また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

白山室堂(はくさんむろどう)

最終更新:nobutoshi2513
基本情報
標高 2450m
場所 北緯36度08分56秒, 東経136度46分04秒
分岐
山小屋 750人・7,500円(1泊2食)
トイレ
水場 ・小屋横で冷たい雪渓の雪解け水(無料)
食事 ・大食堂
展望ポイント 御前峰・別山・赤兎山など

山の解説 - [出典:Wikipedia]

室堂(むろどう)とは、修験者が宿泊したり祈祷を行ったりする堂であり、山岳信仰や神奈備がある神体山では建立されることが多い。またはそこから派生した地名・列車愛称。

  1. 室堂立山室堂) - 立山の登山拠点。住所は富山県中新川郡立山町芦峅寺(あしくらじ)室堂(正確には芦峅寺字ブナ坂外第11国有林内)。郵便番号は930-1414。標高約2,450 m。

  2. 室堂白山室堂) - 白山の登山拠点。住所は石川県白山市白峰室堂平。郵便番号は920-2501。標高約2,450m。

  3. 室堂 - 越知山にある越知神社の社務所またはその周辺。住所は福井県丹生郡越前町大谷寺(飛地)。

  4. 室堂小文殊) - 文殊山にある阿弥陀如来が安置されている建物またはその周辺。住所は福井県福井市西袋町。

  5. むろどう - 列車の名前。立山室堂が由来。


本項では「立山室堂(立山の登山拠点)」について解説する。


室堂(むろどう)および室堂平(むろどうだいら)は、立山火山の活動によって形成された弥陀ヶ原溶岩台地の上部地域である。
飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰にあり、一帯は中部山岳国立公園の特別保護地区および特別地域である。近年では、室堂といえば室堂ターミナル周辺の室堂平一帯を指す。
室堂は立山黒部アルペンルートのコース上にあり、立山や剱岳の登山の拠点となっている。室堂ターミナル付近にあるミクリガ池やミドリガ池は立山火山の火口湖であり、地獄谷では現在でも火山性ガスや硫黄などの噴出物がある。周辺に遊歩道が整備され観光スポットとなっている。この地下から湧き出す温泉は、周辺のホテルや山小屋などの宿泊施設に供給されている。
室堂平の南部には室堂山という山があり、立山カルデラの展望台が設置されている。整備の行き届いた遊歩道が整備されており、観光がてらの散策ルートとなっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 初級 日帰り 白山
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    高山植物の宝庫として知られる白山。 この時期に楽しむ残雪と新緑のコントラスト、そして一斉に咲き始める高山植物を楽しむ山行です。

「白山室堂」 に関連する記録(最新10件)

白山
  47    86 
2020年04月04日(日帰り)
白山
  38     102 
2020年04月01日(日帰り)
白山
  30    86 
2020年03月30日(日帰り)
白山
  141     13  2 
2020年03月20日(2日間)
白山
  34     88 
2020年03月14日(日帰り)
白山
  40    88 
2020年03月13日(日帰り)
白山
  52     48 
2020年03月07日(日帰り)
白山
  70     118 
2020年03月01日(日帰り)
白山
  47     132  2 
2020年02月24日(日帰り)
白山
  61     87  8 
2020年02月23日(3日間)
ページの先頭へ