また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

塩見小屋(しおみごや)

最終更新:miccyan
基本情報
標高 2760m
場所 北緯35度34分42秒, 東経138度10分32秒
【営業期間】2010年7月1日から10月15日
【関連HP・伊那市】http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd9/index.php?id=5
【その他】期間外閉鎖、幕営禁止、塩見岳の北西約900m
原則予約客のみ宿泊可ですが、宿泊予定当日の無断キャンセルのみキャンセル料金が発生します。携帯(ドコモ)は、三伏峠〜塩見岳山頂は、繋がります。
小屋電話 090-3440-0998 9時〜15時
山小屋 40人・8000円(1泊2食)要予約 昼食弁当1000塩
トイレ 宿泊者のみ利用可能。利用方法は、独特なので山小屋スタッフに良く聞いてください
展望ポイント 塩見岳・中央アルプス・南アルプス

山の解説 - [出典:Wikipedia]

塩見岳(しおみだけ)は、長野県伊那市と静岡県静岡市葵区にまたがる標高3,047 mの山である。赤石山脈(南アルプス)中央部の南アルプス国立公園内にあり、山頂周辺はその特別保護地区に指定されている。頂上は長野県伊那市の最高点である。
山頂は100 m足らずの距離を隔てて西峰と東峰に分かれ、標高は西峰が3,047 m、東峰が3,052 mである。しかし三角点は西峰に設置されているため、低い方の西峰の標高が塩見岳の標高とされている。仙丈ヶ岳から続く長大な仙塩尾根の南端に位置する。山頂南側の三伏峠と本谷山南斜面、北側の北荒川岳周辺と熊の平周辺は高山植物の群生地となっている。鉄の兜(かぶと)にも似たドーム形の独特な山容で、遠方から眺めると独立峰のようなその山容が目立つ、信州百名山の一つに選定されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    塩見岳から長大な仙塩尾根をたどり、仙丈ヶ岳まで縦走するルートです。 二つの百名山を繋ぐこの尾根は、南アルプスの中でも比較的登山者が少なく静かな山行を楽しめます。 ただし、行程が長く営業小屋がひとつしかないのでコースタイムと自分の体力を把握した上で歩くことが肝要です。
  • 中級 1泊2日 塩見・赤石・聖
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    一般的な鳥倉林道からのアプローチ。山頂からの展望は南アでも屈指の雄大さでまさに“絶景”!

「塩見小屋」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  15    14 
2020年01月11日(3日間)
塩見・赤石・聖
  91     176  19 
2020年01月01日(3日間)
塩見・赤石・聖
  1   10 
seqqy, その他7人
2019年12月29日(4日間)
塩見・赤石・聖
  29    12 
2019年12月28日(3日間)
塩見・赤石・聖
  26    19 
2019年12月28日(3日間)
東海
  82    18 
ytomei, その他4人
2019年12月27日(3日間)
塩見・赤石・聖
  22    50 
2019年12月23日(2日間)
塩見・赤石・聖
  53     33 
2019年12月15日(日帰り)
塩見・赤石・聖
  122    74  2 
2019年12月15日(3日間)
ページの先頭へ