また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

台ヶ峰(だいがみね) / 台ヶ峯

最終更新:nagara
台ヶ峰山頂 写真一覧へ 山頂直下(南東方面)の岩場 写真一覧へ 台ヶ峰山頂 写真一覧へ 台ヶ峰三角点展望はありません
西を見て奥が西股山1717m。右は台ヶ峰。
基本情報
標高 1503m
場所 北緯35度47分30秒, 東経137度39分46秒
カシミール3D
台ヶ峰は、阿寺山地北東端に位置する三等三角点峰(点名:台ヶ峯)である。
点の記によれば、「俗称:台ヶ峯」と記録されているが、地形上で「台ヶ峰」と記載されており、現在では「台ヶ峰」と表記されるのが殆どである。
「ひと味違う名古屋からの山旅」、「続 山旅徹底ガイド(裏木曽/東濃/奥三河)」などの書籍に登場し、古くから登山者には知られてはいる。
但し、登山道が無い事、国有林である事、信州百名山・信州百山からの選定に漏れた事が災いしてか、訪れる登山者は意外に少ない。
しかし、この山の魅力は、先の登山愛好家が付けた付加価値の有無ではなく、山中に点在するブナ・ヒノキ・モミなどの巨木である。これは、古くは尾張藩の止山、明治の帝室御料、現在では国有林として長きに渡って保護されてきた賜物である。
前述の通り、登山道が無いため、バリエーション対象の山と言える。但し、笹藪は精々膝程度で密度も低く、倒木や笹の中に散らばる枝の方が、余程煩わしい程度のレベルである。
コースとしては、才児から登られる事が多いが、どの尾根を経ても大差はないので、書籍・ネット上での記録もそれぞれ選択している尾根が違う事が多い。
また、宮坂七郎氏著「新版 信州の山 南部326山」では、才児からのルートの他、和合集落からのルートも紹介されている。
山頂よりの展望はないが、南東方面へ2〜3分降りた岩場からは風越山や中央アルプスを望む事が出来る。
なお、「続 山旅徹底ガイド」では、同岩場から「御岳や風越山が眺められる」とあるが、180度逆方向であり誤記であると思われる。
登山に関しては、登山道が無い国有林への入山となるので、中部森林管理局の許可が原則必要である。
山頂 展望無し
展望ポイント 頂上直下(南東方面)の岩場から中央アルプス方面(写真参照)

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「台ヶ峰」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  6    3 
2019年08月24日(日帰り)
甲信越
  19    5 
2017年05月27日(日帰り)
甲信越
  14   7 
kobee_br, その他5人
2016年04月16日(日帰り)
ページの先頭へ