また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > mink610さんのHP > 日記
2019年10月20日 22:15未分類全体に公開

丸森 災害ボランティア活動

今回の台風19号は甚大な被害を各地に残しました。
災害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ボランティア活動に参加してみたい。。。だけど、いろいろ考えてしまうと一歩が踏み出せない、そんな私のような方にむけての情報発信です。

◆参加までのステップ
 ‐霾鷦集
  丸森町災害ボランティアセンター Facebookページ
  https://www.facebook.com/marumori.volunteer/
  最新の情報を確認したり、写真から様子を伺うことができます。

 丸森町災害ボランティアセンター エントリー受付 http://www.town.marumori.miyagi.jp/syakyo/hp/osirase/volunteer_19_entry.html

 ボランティア保険加入
  天災タイプA:500円 B:710円 期間年度内
  現地でも加入可能
  ボランティア保険WEB申し込みURL
  https://www.saigaivc.com/insurance/

 す眤道路使用の場合、無料になります
  「ボランティア車両証明書」を往路分、帰路分2枚印刷してください
  https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h31/1015/
  必要事項を記入、往路では出口で用紙と通行券、免許証提示で無料、帰路の場合はセンターで押印が必要ですので、気を付けて下さい。

 ッ鷦崗譴筌札鵐拭爾両貊螻稜
  今日の駐車場は、伊具高校のみ
  センターは歩いて5分位、薬王堂の近くです。

◆持ち物 
軍手(今日はゴム手のほうが良かった)、長靴、汚れてもいい恰好、着替え、
 食物(昼は各自)、飲料(水分補給は必要)、マスク、清掃アイテム、
 ゴーグル(※土砂が乾燥して埃が舞っている為お持ちであれば) 等

◆活動内容 (あくまで本日の内容なので、日々変化する可能性はあります)
 チーム分け、リーダーを決めての作業
 浸水した家屋からの家財の搬出
 濡れた布団や畳などはかなり重いので、力作業ですが、他にも搬出するものも有
 それぞれ無理のない所での作業です。 
 詳細は写真添付した説明を熟読下さい。

◆注意事項
 足元が泥で良く滑ります。また、畳を外した床は弱くなっていて踏み抜きが発生します。ガラスや包丁等もあるので、十分気を付けて下さい。

◆トイレ、水道
 簡易トイレ有、水道は駐車場の高校で出ていました。

◆アクセス
 常磐道山元IC から出口を出て、最初の交差点を真っ直ぐ行く道が272号線です。
 阿武隈川を渡って角田から113号線で南下するのがわかりやすいと思います。
 272号から28号経由の道を通りましたが、所々細い道です。

◆その他不安材料
 ・足手まといになり役にたたないのではないか?
  →「自分がやれることをやる」「無理はしない」という雰囲気です。
 ・個人エントリーや慣れない初級者は迷惑ではないのか?
  → 一人での方、初めての参加という方が思った以上にいらっしゃいました。

◆終わりに
 当初19日受付開始が雨のため延期となり、本日よりボランティアの受け入れが始まりました。 朝はまだ、行くか止めるか、悩んでました。
 Facebookで「100名の行列」を見て、勇気をもらって向かいました。
 道に迷いながら、到着は12時を過ぎてしまいましたが、午後の部に入れて頂けました。 
 本日の活動参加者は、489名だったそうです。
 皆様、お疲れ様でした。

1日も早く、何気ない日常、だけど、かけがえのない日常が戻ることをお祈りしております。

なお、コメント欄は閉じさせて頂きますので、何かお聞きになりたいことなどあれば、メッセージをお送り下さい。


*----------------------------------------
(2019.10.28 追記)
25日夕方から東北は強烈な雨に襲われ、場所により避難警告が流れました。
26日朝、丸森はボランティア活動の有無をギリギリまで検討していたようです。
8時を過ぎてもFacebook等に情報がアップされなかったので、距離的に近い大郷へ向かうことにしました。

宮城県内 ボランティアを必要としている地域は以下で確認できます。
https://svc.miyagi.jp/
  宮城県内で開設中の災害VC一覧

◆大郷町災害ボランティアセンター
 受付場所:大郷町文化会館 電話 080ー6043-6998
 作業場所:バスで吉田川向こうへ移動 
 作業内容:_伐阿ら搬出済みの家財をトラックに積み上げ
      敷地内に流れ込んだ稲わらの撤去

◆持ち物
 前回への補足
 手袋:ゴム手で作業してましたが、指先がいつの間にか切れてました。
    予備が必要ですし、可能なら、ワークマンなどで購入可能な
    手のひら側がゴムの手袋が作業に適してました。
 飲料:600ml 1本では足りませんでした。少し多めに。

◆夢実の湯 入浴無料
 センターで活動証明書をもらい、夢実の湯の入り口で提出すると無料になります。
 
◆その他
 近くの集会所で町長と町民の話会いがされてました。
 夕方のテレビで、集団移転の話だったことを知りました。
 昼間、「過去、震災や水害を乗り越えて住んできた家なので、今回も何とか立ちなおってほしい」と言っていた奥さんの顔を思い出し、切なくなりました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:673人

コメント

この日記はコメントを受け付けていません。


ページの先頭へ