ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999036 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

笠取山

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー isaoclubkumazawa0809
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作場平駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
1時間21分
合計
5時間27分
S作場平橋駐車場08:5909:20一休坂分岐09:2110:07ヤブ沢峠10:21笠取小屋10:2310:47雁峠分岐10:52小さな分水嶺10:5410:59笠取山西11:20笠取山西峰12:1212:22笠取山12:36水干尾根12:43水干12:5313:00笠取山西13:04小さな分水嶺13:13笠取小屋13:2614:09一休坂分岐14:1014:26作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されすぎなほどに整備されていました。トイレは作場平駐車場に1つ。笠取小屋横に1つ。
その他周辺情報R411で東京方面へ戻る際の道の駅「たばやま」内にある「めこい湯」。大人3時間まで600円。延長1時間200円。直売所併設なので野菜が安い!高さ40cmぐらいの白菜が税込320円…。野菜高騰中に今、ウチの地元じゃ1/4カットで税込200円ぐらいだぞ……。

写真

登山口の方が紅葉時期かも。上の方は微妙にピークすぎてたり枯れ落ちてたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の方が紅葉時期かも。上の方は微妙にピークすぎてたり枯れ落ちてたり。
作場平駐車場横にある登山地図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平駐車場横にある登山地図。
登山道はこれでもかというぐらいに整備されてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はこれでもかというぐらいに整備されてます。
作場平よりヤブ沢を1.7km進んだ2番目の分岐の標識。ルート全体を通してこんな感じで案内があるので安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平よりヤブ沢を1.7km進んだ2番目の分岐の標識。ルート全体を通してこんな感じで案内があるので安心。
緑もかなりある。というか針葉樹も多くて基本緑、時々紅葉の赤だったり広葉樹の黄色だったり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑もかなりある。というか針葉樹も多くて基本緑、時々紅葉の赤だったり広葉樹の黄色だったり。
とにかく歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく歩きやすい。
笠取小屋。水場は小屋前を東側へ横切り2分ほど降りたところ。30秒ほど降りたところにも水場っぽい場所があるんですが、あそこは違うのだろうか…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋。水場は小屋前を東側へ横切り2分ほど降りたところ。30秒ほど降りたところにも水場っぽい場所があるんですが、あそこは違うのだろうか…。
小さな分水嶺。多摩川、荒川、富士川どこに流れていくのか、ここで決まるそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺。多摩川、荒川、富士川どこに流れていくのか、ここで決まるそうです。
小さな分水嶺の丘より富士を望む。雄大な富士が迫りくるように目に映る(肉眼だとあんなにも迫力があったのに写真だとなぜこんなにも小さく映ってしまうのかorz)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺の丘より富士を望む。雄大な富士が迫りくるように目に映る(肉眼だとあんなにも迫力があったのに写真だとなぜこんなにも小さく映ってしまうのかorz)
こっち側に降った雨は多摩川へ流れ出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち側に降った雨は多摩川へ流れ出る。
こっち側に降った雨は荒川へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち側に降った雨は荒川へ。
こっち側は富士川へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち側は富士川へ。
メインイベント。ここに立つとつい口元に笑みが(・∀・) なんでこんなに一直線にバリカンかけられたみたいになっているのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインイベント。ここに立つとつい口元に笑みが(・∀・) なんでこんなに一直線にバリカンかけられたみたいになっているのか。
バリカン道の途中で振り返りつつ横をみると富士。写真ではちょびっと感すごいけど、肉眼ではもっと近くて大きくて圧倒的。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリカン道の途中で振り返りつつ横をみると富士。写真ではちょびっと感すごいけど、肉眼ではもっと近くて大きくて圧倒的。
笠取山西峰にて。昼飯は焼き肉! それと焼き肉に出汁が結構出てきたのでおにぎり突っ込んでほぐして食べてみた(゜д゜)ウマー 食後は笠取小屋の水場で汲んだ水でコーヒー(*´ω`*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山西峰にて。昼飯は焼き肉! それと焼き肉に出汁が結構出てきたのでおにぎり突っ込んでほぐして食べてみた(゜д゜)ウマー 食後は笠取小屋の水場で汲んだ水でコーヒー(*´ω`*)
西峰着いてもうすでに満足感いっぱいなんだけど、一応こっちが本当の笠取山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰着いてもうすでに満足感いっぱいなんだけど、一応こっちが本当の笠取山山頂。
紅葉越しの富士。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉越しの富士。
1
奥の窪みの中は若干湿り気ありましたが全体は基本乾いてました。ということで今日の水干は干上がってるの「干」。本来は「沢の行き止まり」の意味だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の窪みの中は若干湿り気ありましたが全体は基本乾いてました。ということで今日の水干は干上がってるの「干」。本来は「沢の行き止まり」の意味だそうです。
下山後の温泉は、ここしかない!ってぐらいに皆さんココでしょう。道の駅「たばやま」内にある「めこい湯」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の温泉は、ここしかない!ってぐらいに皆さんココでしょう。道の駅「たばやま」内にある「めこい湯」。

感想/記録

好天の中、紅葉を見に友人と笠取山へ。笠取山のアホみたいな直登部一直線ハゲの山は何度みても笑いがこみあげてきます。この冗談感漂う直線急勾配は中々写真では伝わりづらいのでぜひ足を運んでください。100名山じゃないので今一つ人気ないんですよね。とはいえそれなりに登山者はいましたが。
山頂から中腹にかけて、基本的に紅葉は終了で、一部まだ赤や黄色が残ってる感じです。笠取小屋から一休坂へ至る「ミズナラ林の急坂」を通って下山しましたが登山道に堆積した落ち葉が凄かった。
コース全体を通してよく整備されており、これ以上整備されている登山道はないのではないかというぐらいに整備されています。笠取小屋横にはバイオトイレあり(無料)。それと、笠取山の急登でたどり着くのは笠取山西峰。まだ笠取の山頂ではありませんが、ここで食事をとるとキリがいいと思います(笠取山ピストンの場合)。
また、笠取山西峰から山頂にかけては若干奥秩父っぽい岩稜帯となりますが、まあ大したことはありません(ここだけ山容が違います)。
水干は干上がってましたorz なので、水場道を下って水が流れているのを確認。それと水場道を下った一番したの大岩に鳥の巣があったので、まだあの巣を再利用してるかなと見に行きましたが廃屋でしたorz
「ミズナラ林の急坂」ルートへの入り方に自信がない方がいたので、念のためここでも書いておきますが、笠取小屋にある水場へ降りてそのまま道なりに進む、で合っています。
連れには要らないといわれましたが、ここの水を飲んで下山。
まあ、この山の見せ場は「笠取山西峰の直登」でしょうか。小学校中学年以上であれば手ごたえを感じながらも登れる範囲なので、子連れ登山には最適だと思います。今回ウチの子も誘ったのですが、眠い、疲れてるでフラれました(;´Д`)
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ