また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

金櫻神社(かなざくらじんじゃ)

最終更新:yoneyama
基本情報
標高 900m
場所 北緯35度46分09秒, 東経138度33分22秒
カシミール3D
1500年の歴史ある神社
金峰山信仰の要。鎌倉、室町期に修験者で栄え、空海、日蓮も自筆写経を奉納した。戦国期の武田家からの奉納品もある。
鎌倉時代作の本殿は昭和30年火事で焼失。
トイレ
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

金櫻神社(かなざくらじんじゃ)は、山梨県甲府市御岳町(みたけちょう)2347番地に鎮座する神社である。
市域北部、荒川上流の山間部に位置する。幕末までは蔵王権現と呼ばれ、慶応4年(1868年)の由来書で「金櫻神社」と称している。雄略天皇時代に金峰山に本宮として創建されたとされる山岳信仰の神社で、金峰山信仰(御嶽信仰)の中心神社。周辺には新式や御師屋敷や宿坊があり、御岳村は門前町を形成した。神体は、高さ20メートルの花崗岩質からなる五丈岩。祭神は少名彦命(スクナビコナ)、大己貴命(大国主)、須佐之男命(スサノオ)、日本武尊(ヤマトタケル)、櫛稲田媛命(クシナダヒメ)。御神宝は水晶。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「金櫻神社」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  33    1 
2021年04月18日(日帰り)
甲信越
  11   16 
2021年02月12日(日帰り)
奥秩父
  27     27 
2021年01月10日(3日間)
甲信越
  25     6 
2021年01月09日(日帰り)
奥秩父
  19   8 
2020年12月27日(3日間)
甲信越
  16  
2020年11月24日(日帰り)
甲信越
  28    8 
2020年11月23日(日帰り)
甲信越
  17    14 
metavol, その他1人
2020年11月21日(日帰り)
ページの先頭へ