ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 衣笠城址

衣笠城址(きぬがさじょうし) / 衣笠城跡

最終更新者 yamame56
基本情報
場所 北緯35度14分44秒, 東経139度39分16秒

衣笠城址 (基準標高63.2m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
22.9
平均気温
18.2
最低気温
14.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.7 時間/日
降水量 4.6 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

衣笠城址
衣笠城址
房総・三浦 2017年02月13日 大楠山
衣笠城址
衣笠城址
衣笠城址

山の解説 - [出典:Wikipedia]

衣笠城(きぬがさじょう)とは、相模国三浦郡(現在の神奈川県横須賀市衣笠町)にあった日本の城(山城)。三浦半島中央部に立地する。横須賀市指定史跡。
前九年の役での戦功により源頼義から相模国三浦に領地を与えられ、当地の三浦氏の祖となったとされる三浦平大夫為通が、1062年(康平5年)、衣笠山に作った城が衣笠城の始まりである。のちにこの城は三浦氏の本拠地となり、三浦氏が勢力拡大するにあたって増築されていく。源頼朝が伊豆で平家に反乱すると三浦氏4代目三浦義明は頼朝を支援したが、頼朝は石橋山の戦いで敗れ房総半島へ逃げ延びる。頼朝軍と合流できずに引き返した三浦一族は平家方の畠山重忠軍と衣笠城合戦に及び、衣笠城は落城。城主義明は討ち死にし、三浦一族は房総半島に逃れる。
その後鎌倉幕府が成立するとこの城はまた三浦氏の本拠となるが、鎌倉時代の1247年(宝治元年)、宝治合戦で三浦党が没落すると廃城となった。
2007年現在、衣笠城跡には小規模な公園が整備されているが、当時を思わせる遺構はわずかに井戸、堀跡が残るのみである。しかし城山を境内とする大善寺や義明の墓所である滿昌寺など、城跡周辺の寺には三浦一族や衣笠城を偲ばせる事跡が残されている。また平作川に沿って下流の久里浜までのあいだには、衣笠城の支城とされる平作城、大矢部城、小矢部城、佐原城、怒田城などの遺構が残されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「衣笠城址」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  
2017年05月07日(日帰り)
房総・三浦
  23    8 
2017年05月07日(日帰り)
房総・三浦
  
thsmaron, その他1人
2017年05月06日(日帰り)
房総・三浦
  
thsmaron, その他3人
2017年05月03日(日帰り)
房総・三浦
  127     10 
fuuro1227, その他3人
2017年04月29日(日帰り)
房総・三浦
  43    6 
2017年04月23日(日帰り)
房総・三浦
    5 
2017年04月16日(日帰り)
房総・三浦
  69     29  4 
badly, その他3人
2017年04月12日(日帰り)
ページの先頭へ