また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

JR神戸駅(じぇいあーるこうべえき)

最終更新:justiceone
JR神戸駅 写真一覧へ JR新神戸駅
JR新幹線新神戸駅
JR新神戸駅を出発
JR新神戸駅に集合
基本情報
場所 北緯34度40分46秒, 東経135度10分41秒
JR東海道本線の終点でJR山陽本線の起点

山の解説 - [出典:Wikipedia]


神戸駅(こうべえき)は、兵庫県神戸市中央区相生町三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。駅番号はJR-A63。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。東京駅から続く東海道本線の終点及び当駅から門司駅までのびる山陽本線の起点である。市内の主要駅の一つだが、神戸の繁華街の中心駅は三ノ宮駅・三宮駅である(後述)。
駅舎は近代化遺産の指定を受け、貴賓室などの由緒ある施設が保存されている。また、第2回近畿の駅百選にも選出された。
東海道本線の西側の終点および山陽本線の東側の起点であり、東海道本線を所属線としているが、線路自体は途切れることなく直通運転が行われており、当駅を起終点とする列車はごく一部の普通列車に限られている。大阪駅(東海道本線所属)から当駅を介して姫路駅(山陽本線所属)に至る区間を「JR神戸線」の愛称で旅客向けに案内しており、大阪駅 - 姫路駅間がJR神戸線として一体的なダイヤで運行されている。当駅から分岐する別の路線はない。
ホームの南(浜側)には、両路線の起終点を示すキロポストがある。歴史的には東海道本線が元々から国有路線であったのに対し、山陽本線は民間の山陽鉄道によって作られ、後に国有化された。
都市名を冠する主要な駅ではあるが、神戸市役所や商業地域の中心地に近いのは二つ東隣の三ノ宮駅、県庁は一つ東隣の元町駅が最寄駅であり、山陽新幹線の停車駅は北に離れた新神戸駅である。かつては、当駅の西側の新開地一帯が市内で最も繁華な地区であり、「東の浅草、西の新開地」と称されるほどであった。戦後は神戸市の中心繁華街の地位を三宮・元町エリアに奪われた。
乗降客数は当駅よりも三ノ宮駅の方が多いので、特急列車は三ノ宮駅のみに停車し、当駅を通過するものが多い。ただし、かつて運転されていた寝台特急「彗星」は特急列車の中で唯一、三ノ宮駅を通過し当駅に停車していたが、2000年3月に「あかつき」との併結運転開始と同時に当駅から三ノ宮駅に停車駅が変更となった。その後、「彗星」は2005年9月30日で廃止され、それと引き換えに「はまかぜ」が当駅に一部停車するようになった(「はまかぜ」は三ノ宮駅にも停車する)。なお、1978年10月1日以前は新快速も当駅を通過していた。
アーバンネットワークエリアおよびICOCA利用エリアに含まれている。また、長距離乗車券の特定都区市内制度における名目上の「神戸市内」の中心駅である。駅長が配置された直営駅であり、管理駅として神戸市内の山陽本線の所属駅である兵庫駅 - 舞子駅間の各駅および山陽本線支線(和田岬線)の和田岬駅を管轄している。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「JR神戸駅」 に関連する記録(最新10件)

六甲・摩耶・有馬
  30    6 
gosuke55, その他4人
2020年11月23日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
    2 
2020年11月18日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  36     16 
rxk00250, その他1人
2020年11月18日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
   
bunbun11, その他1人
2020年10月31日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  9  
2020年10月28日(日帰り)
未入力
  
2020年10月25日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  28    18 
2020年10月10日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  5    4 
2020年09月14日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  8    3 
2020年09月08日(日帰り)
ページの先頭へ