また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > solosolokunさんのHP > 日記
2020年09月23日 05:24未分類全体に公開

通勤読書 小島烏水[常念岳の絶巓に立つ記]

少し涼しくなってきました。
連休のレコには、遥かなる山々の記事が満載だとおもいます。

皆様お疲れさまでした。


📖[小島烏水]氏に戻りました。

〔泊まったのは二の俣の小屋である。〕
と始まりました。

口語文です。
やれやれです。

あやしげな蓆(むしろ)小屋で、ぐっすり眠る導者(案内人)と、烏水の寝れない夜のシーンです。

明治39年8月の登山記の一節。ということです。

〔漢文脈の文体を得意とした[烏水]、漢文脈にありがちな誇張から徐々に解き放たれていく。その転換点となったのが[奥常念岳の絶巓に立つ記][梓川の上流]などを収めた『雲表』であった。〕
編者[近藤信行]氏の解説より


【写真】は鶴見緑地公園にて
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:97人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ