ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995234 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ折山(さわらびの湯から周回)

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー itochan(CL), その他メンバー2人
天候快晴☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
<さわらびの湯手前の農産物直売所の無料駐車場>
http://yamanabi.rash.jp/saitama_bonooreyama.html
*観光客も多いので無料とは言え、登山者は奥の方に停めましょう!
売店・トイレあります。
バス停、奥にはさわらびの湯、墓地の脇には蕨山方面の登山口もあります。
*白谷沢登山口周辺にも6〜7台分の駐車スペースあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
40分
合計
5時間20分
Sさわらびの湯バス停07:4008:00白谷沢登山口09:20岩茸石09:3010:10権次入峠10:30棒ノ嶺11:0011:10権次入峠11:30岩茸石13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<駐車場→棒ノ折山>
駐車場から車道歩きで、有間ダムを渡り約20〜30分で白谷沢登山口に到着(登山口周辺にも6〜7台分の駐車スペースあり)
登山道の左手は沢に切れ落ちているが、次第に沢沿いに進むようになる。
岩壁の間を抜け、沢を何度となく渡り、滝を眺めて、鎖場のある岩壁を登って行くと林道にでる。(沢の水量には十分に注意した方がいいと思います)
林道から小急登で岩茸石に到着(岩茸石登れます!)。少し先に休憩ポイントあります。そしてゴンジリ峠までは急登が続きます。
ゴンジリ峠は広く黒山方面との分岐点です。以前、棒ノ折山頂方面に続いていた階段は取り払われ、脇に登山道が設けられています。山頂は広く、東屋もあり公園のような雰囲気です。奥武蔵や都内の展望が得られます。槙ノ尾山や奥茶屋方面へのルートが分岐しています。

<棒ノ折山→駐車場>
往路を岩茸石まで戻り、岩の左脇から滝の平尾根へと進みます。途中には展望スポットがあります。林道を3度横断すると、根っこだらけの登山道になり、前方に河又集落が確認できれば、駐車場まではあと一息です。

*危険個所はありませんが、白谷沢の水量は要確認です。前日の天候などをチェックしてください。岩は濡れているので滑らないように・・・登山靴は必携です。滝の平尾根は根っこが張り出しているので、躓かないように・・・。
その他周辺情報*さわらびの湯
http://sawarabino-yu.jp/
*周辺にコンビニ等はありません(青梅や飯能の市街地で要調達)

写真

さわらびの湯付近の駐車場
2016年10月29日 07:28撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわらびの湯付近の駐車場
2
有間ダム
2016年10月29日 07:41撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間ダム
4
白谷沢登山口(スタートから25分ほど、ここまで車道)
2016年10月29日 07:53撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷沢登山口(スタートから25分ほど、ここまで車道)
沢沿いに登って行きます
2016年10月29日 08:18撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに登って行きます
1
随所で沢を渡ります
2016年10月29日 08:27撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随所で沢を渡ります
1
滝あり、苔あり、岩壁あり、高度感もあり、気持ちいいです
2016年10月29日 08:27撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝あり、苔あり、岩壁あり、高度感もあり、気持ちいいです
2
核心部かな?
2016年10月29日 08:35撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部かな?
1
ほっこり感♥
2016年10月29日 08:56撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほっこり感♥
岩茸石の少し先の休憩スポットで珈琲ブレイク♪
2016年10月29日 09:40撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石の少し先の休憩スポットで珈琲ブレイク♪
3
ゴンジリ峠
2016年10月29日 10:11撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンジリ峠
棒ノ折山(棒ノ嶺)山頂969
2016年10月29日 10:25撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折山(棒ノ嶺)山頂969
5
都内方面(スカイツリーも見えます!)
2016年10月29日 10:26撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都内方面(スカイツリーも見えます!)
5
公園のような山頂です
2016年10月29日 10:29撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園のような山頂です
2
河又方面(滝の平尾根)に下ります
2016年10月29日 11:52撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河又方面(滝の平尾根)に下ります
1
秋の風情(北風が強く吹いてます)
2016年10月29日 11:53撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の風情(北風が強く吹いてます)
1
名栗湖が眼下に
2016年10月29日 11:54撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗湖が眼下に
2
登山口に帰着
2016年10月29日 13:01撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に帰着
車道を歩いて
2016年10月29日 13:01撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を歩いて
駐車場帰着
2016年10月29日 13:06撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場帰着
2
まだまだ快晴
2016年10月29日 13:12撮影 by EX-Z2000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ快晴
1

感想/記録

*棒ノ折山・・・いろいろと呼び名があるようだが、私は棒ノ折山と書きたい。この山はさわらびの湯からの周回ルートがメインだと思っている。
棒ノ折山は何度か登っているが、白谷沢は歩いたことがない。今度歩くなら白谷沢を・・・と思っていた。天気予報は今一つ、午前中の晴れ間に期待して歩き出す。名栗湖の水量は判断できなかったが湖面は静かできれいだった。
*岩壁・滝を観ながら、幾度となく沢を渡る・・・こんなルートは奥武蔵では珍しい? とは言え、前日の雨で岩は濡れて滑るので緊張感もありあり。景観は全くなく、快晴となった青空が確認できる程度で、すっぽりと山に包み込まれるような感じを受ける。ここは是非往路に使って欲しい!
*林道を横切ってからは、これぞ奥武蔵!の山歩きとなる。岩茸石で小休憩、その先の休憩スポットで珈琲ブレイク♪(景観なしでの珈琲ブレイクは珍しいかも)ゴンジリ峠までは急登が続く。
以前、ゴンジリ峠⇔棒ノ折山頂間は長い木段が設置されていたが、取り払われて新しく登山道が付いている。
*快晴だったこともあり、山頂に着いたっ!感ありあり。奥武蔵や都内方面の展望がバッチリだ。広く、公園のような山頂は家族ぐるみで来るには好都合だろう・・・後からは大勢いのハイカーがやってきた。
*ランチの後は早々に下山。午後からは強い北風が吹きだした。
岩茸石から先の滝の平尾根は、林道と3度も交差し、うす暗い登山道を根っこに躓きながら下る・・・ここを往路に使うときっとめげる。是非復路で(笑)
唯一休憩スポットがあるので、そこで気分転換しよう! 河又の集落が視野に入れば、駐車場も近いので何とか頑張れると思う。
*反省会は飯能市内のマックにて。既に14:00過ぎなのに市内のファミレスは大混雑。今回はラッキーにも天候に恵まれて、山歩きができたことに感謝しよう♪ 次回はそろそろ、雪に覆われた日本一の山を観ながら歩きたい!
最後に・・・紅葉はまだ先。紅葉を楽しむルートではないような気がします。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 鎖場 林道 紅葉 東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ