ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998298 全員に公開 ハイキング比良山系

武奈ヶ岳[ブナガタケ] (御殿山コース) … 69座(169座)目の二百名山

日程 2016年11月01日(火) [日帰り]
メンバー takakei
天候曇り/小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道367号線沿いにある大津市葛川坊村町の葛川支所前に広い駐車場がありました。
公衆トイレは国道367号線から地主神社・明王院に向かう道の角にありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
34分
合計
4時間34分
S坊村08:1308:18明王院09:05<休憩>標高690m09:1009:31846m地点09:34夏道・冬道分岐(860m)10:08御殿山10:1710:19ワサビ峠10:28西南稜1120m地点10:48武奈ヶ岳10:5311:08西南稜1120m地点11:1811:23ワサビ峠11:29御殿山11:53夏道・冬道分岐(860m)12:06<休憩>標高690m12:1112:42明王院12:47坊村12:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道で危険個所はありませんでした。
登山ポストは見当たりませんでした。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

国道367号線から安曇川を渡った左側にある駐在所(右)と診療所(正面)、およびその前の駐車スペースです。
2016年11月01日 08:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道367号線から安曇川を渡った左側にある駐在所(右)と診療所(正面)、およびその前の駐車スペースです。
同じく安曇川を渡った右側にある大津市葛川支所とその前の駐車場です。
2016年11月01日 08:12撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく安曇川を渡った右側にある大津市葛川支所とその前の駐車場です。
8時に葛川支所前に到着、駐在所側の広場の橋の近くに駐車しました。
2016年11月01日 08:12撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時に葛川支所前に到着、駐在所側の広場の橋の近くに駐車しました。
8時13分、安曇川を渡って国道367号線に出て左折するところから登山を開始、明王院に向かいます。正面に公衆トイレが見えています。
2016年11月01日 08:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時13分、安曇川を渡って国道367号線に出て左折するところから登山を開始、明王院に向かいます。正面に公衆トイレが見えています。
地主神社前を通り、明王谷に架かる橋を渡って明王院に向かいます。
2016年11月01日 08:16撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地主神社前を通り、明王谷に架かる橋を渡って明王院に向かいます。
明王院に参拝して、
2016年11月01日 08:18撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王院に参拝して、
1
明王院前を直進すると登山道となりました。
2016年11月01日 08:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王院前を直進すると登山道となりました。
始めからジグザグの急登となりましたが、
2016年11月01日 08:21撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めからジグザグの急登となりましたが、
100mほど登った標高410m付近で傾斜が少し緩やかになりました。しかし、また直ぐに急登のジグザグの道となりました。
2016年11月01日 08:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mほど登った標高410m付近で傾斜が少し緩やかになりました。しかし、また直ぐに急登のジグザグの道となりました。
標高520m付近で再び緩やかな傾斜となりました。
2016年11月01日 08:45撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高520m付近で再び緩やかな傾斜となりました。
標高640m付近からはさらに緩やかな傾斜となりました。
2016年11月01日 08:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高640m付近からはさらに緩やかな傾斜となりました。
標高690m地点で小ピークのようなところに出たので、
2016年11月01日 09:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高690m地点で小ピークのようなところに出たので、
ここで9時5分から5分間の休憩をとりました。
2016年11月01日 09:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで9時5分から5分間の休憩をとりました。
休憩後、再び山腹の急登となり、標高790m付近で御殿山から南西方向に延びる主稜線に出ました。ここで登山道は左に直角に曲がります。
2016年11月01日 09:24撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後、再び山腹の急登となり、標高790m付近で御殿山から南西方向に延びる主稜線に出ました。ここで登山道は左に直角に曲がります。
地形図に記載されている846m地点の脇を進んでいるところです。
2016年11月01日 09:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図に記載されている846m地点の脇を進んでいるところです。
9時34分、標高860m付近の夏道・冬道分岐点に到着、案内標識は有りませんでした。
2016年11月01日 09:34撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時34分、標高860m付近の夏道・冬道分岐点に到着、案内標識は有りませんでした。
夏道の山腹トラバースルートを進みます。
2016年11月01日 09:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の山腹トラバースルートを進みます。
標高1,000m付近の夏道・冬道合流点付近に来ました。
2016年11月01日 09:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,000m付近の夏道・冬道合流点付近に来ました。
1
御殿山頂上直下でガスの中から西南稜が少し見えました。
2016年11月01日 10:07撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山頂上直下でガスの中から西南稜が少し見えました。
10時8分、歩き始めてから1時間55分かかって御殿山に到着、ここで17分まで休憩しました。
2016年11月01日 10:08撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時8分、歩き始めてから1時間55分かかって御殿山に到着、ここで17分まで休憩しました。
御殿山の標識です。
2016年11月01日 10:08撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山の標識です。
頂上から見る西南稜と武奈ヶ岳です。
2016年11月01日 10:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から見る西南稜と武奈ヶ岳です。
2
10時19分「ワサビ峠」を通過して、
2016年11月01日 10:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時19分「ワサビ峠」を通過して、
紅葉の西南稜を進みます。
2016年11月01日 10:22撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の西南稜を進みます。
1
綺麗な紅葉。
2016年11月01日 10:25撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な紅葉。
3
1,120m小ピークへの登りで岩が出てきました。
2016年11月01日 10:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,120m小ピークへの登りで岩が出てきました。
10時28分、1,120m小ピークに到着、小ピークからの武奈ヶ岳です。
2016年11月01日 10:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時28分、1,120m小ピークに到着、小ピークからの武奈ヶ岳です。
武奈ヶ岳頂上までのなだらかで快適な道を進みます。
2016年11月01日 10:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳頂上までのなだらかで快適な道を進みます。
5
紅葉に色づいた道から、
2016年11月01日 10:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉に色づいた道から、
2
草原の道に入ると武奈ヶ岳頂上もガスで隠れてしまいました。
2016年11月01日 10:34撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原の道に入ると武奈ヶ岳頂上もガスで隠れてしまいました。
武奈ヶ岳頂上への最後のコーナーを通過、周囲はガスで覆われてしまいました。
2016年11月01日 10:36撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳頂上への最後のコーナーを通過、周囲はガスで覆われてしまいました。
ガスの中から武奈ヶ岳頂上が見えてきて、
2016年11月01日 10:47撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中から武奈ヶ岳頂上が見えてきて、
10時48分、頂上に着きました。
2016年11月01日 10:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時48分、頂上に着きました。
1
頂上標識の脇で記念にセルフで、風が強くて寒い!!
2016年11月01日 10:50撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標識の脇で記念にセルフで、風が強くて寒い!!
3
山頂に石仏がありました。
2016年11月01日 10:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に石仏がありました。
1
風が強くて寒く眺望も利かないので写真撮影だけで10時53分に下山を開始し、標高1,120m付近まで戻ってきました。
2016年11月01日 11:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強くて寒く眺望も利かないので写真撮影だけで10時53分に下山を開始し、標高1,120m付近まで戻ってきました。
するとガスが少し晴れて御殿山が見えてきました。
2016年11月01日 11:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
するとガスが少し晴れて御殿山が見えてきました。
1
紅葉の西南稜を下ります。
2016年11月01日 11:06撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の西南稜を下ります。
4
11時8分1,120m小ピークまで戻ってきました。ここで10分間の休憩をとることにしました。
2016年11月01日 11:08撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時8分1,120m小ピークまで戻ってきました。ここで10分間の休憩をとることにしました。
休憩していると武奈ヶ岳頂上がガスの切れ間から見えて来ましたが、
2016年11月01日 11:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩していると武奈ヶ岳頂上がガスの切れ間から見えて来ましたが、
西側方面の山々は雲に隠れて見えません。残念と思っていたら、
2016年11月01日 11:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側方面の山々は雲に隠れて見えません。残念と思っていたら、
御殿山頂上がガスの切れ間から見えて来ました。
2016年11月01日 11:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山頂上がガスの切れ間から見えて来ました。
11時23分にワサビ峠を通過して、
2016年11月01日 11:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時23分にワサビ峠を通過して、
11時29分に御殿山に戻ってきました。
2016年11月01日 11:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時29分に御殿山に戻ってきました。
御殿山からの稜線を外れ沢状の夏道を下ります。
2016年11月01日 11:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山からの稜線を外れ沢状の夏道を下ります。
11時53分、標高860m付近の夏道・冬道分岐点に戻ってきました。
2016年11月01日 11:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時53分、標高860m付近の夏道・冬道分岐点に戻ってきました。
11時58分、御殿山から南西方向に延びる主稜線から外れる地点(標高790m付近)を通過し、
2016年11月01日 11:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時58分、御殿山から南西方向に延びる主稜線から外れる地点(標高790m付近)を通過し、
12時6分に上りで休憩した標高690m地点に戻ってきて、ここで5分間の休憩をとりました。
2016年11月01日 12:06撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時6分に上りで休憩した標高690m地点に戻ってきて、ここで5分間の休憩をとりました。
標高380m付近で下の道路や家が間近に見えるようになり、
2016年11月01日 12:38撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高380m付近で下の道路や家が間近に見えるようになり、
明王院前の道を通って、
2016年11月01日 12:42撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王院前の道を通って、
国道367号線に出ると駐車場が見えてきて、
2016年11月01日 12:46撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道367号線に出ると駐車場が見えてきて、
12時47分に下山しました。
2016年11月01日 12:47撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時47分に下山しました。
撮影機材:

感想/記録

前日の金剛山登山の後、大津市で泊り8時に葛川支所に着きました。
支所前には白線で区切られた広い駐車場が、その反対側には診療所と駐在所があってその前も広い駐車スペースがありました。
丁度駐在さんが外にいらしたので、どこに駐車したら良いかを尋ね、駐在所・診療所側の橋に近い場所に駐車することにしました。
下山してきた時には駐在所・診療所側の広い駐車スペースに数台の大型バスが停まっており、適当に駐車しなくて良かったと思われました。

雨は降っていないものの、朝方まで降っていた雨で路面は濡れており、また空も一部で青空が見えるものの大半は曇っていて雨が降らないことを祈りながらの出発となりました。
8時13分に駐車場を出発、橋を渡って国道に出ると「明王院」への案内標識が直ぐ目につき、スムーズに進むことができました。明王院への道の入口には公衆トイレがあり、ここにも駐車スペースがありましたが、トイレ利用者以外は駐車しないようにとの注意看板がありました。
その先には地主神社があり、神社前にも駐車場があって下山時に通った時には途中で出会った登山者達でそこに駐車している人もいたようでした。

明王院に参拝して晴れを祈り、登山ポストがその近辺にあるか見渡しましたが見当たらず、そのまま登ることにしました。
明王院を過ぎると直ぐに登山道となり、最初からジグザグの急登となりました。
明王院から標高800m付近までの高度差500mほどの登りの斜面の傾斜は、所々で緩やかになるものの総じて急でしたが登山道はジグザグにつけられているため斜度は大したことが無く、頂上までの他の区間も含めて全く手を使わずに登れる山でした。

雨具着用を必要としない小雨が2〜3回短時間パラついただけで済んだのは幸運でしたが、晴天にもならず、特に武奈ヶ岳頂上付近でガスに覆われて眺望が利かなかったことは残念でした。
ただ西南稜を歩いているとき紅葉を堪能することはできました。
訪問者数:157人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 紅葉 ブナ 登山ポスト 草原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ