また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコのおすすめルート > 塩見岳 【日本百名山 No.82】
ルートID: r437 中級 1泊2日 塩見・赤石・聖 日本百名山

塩見岳 【日本百名山 No.82】
しおみだけ

濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
長大なアプローチを経て登る日本百名山。
南アルプスの様々な魅力が凝縮された塩見岳。苔むした低山帯から百花繚乱の高山植物が見られる山頂付近、そして山頂からの大展望。
また、南アルプスの高山帯でしか見られないタカネビランジも自生しています。
※2020年09月03日更新
ルート長23.8km
登り標高差1385m
下り標高差1385m
行程概要: 鳥倉林道登山口(1780m) → 豊口山のコル(2160m) → ほとけの清水(2310m) → 塩川・鳥倉ルート合流点(2440m) → 三伏峠小屋(2615m) → 三伏山(2615m) → 本谷山(2658m) → 塩見小屋(2760m) → 塩見岳(3052m) → 塩見岳東峰(3052m) → 塩見岳(3052m) → 塩見小屋(2760m) → 本谷山(2658m) → 三伏山(2615m) → 三伏峠小屋(2615m) → 塩川・鳥倉ルート合流点(2440m) → ほとけの清水(2310m) → 豊口山のコル(2160m) → 鳥倉林道登山口(1780m)
Web Services by Yahoo! JAPAN

【南アルプス中部】塩見岳の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 斜面を彩る多種多様な高山植物
  • 荒川三山や富士山方面の大展望
  • 日本百名山
モデルプラン
1日目
歩行時間:7時間10
鳥倉登山口〜豊口山分岐〜三伏峠〜本谷山〜塩見小屋
2日目
歩行時間:7時間30
塩見小屋〜塩見岳〜往路下山〜鳥倉登山口
登山計画書作成 《ヤマレコらくルート》
http://yamare.co/Wx8QnY
山と高原地図 《ヤマプラ》
http://yamare.co/ud51i7
コース概要 鳥倉登山口から歩き始める。
登山口から樹林帯の急登が続くが、1時間ほどで豊口山との鞍部へと登り詰める。
ここからは桟道を交えながら進むが、雨天時は非常に滑りやすいので十分に注意したい。中間地点から仏清水と呼ばれる水場を通過、鞍部から2時間ほどで山伏峠小屋に到着する。
山伏峠から三伏山を越えると、正面に塩見岳を望む気持ちの良い稜線を進むようになる。
本谷山を通過、廃道となった塩見新道を左に分ければ塩見小屋に到着する。
今日はここで1泊だ。
翌日は塩見岳を往復して下山となる。
小屋を出ると天狗岩と呼ばれる岩稜を進む。チャートと呼ばれる岩質は滑りやすく、過去には重大な事故も発生しているので十分に注意して通過したい。
山頂で展望を楽しみ下山となるが、山頂直下の岩場と山伏峠からの桟道は注意箇所となる。細心の注意を払って行動しよう。
計画書提出先 長野県警察本部または飯田警察署地域課
※鳥倉登山口にに登山計画書提出ポストあり。
宿泊 塩見小屋 070-4231-3164
※収容人数が少ないため夏期は混雑する。
https://www.ina-city-kankou.co.jp/yamagoya/shiomi/
交通 JR飯田線伊那大島駅より伊那バス(鳥倉登山口行き:1,690円)にて鳥倉登山口バス停へ。
※夏期のみの運行となるので詳しくは下記を参照のこと。
伊那バスhttp://www.ibgr.jp/general-route/
駐車場 鳥倉林道ゲート(越路)に駐車場あり。
アドバイス 鳥倉林道の駐車場は週末には満車になることが多い。
塩見小屋〜塩見岳間は岩混じりの稜線となるので足元に注意すること。
地図上で見るより長い行程となるので十分な体調で挑むこと。
サブコース 特になし。
エスケープルート 特になし。
入浴 《小渋温泉 赤石荘》
登山口から一番近い100%源泉かけ流しの温泉宿。日帰り入浴が可能だ。
http://www.akaishisou.com/
おすすめ周辺情報 《Soba and Dutch Coffee》
大鹿村の山中にある古民家を改装した蕎麦店。蕎麦はもちろんだがサイドメニューも充実している人気店。
http://www.osk.janis.or.jp/~kindosan/
《道の駅 歌舞伎の里大鹿》
大鹿村の特産品である鹿肉を味わえる。癖がなくボリューミーな鉄板ステーキはとても美味しい。
https://kabukinosato.com/
《アドゥマン》
本格的なアジア料理が楽しめる。多様なスパイスを使用した本格的なカレーは満足できる一品だ。
https://snack-bar-385.business.site/
《麺屋やんちゃ》
重そうな見た目とは違ったバランスのよい整った味のラーメンが楽しめる。
https://www.facebook.com/290464140990820/
《けーきやペパン》
地産地消の食材を使ったスイーツが逸品だ。カフェスペースがあり店内で寛ぐことができる。
https://ja-jp.facebook.com/cakeya.pepin/
1
【1日目】
鳥倉登山口から歩き始める。
公共交通機関を利用の場合はバスがここまで乗り入れる。自家用車は鳥倉林道のゲート付近に駐車することになる。
登山口までは約1時間の距離だ。
2
登山口からすぐに急な登りが続くようになる。
三伏峠までは距離を示す1番から10番までの看板が設置されているので参考にしながら歩こう。
3
1時間ほど登ると豊口山間のコル(鞍部)に到着する。
ここから三伏峠までは2時間ほどだ。
4
しばらく進むと木製の桟道が続く。
雨の日などはとても滑りやすいので注意が必要だ。
5
5/10地点(中間点)を通過する。この辺りも急な登りが続くところだ。
6
中間地点から更に登っていくと仏清水を通過する。
夏でも滅多に涸れることがなく冷たい水を得ることができる。
7
針葉樹林が目立つようになるとやや緩やかな道となり前方の視界が開けてくる。
8
この周辺で初めて姿を見せる塩見岳。
道程はまだまだ遠い。
9
塩川ルート(通行止め)の分岐を過ぎると「三伏峠まで200歩」の道標が現れる。
10
鳥倉登山口から3時間ほどで三伏峠小屋に到着する。
初日にここへ泊まることも考えられるが翌日の行程が長距離となるので塩見小屋まで頑張りたい。
11
小屋を通過するとすぐに荒川三山方面との分岐となる。
道標に従って左へと進もう。
12
分岐からわずかな距離で三伏山を通過する。
正面に塩見岳と白峰三山を望みながら本谷山へと向かおう。
13
三伏峠小屋から1時間半ほどで三等三角点(基準点名:黒川)が設置された本谷山に到着する。
14
本谷山からは権右衛門沢の源頭に向けて標高差150mの緩やかな下りとなる。
15
下りきった鞍部から権右衛門山を巻くように進むと塩見新道(通行止め)との分岐点を通過する。
16
最低鞍部からは標高差で200mほどの登り返しとなる。
ハイマツが覆い茂る道を塩見小屋へと進む。
17
塩見新道分岐から40分ほどの登りで塩見小屋に到着する。
初日はここで宿泊(要予約)となる。
18
【2日目】
翌日は塩見岳を往復して下山となる。
初日にここまで来れば比較的短い時間(約7時間)で鳥倉への下山が可能だ。
19
シロバナタカネビランジ
(白花高嶺ビランジ)
南アルプスの岩稜帯に自生し塩見岳周辺で多く見られる。
白花と命名されているがタカネビランジはこの種が主流で着色種のほうが珍しい。
開花時期は7月-8月。
20
タカネビランジ
(高嶺ビランジ)
南アルプスの岩稜帯に自生。
着色種のタカネビランジは余り見ることはない。
開花時期は7月-8月。
21
チシマギキョウ
(千島桔梗)
花弁に細かな繊毛が密に生える。
よく似ているイワギキョウとは繊毛の有無で見分けることが可能だ。
開花時期は7月-8月。
22
ミヤマオダマキ
(深山苧環)
本州中部以北の高山帯に自生し一般的によく見られる。
亜種や雑種が多く見られアルビノ種も珍しくない。
開花時期は7月-8月。
23
シラネヒゴダイ
(白根平江帯)
高山種のトウヒレン属は判別が難しくクロトウヒレン・タカネヒゴダイに似る。
これは南アルプスに自生する亜種で頭花は1つのみで背は10僂曚匹板磴い海箸波淑未垢襦
開花時期は7月-8月。
24
ミヤママンネングサ
(深山万年草)
本州の中国地方以北の高山帯に自生する。岩場で多くみられ地を這うように分枝する。
開花時期は7月-8月。
25
タカネシオガマ
(高嶺塩釜)
本州中部以北の高山帯に自生する。葉が深く裂け不定数で輪生する。
塩見岳周辺ではよく見られる花だ。
開花時期は7月-8月。
26
タカネコウリンカ
(高嶺高輪花)
本州中部の亜高山・高山帯に自生する日本固有種。学名には発見者で登山家・植物学者の武田久吉氏への献名がされている。
ニホンジカの食害により減少しており絶滅危惧II類に指定されている。
開花時期は7月-8月。
27
塩見岳の山頂直下はチャートと呼ばれる岩石の急な岩場となる。
その岩質から滑りやすいので足元に十分注意して行動したい。
28
岩場の上部は落石に要注意だ。
この岩場を登れば間もなく塩見岳の西峰に登り詰める。
29
塩見小屋から1時間半ほどで塩見岳の西峰に到着する。
三角点が設置されているのは西峰だが最高点はこれから向かう東峰となる。
30
西峰から東峰は指呼の間だ。
互いの山頂を望むことができるので人の少ない方で休むといいだろう。
31
西峰から2-3分で塩見岳東峰に到着できる。
東峰は西峰より5mほど標高が高い。
32
山頂から蝙蝠岳を隔てて望む富士山。
右手奥に見えるのは七面山・身延山から八紘嶺への山々だ。
33
北側に広がる大パノラマ。
仙塩尾根の先にそびえる仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳。右手には白根三山が大きな山容を見せる。
34
山頂から西側に見えるのは中央アルプスの山々。
木曽駒ヶ岳から越百山まで一望できる。右手奥に見えるのは乗鞍岳だ。
35
下山は往路を戻る。
山頂直下の岩場と山伏峠からの桟道では足元に細心の注意を払って行動しよう。
36
【入浴】
「小渋温泉 赤石荘」登山口から一番近い100%源泉かけ流しの温泉宿。
日帰り入浴が可能だ。
37
【おすすめ周辺情報】
「Soba and Dutch Coffee」は大鹿村の山中にある古民家を改装した蕎麦店。
蕎麦はもちろんだがサイドメニューも充実している人気店。
38
【おすすめ周辺情報】
「道の駅 歌舞伎の里大鹿」では大鹿村の特産品である鹿肉を味わえる。
癖がなくボリューミーな鉄板ステーキはとても美味しい。
39
【おすすめ周辺情報】
「アドゥマン」では本格的なアジア料理が楽しめる。
多様なスパイスを使用した本格的なカレーは満足できる一品だ。
40
【おすすめ周辺情報】
「麺屋やんちゃ」は重そうな見た目とは違ったバランスのよい整った味のラーメンが楽しめる。
41
【おすすめ周辺情報】
「けーきやペパン」では地産地消の食材を使ったスイーツが逸品だ。
カフェスペースがあり店内で寛ぐことができる。
※上記の情報は記事更新日(2020年09月03日)時点の情報です。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

※本記事内にて各山域に生息する動植物の紹介を行う場合がありますが、自然保護区域への立ち入りや希少生物の採取・捕獲・譲渡・販売等は、法令により禁じられています。多くの方が自然を楽しみながら登山ができるよう、動植物の保護にもご協力ください。
お気に入り登録-

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ