思ったが標高1,000mを越えると色づきも良くなり、特に洞辻茶屋で奥駆け道に合流する前後から日差しに照らされた紅葉が美しくみられるようになった。
鐘掛け岩、西の覗の行場から展望を楽しみながら誰もいない大峰山寺に到着、簡単にお参りしてすぐ後ろにある山頂へ登る。笹原の山頂お花畑は気持ちの良い原っぱで、そこからは間近の稲村ヶ岳だけでなく南側の奥駆け稜線の先に弥山や釈迦ヶ岳が展望できる。
山上ヶ岳からは、西側にある日本岩に立ち寄って眼下に広がる紅葉・錦の絨毯を楽しんでからレンゲ辻へ。急斜面のため途中、鉄製の階段を幾つか降りて女人結界門の立つレンゲ辻へたどり着く。
レンゲ辻からは色付いた紅葉の中を大峯大橋へ下る。沢筋は岩がゴロゴロして歩きにくいものの1時間強で林道へ降り立つことができた。
長い(5km以上)林道歩きで洞川温泉に戻り、バスの時間まで余り時間はなかったが、洞川温泉センターで20分ほど温泉に浸かってさっぱりして帰ることができた。
天気も良く、紅葉と展望を楽しめた楽しい一日だった。

ところで大峰山というのは、大峰奥駆けに代表されるように広い山域(山脈)全体を指すのかもしれないが、昔からの大峰詣りの歴史を考えると今回登った山上ヶ岳が山頂に大峰山寺を擁していてそれにあたるような気がする。ただ、日本百名山としての大峰山は、大峰山脈を少し南下した八経ヶ岳(八剣山)になっていることも知られている。これは日本百名山として指定するからには、やっぱり近畿地方の最高峰というステータスに加えて、山上ヶ岳にしたなら女人禁制の山なので公式的には女性は登れなくなってしまい、女性の百名山制覇は絶対にできなくなってしまうからという配慮も有ったのかもしれない。
ただ、自分が先日完登した関西百名山の中には山上ヶ岳も入っているので、女性にとっては随分気の毒な選定だなあと思う。(隣にある稲村ヶ岳が一般に「女人大峰」と呼ばれてはいますが、稲村ヶ岳も関西百名山に入っています)

 今回の歩行距離:18.3km 2016年の累積距離:607.5km(36回目)
 今回の累積標高:1,310m 2016年の累積標高:51,668m
訪問者数:345人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ