また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

山ノ上碑(やまのうえのひ)

最終更新:higashino9
写真一覧へ 山ノ上碑
山ノ上碑
山ノ上碑の解説
山ノ上碑(上毛三碑)
基本情報
場所 北緯36度16分37秒, 東経139度01分40秒
トイレ
水場

山の解説 - [出典:Wikipedia]

山ノ上碑(やまのうえのひ/やまのうえひ、山上碑
金井沢碑・多胡碑とともに「上野三碑」と総称される。本項では、山ノ上碑に隣接する山ノ上古墳(山上古墳)についても記載する。
「辛已歳」は天武天皇10年(681年)建碑と考えられており、上野三碑の中では最古である。
高さ120cm・幅50cm・厚さ50cmの輝石安山岩に4行53文字が薬研彫りで刻まれている。書体は古い隷書体の特徴が見られる。
山ノ上碑は墓誌であり、隣接する山ノ上古墳(下記参照)の墓誌であると考えられている。その内容から、放光寺の僧侶・長利(ちょうり)が母の黒売刀自(くろめとじ)のために墓を建てたことがわかり、墓誌としても日本最古の例である。「放光寺」は佐野の地にあると考えられてきたが、最近の発掘調査により、前橋市の山王廃寺跡にあった寺院の可能性が高くなった。
刻まれている文のほとんどが、長利母子の系譜を述べており、古系譜の史料としても貴重である。
また、山ノ上碑に刻まれている「佐野三家」は金井沢碑の「三家」(ミヤケ、屯倉)であると考えられてきたが、周辺の発掘調査により、史料上知られていないミヤケの存在が確実視されてきたため、「佐野三家」と「三家」は同一でないという可能性も出てきた。
1921年(大正10年)3月3日に「山上碑及び古墳」の名称で国の史跡に指定され、1954年(昭和29年)には国の特別史跡に指定されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「山ノ上碑」 に関連する記録(最新10件)

赤城・榛名・荒船
  30    1 
2018年04月30日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  88    18  2 
2018年02月12日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  26     7 
2018年02月10日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  52    12  2 
2018年01月19日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  52    34  2 
2018年01月19日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  57    20  2 
2017年12月16日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  62    11 
2017年11月22日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  26    15  3 
2017年10月14日(日帰り)
関東
  44    32  2 
youtaro, その他1人
2017年05月14日(日帰り)
ページの先頭へ