また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

丁子屋(ちょうじや)

最終更新:joe0119
丸子宿丁子屋
とろろ汁の丁子屋
とろろの丁子屋。
丁子屋の先を右へ。
とろろ汁で有名な丁子屋
基本情報
場所 北緯34度57分00秒, 東経138度20分17秒
東海道五十三次の20番目の宿場「鞠子宿」のとろろ屋。
食事 とろろ汁

山の解説 - [出典:Wikipedia]

鞠子宿(まりこしゅく、まりこじゅく)は、東海道五十三次の20番目の宿場である。丸子とも書く。現在の静岡県静岡市駿河区丸子で、最寄り駅は東海道線安倍川駅。
東海道中でもっとも小さい宿場で、天保14年(1843年)の記録によると、家の数は211軒、旅籠は24軒であったという。東海道伝馬制の制定により、丸子が宿場町となったのは、関ヶ原の戦いの翌年の1601年で、江戸から数えて20番目の宿場町であった。
となりの岡部宿(藤枝市)との間の宇津ノ谷(静岡市駿河区)には昔の街並が、付近には源氏・今川氏・徳川氏ゆかりの史跡が残る。安倍川の丸子橋近くには、高札場の跡があり、宿場町に現存する高札のレプリカが立っている。
名物はとろろ汁で、歌川広重が「東海道五十三次」に描いた丁子屋は有名である。広重の鞠子宿の浮世絵はクロード・モネの連作「積みわら」に構図やグラデーションの使い方など影響を与えた。また、松尾芭蕉も「梅若葉丸子の宿のとろろ汁」という句を詠んでいるほか、十返舎一九は「東海道中膝栗毛」の丸子のシーンでとろろ汁を作中に取り入れている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「丁子屋」 に関連する記録(最新10件)

東海
  13    14 
2018年09月08日(日帰り)
東海
  22    9 
2018年07月21日(日帰り)
東海
  19    6 
2018年07月19日(日帰り)
未入力
  
2018年07月18日(日帰り)
東海
  12    4 
ash1213, その他8人
2018年05月20日(日帰り)
東海
  5   2 
2018年03月27日(日帰り)
東海
  51    11 
2018年03月04日(日帰り)
東海
  1    2 
rumba1008, その他1人
2018年02月24日(日帰り)
未入力
  
2018年02月09日(3日間)
東海
  
2018年01月28日(日帰り)
ページの先頭へ