また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > 今月のおすすめルート > 爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳
ルートID: r299 中級 1泊2日 白馬・鹿島槍・五竜

爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳
じいがたけ / かしまやりがたけ

濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
冷池山荘に泊まって日本を代表する美しい双耳峰「鹿島槍ヶ岳」へ。柏原新道からの王道ルート。
※公開日:2016年08月01日
ルート長22.4km
登り標高差1536m
下り標高差1536m
行程概要: ケルン(柏原新道)(1770m) → 駅見岬(1856m) → 水平岬(2152m) → 富士見坂(2287m) → 爺ヶ岳南峰(2660m) → 爺ヶ岳中峰(2670m) → 爺ヶ岳北峰(2631m) → 冷乗越(2444m) → 冷池山荘(2410m) → 冷池山荘テント場 → 布引山(2683m) → 鹿島槍ヶ岳(2889m) → 鹿島槍ヶ岳北峰(2842m) → 鹿島槍ヶ岳(2889m) → 布引山(2683m) → 冷池山荘テント場 → 冷池山荘(2410m) → 冷乗越(2444m) → 爺ヶ岳北峰(2631m) → 爺ヶ岳中峰(2670m) → 爺ヶ岳南峰(2660m) → 富士見坂(2287m) → 水平岬(2152m) → 駅見岬(1856m) → ケルン(柏原新道)(1770m) → 柏原新道登山口(1339m)
Web Services by Yahoo! JAPAN

【後立山南部】爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 主稜線上に咲く多彩な高山植物
  • 剱岳や後立山連峰南部の大展望
  • 日本百名山
モデルプラン
1日目
歩行時間:5時間50
扇沢(柏原新道口)〜柏原新道〜種池小屋〜爺ヶ岳〜冷乗越(赤岩尾根分岐)〜冷池山荘
2日目
歩行時間:8時間30
冷池山荘〜布引山〜鹿島槍ヶ岳〜往路下山〜扇沢
計画書提出先 長野県警察本部または大町警察署地域課
※登山口に登山計画書提出ポストあり
宿泊 冷池山荘 080-1379-4041
※繁忙期には混雑する場合もある。
交通 JR大糸線信濃大町駅より松本電鉄バス(扇沢行き:1,360円)にて扇沢バスターミナルへ。
駐車場 扇沢・登山口共に駐車場あり。
アドバイス 電車利用の場合は扇沢バスターミナルより車道を15分ほど下ると柏原新道の登山口になる。
柏原新道入口の駐車場は工事中のため置ける台数に限りがあるので扇沢に停めた方が無難。
全体を通して危険な個所は殆どない。
北峰へ行く場合には足元に十分注意すること。
サブコース 特になし。
エスケープルート 赤岩尾根はエスケープに不向き。往路を戻った方が早く危険も少ない。
1
柏原新道入口。
駐車場付近は流動的に工事を行っているので、車は扇沢に停めた方が無難。
2
尾根に上がるまでは若干の急登。
3
尾根に上がると水平道から水平岬だ。
4
ガラ場。
年によっては残雪が残ることがある。
5
柏原新道は本当に歩きやすい。
ここは富士見坂。
6
鉄砲坂を登ると種池山荘は近い。
7
お花畑の草付きを登れば種池山荘が見えてくる。
8
種池山荘とこれから向かう爺ヶ岳。
9
種池山荘を後にして爺ヶ岳へ向かう。
まずは南峰から。
10
この辺りは雷鳥との遭遇率高し!
11
全体的に緩い登りで爺ヶ岳南峰に到着。
12
次は中峰へ向かう。
13
南峰から僅かに下り登り返せば爺ヶ岳中峰。
14
中峰から冷乗越までザレた道を下る。
なお、爺ヶ岳北峰は立ち入り禁止となっている。
15
冷乗越から見る冷池山荘と剱・立山連峰。
ここは赤岩尾根との分岐点でもある。
16
最低鞍部まで下り軽く登り返せば冷池山荘に到着。
評判のいい小屋で内部は清潔で使い易い。
今日はここで1泊。
17
冷池山荘の夕食。
18
2日目。
行程が長いので早めに出発しよう。
19
まずは布引山へ。
お花畑を抜けて緩く登っていくが地味に辛いところ。
20
布引山。
鹿島槍へ向かう主稜線上の「肩」と言った感じ。
剱・立山連峰の展望に優れる。
21
布引山から少しだけ下って鹿島槍ヶ岳の登りへ。
ガレた足場で少々歩き辛い。
22
鹿島槍ヶ岳の山頂。
剱・立山連峰の絶景!!
23
山頂から槍・穂高連峰。
条件がよければ荒川三山や富士山まで見える。
24
時間と体力に余裕があれば北峰へ行ってみるとよい。
景色を堪能したあとは往路を下って登山口へ。
25
登山口に到着。
※上記の情報は記事公開日(2016年08月01日)時点の情報です。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

※本記事内にて各山域に生息する動植物の紹介を行う場合がありますが、自然保護区域への立ち入りや希少生物の採取・捕獲・譲渡・販売等は、法令により禁じられています。多くの方が自然を楽しみながら登山ができるよう、動植物の保護にもご協力ください。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ