ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大聖院コース登山口
最終更新者 navecat
基本情報
場所 北緯34度17分33秒, 東経132度19分08秒
大聖院仁王門から弥山頂上まで約3km。石段の多いコースであるが、紅葉谷コース・大元コースよりも明るく展望の良い場所もたくさんある。所要時間の目安は1時間30分から2時間(個人差あり)。古くから参詣道として整備された道で弥山参道とも呼ばれている。6丁石を過ぎたあたりにある里見茶屋跡(標高166m)の休憩所から見える厳島神社と大鳥居、五重塔、千畳閣はこのコースのハイライトである。
登山口

大聖院コース登山口 (基準標高39.8m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
10.2
平均気温
5.2
最低気温
0.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 5.1 時間/日
降水量 2.4 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

大聖院コース登山口
四の宮コースの由来となった"四宮神社”で記念撮影 ここを起点に最短で一直線に”宮島弥山”山頂展望台へアタックできるダイレクトルートになります。 前半は、急登になります 登りでこのコースを利用する場合は、この急登を楽しんでください! 途中、ほとんど眺望もありませんので・・・ 個人的なおすすめとしては、このコースは、山頂展望台からダイレクト下山時に利用するのが良いと思われます。 あくまで、自己責任の範囲内で・・・ 通称”四の宮コース”と呼ばれています。 登山口の表示看板やルート案内はありません。 ガイドパンフレットにも、掲載されていません。 よく知られた、公認の3ルート(紅葉谷、大聖院、大元公園ルート)とは、別格扱いですので、初心者の方は、ベテランの方に同行してもらいアタックされることをおすすめします。 極まれに、迷う方がいますので・・・!
14:23 大聖院コース登山口

付近の山

この場所を通る登山ルート

「大聖院コース登山口」 に関連する記録(最新10件)

中国山地西部
  19   9 
2017年02月18日(日帰り)
中国
  59    17 
ganchan17, その他1人
2017年02月08日(日帰り)
中国
  19    52  16 
hobbit, その他2人
2017年02月06日(日帰り)
中国
  75    18  2 
esprit, その他1人
2017年02月04日(日帰り)
中国
  11    4 
2017年02月04日(日帰り)
中国
  
rumy, その他1人
2017年02月04日(日帰り)
中国
  17    15  4 
botchi-zu, その他2人
2017年01月22日(日帰り)
中国
  23    32 
2017年01月21日(日帰り)
中国
  52    5 
2017年01月10日(日帰り)
ページの先頭へ