ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995930 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

磐梯山(八方台周回コース)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー Kitara
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
磐越道猪苗代磐梯高原インターから八方台駐車場まで約25キロ。
車道最高点の八方台には2ヶ所駐車場があり、両方合わせるとかなり余裕があります。警備員が駐車場所を指定するので、誘導に従って整然と駐車します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
3時間33分
合計
8時間13分
S八方台登山口07:2807:47裏磐梯スキー場分岐07:5108:47弘法清水08:5409:13磐梯山12:0812:32弘法清水12:4112:59三合目分岐13:0213:50火口原分岐13:5114:38銅沼14:3915:07裏磐梯スキー場分岐15:2015:41八方台登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八方台からのコースは、道がしっかりしていて歩きやすく、登り・下りとも最も安心して利用できます。
弘法清水から裏磐梯方面に至る道は、天狗岩(三合目)分岐から火口原分岐までの下り(山と高原地図の破線ルート)がガレた急坂で歩きにくく、また、火口原の平らな岩礫帯は視界不良時に迷いやすい地形なので、天候悪化時に通行するのは避けた方がよいと思われます。櫛ヶ峰からは遠くの方で絶え間なく落石の音が聞こえるので、緊張させられます。
火口原分岐から先は、銅沼を経て中ノ湯跡に至るまで快適な樹林帯が続くので、安全に歩くことができます。
いずれのコースも案内標識が充実しているので、道迷いの心配は少ないですが、登山道が各方面に多数伸びているので、裏磐梯方面の別ルートを下る際には地図が必携です。
八方台からの往復だけでは物足りない向きには、裏磐梯方面に下って銅沼を一周するコース取りが変化に富んでいてお薦めです。

登山口で登山届を作成・提出できます。
トイレは八方台登山口のほか、弘法清水小屋では携帯トイレブースが設置されています。
水場は弘法清水と、そこから少し裏磐梯方面に下った地点にあります。
携帯電話(au)は全域で通じます。
その他周辺情報八方台ゴールドライン沿いの「おおるりの湯」は、残念ながら現在営業していないようです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

八方台登山口からスタートします。強い寒気と西風の影響で、磐梯山山頂には雲がかかっていますが、晴れると信じて登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方台登山口からスタートします。強い寒気と西風の影響で、磐梯山山頂には雲がかかっていますが、晴れると信じて登ります。
1
登山道ではすっかり落葉していて、晩秋の気配が濃厚です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道ではすっかり落葉していて、晩秋の気配が濃厚です。
2
広くて快適な道をゆるゆる登ると、程なく中ノ湯跡に到着しました。この時点では、まだ山頂は雲に隠れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くて快適な道をゆるゆる登ると、程なく中ノ湯跡に到着しました。この時点では、まだ山頂は雲に隠れています。
1
上部の樹枝にはびっしり着雪があり、初冬の雰囲気が漂います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部の樹枝にはびっしり着雪があり、初冬の雰囲気が漂います。
6
弘法清水に到着しました。終始樹林帯のため、強風にさらされる心配はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法清水に到着しました。終始樹林帯のため、強風にさらされる心配はありませんでした。
非常に寒いので、2軒ある小屋では、既に多くの人達が中で休憩しているようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非常に寒いので、2軒ある小屋では、既に多くの人達が中で休憩しているようでした。
1
弘法清水小屋脇の水場は、まだ十分取水可能な水量でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法清水小屋脇の水場は、まだ十分取水可能な水量でした。
櫛ヶ峰方面の寒々しい光景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰方面の寒々しい光景です。
3
天狗岩を入れて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩を入れて。
2
ここから急登で山頂を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登で山頂を目指します。
3
山頂直下の低木帯は真っ白でしたが、足元への積雪はまだありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の低木帯は真っ白でしたが、足元への積雪はまだありませんでした。
4
一登りで山頂に到着しました。岡部小屋が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一登りで山頂に到着しました。岡部小屋が見えます。
2
まだガスが残っていて寒々しい山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだガスが残っていて寒々しい山頂です。
7
山頂の人影はまだまばらですが、この後どんどん人が増えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の人影はまだまばらですが、この後どんどん人が増えてきました。
3
岡部小屋脇にある山頂標識です。背後がだいぶ明るくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岡部小屋脇にある山頂標識です。背後がだいぶ明るくなってきました。
5
南に猪苗代湖を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に猪苗代湖を望みます。
4
南東方面の会津・尾瀬の山並みは、雲が厚くて見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方面の会津・尾瀬の山並みは、雲が厚くて見えません。
1
北に位置する吾妻連峰の雲が晴れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に位置する吾妻連峰の雲が晴れてきました。
猪苗代湖の反対側に桧原湖を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪苗代湖の反対側に桧原湖を望みます。
1
北西方面の飯豊山は、厚い雲に覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方面の飯豊山は、厚い雲に覆われています。
西に雲がかかった雄国山〜猫魔ヶ岳の稜線を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西に雲がかかった雄国山〜猫魔ヶ岳の稜線を望みます。
東に切れ落ちた沼ノ平を見下ろします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に切れ落ちた沼ノ平を見下ろします。
1
西側の雲が取れてきて、八方台からのコースも望めるようになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の雲が取れてきて、八方台からのコースも望めるようになってきました。
1
標高が一段低い雄国山〜猫魔ヶ岳の山肌には、まだ着雪はなかったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が一段低い雄国山〜猫魔ヶ岳の山肌には、まだ着雪はなかったようです。
1
クリア度が増してきた桧原湖と西吾妻山を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリア度が増してきた桧原湖と西吾妻山を望みます。
吾妻連峰をバックに櫛ヶ峰の険しい山容を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻連峰をバックに櫛ヶ峰の険しい山容を望みます。
3
東に4週間前に登った安達太良山の稜線が見えていますが、山頂には雲がかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に4週間前に登った安達太良山の稜線が見えていますが、山頂には雲がかかっています。
1
ガスが取れてきた頃合いで、再度猪苗代湖を俯瞰します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが取れてきた頃合いで、再度猪苗代湖を俯瞰します。
4
湖畔の風景を見下ろします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔の風景を見下ろします。
1
少し下った場所から、雪越しに雄国山〜猫魔ヶ岳を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下った場所から、雪越しに雄国山〜猫魔ヶ岳を望みます。
1
翁島登山口に続く稜線です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翁島登山口に続く稜線です。
青空とのコントラストが抜群です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とのコントラストが抜群です。
3
櫛ヶ峰、五色沼、吾妻連峰のコラボです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰、五色沼、吾妻連峰のコラボです。
1
安達太良山の山頂も見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山の山頂も見えてきました。
1
大賑わいの山頂で大休憩を取った後、弘法清水まで下り、すっかり明るくなった櫛ヶ峰を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大賑わいの山頂で大休憩を取った後、弘法清水まで下り、すっかり明るくなった櫛ヶ峰を望みます。
2
天狗岩とその下の湖沼群もよく見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩とその下の湖沼群もよく見えています。
1
帰りは裏磐梯方面に下ります。櫛ヶ峰が一層大きく見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは裏磐梯方面に下ります。櫛ヶ峰が一層大きく見えます。
2
天狗岩(三合目)分岐手前の水場で、こちらも取水に支障はない水量です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩(三合目)分岐手前の水場で、こちらも取水に支障はない水量です。
1
手前に銅沼、奥に雄国沼がくっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に銅沼、奥に雄国沼がくっきり見えます。
1
櫛ヶ峰がどーんと迫ってきて圧巻です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰がどーんと迫ってきて圧巻です。
2
振り返ると山頂が雲の中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると山頂が雲の中でした。
荒々しい櫛ヶ峰の崩落地形です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい櫛ヶ峰の崩落地形です。
1
逆光の山頂方面のシルエットを望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光の山頂方面のシルエットを望みます。
平坦な火口原です。岩のマーキングを頼りに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な火口原です。岩のマーキングを頼りに進みます。
櫛ヶ峰から伸びる稜線を見上げます。この辺りは落石の音が絶えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰から伸びる稜線を見上げます。この辺りは落石の音が絶えません。
1
裏磐梯スキー場との分岐まで来ました。桧原湖が近いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯スキー場との分岐まで来ました。桧原湖が近いです。
反対側の山頂方面を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の山頂方面を望みます。
銅沼からの眺めは一見の価値があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅沼からの眺めは一見の価値があります。
6
この時間帯は風が止んでいて、湖面が鏡のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間帯は風が止んでいて、湖面が鏡のようでした。
1
中ノ湯跡に戻ってくると、斜陽に照らされた磐梯山の稜線が望めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ湯跡に戻ってくると、斜陽に照らされた磐梯山の稜線が望めました。
裏磐梯方面も望めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯方面も望めます。
秋色の光景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋色の光景です。
白い磐梯山山頂をアップで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い磐梯山山頂をアップで。
2
明るい樹林帯を気持ちよく下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい樹林帯を気持ちよく下ります。
磐梯山ゴールドライン途中の展望スポットから、残照に染まった磐梯山を目に焼き付けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山ゴールドライン途中の展望スポットから、残照に染まった磐梯山を目に焼き付けます。
7

感想/記録
by Kitara

前日に強い寒気が入ったため、高い山は降雪があるかもと予想していましたが、やはり磐梯山の山頂付近は真っ白になっていました。
ここ一月半で8座目の東北のピークを踏んで、さすがに今シーズンの東北の山はこれで手仕舞いかと思っていますが、最後に素晴らしい眺めを満喫することができました。
磐梯山は多彩なコースが楽しめそうですので、次はぜひ表登山口からの王道ロングコースをたどってみたいと思います。
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ