また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

秋吉台(長者ヶ峯)(あきよしだい)

最終更新:pisco1951
基本情報
標高 375.4m
場所 北緯34度15分07秒, 東経131度19分17秒
中腹に展望台があります(トイレ完備)が、山頂へ通じる車道にはゲートがあり鍵が掛かっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014.12.15発行の「防長山野へのいざない 第4集」(金光康資著)によれば「長者ヶ峯は山頂近くまで車道が通じ、見晴らしも良いが、立入禁止となっている」の記述がありました。 <2016/7/4記載>
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

秋吉台(あきよしだい)は、山口県美祢市中・東部に広がる日本最大のカルスト台地。北東方向に約16km、北西方向に約6kmの広がりを有し、台地上の総面積54km2、石灰岩の分布(沖積面下の潜在部を含む)総面積93km、台地面の標高180〜420mである。
厚東川によって東西二つの台地(東台と西台)に分けられ、東側地域が狭義の秋吉台(特別天然記念物、国定公園)である。
地表には無数の石灰岩柱とともに多数のドリーネ(擂鉢穴)を有するカッレンフェルトが発達し、地下には秋芳洞、大正洞、景清穴、中尾洞など、400を超える鍾乳洞がある(近年も新しい洞窟が発見されている)。カルスト台地上の降水は蒸発散以外は全て地下に浸透し、秋芳洞をはじめとする多くの洞窟地下水系を通じ、東台と西台に降る雨の大半が厚東川に排出する。
東台の主部は広大な草原地となっており、昭和中頃まではドリーネ耕作や飼料用草刈り場として維持するため、春先に山焼きが広く行われていたが、近年は草原の景観維持の目的に変わり毎年2月に実施されている。しかし地域の高齢化、過疎化による労力不足から次第に実施面積が縮小しつつあり、草原維持の面で問題が生じつつある。台上東部の小盆地に集落(長登)がある。東台とは外れて小面積の猪出台と中台、八久保台があるが、広い意味で東台と総称される。
西台の大半は樹林地で、台地内のカルスト凹地3ヶ所に集落(江原、入見、奥河原)がある。石灰石資源の鉱区として数カ所で採掘が大きく進んでいる。西台の本体と離れて伊佐台があるが、ふつう西台と総称される。
秋吉台のカルスト台地はひとつの石灰岩の大地塊からなるが、その厚さは西台の西端で50~200m、東台の東北端で1000m以上に達することがボーリングデータから知られている。
東台には秋吉台科学博物館や秋吉台エコミュージアム、長登銅山文化交流館、秋吉台家族旅行村、秋吉台少年自然の家、秋吉台ユースホステル、秋吉台道路など、学術研究や観光用の施設が数多く整備されている。西台の麓の美祢市街地には美祢市歴史民俗資料館、美祢市化石館がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「秋吉台(長者ヶ峯)」 に関連する記録(最新10件)

中国山地西部
  26    11 
Machapuchare, その他1人
2017年05月02日(日帰り)
中国山地西部
  15   33  2 
pisco1951swimy5812nikoniko5678, その他3人
2016年07月03日(日帰り)
ページの先頭へ