ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 竜門岳

竜門岳(りゅうもんだけ)

最終更新者 KENPEI
基本情報
標高 904m
場所 北緯34度26分25秒, 東経135度53分51秒
龍門岳とも書く。
山頂

竜門岳の日の出・日の入り時刻

05/30(火) 05/31(水) 06/01(木) 06/02(金) 06/03(土) 06/04(日) 06/05(月)
日の出 4時40分 4時40分 4時40分 4時39分 4時39分 4時39分 4時39分
日の入り 19時9分 19時9分 19時10分 19時11分 19時11分 19時12分 19時12分

竜門岳 (標高904m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
19.2
平均気温
12.9
最低気温
6.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.8 時間/日
降水量 4.4 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

竜門岳(りゅうもんがだけ)は、奈良県の宇陀市と吉野郡吉野町の市町境にある山で、竜門山地に属している。龍門岳あるいは龍門ガ岳龍門ヶ岳)と表記されることもある。日本三百名山の一つに数えられる。
奈良盆地と吉野を分け隔てる、高見山西側の龍門山塊の主峰であり、紀の川(吉野川)水系の支流、津風呂川と淀川水系の支流、宇陀川の分水嶺上にある。かつて吉野側の中腹には龍門滝付近には『太平記』で有名な楠木正行の妻、弁ノ内待が世を忍んで住んだと伝えられ幽玄な雰囲気を誇った龍門寺が建立されていたが、応仁の乱を期に廃寺となり現在では遺跡が名残をとどめるのみである。また龍門滝のそばには『今昔物語集』で名高い久米仙人が修行した窟跡もある。山頂からの展望は西方に開けており、府県境に位置する葛城山、金剛山などが一望できる

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「竜門岳」 に関連する記録(最新10件)

大峰山脈
  41    7 
naoandmi, その他2人
2017年05月29日(日帰り)
近畿
  31    13 
2017年05月21日(日帰り)
近畿
  75    14 
2017年05月05日(日帰り)
近畿
  19     37  4 
katatumuri, その他16人
2017年04月12日(日帰り)
近畿
  40     91  14 
2017年04月10日(日帰り)
近畿
  5    1 
2017年03月25日(日帰り)
大台ケ原・大杉谷・高見山
   1 
2017年03月19日(日帰り)
ページの先頭へ