また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

七国峠(ななくにとうげ)

最終更新:Honoca
基本情報
場所 北緯35度20分11秒, 東経139度14分35秒
平塚市の最西部標高約180mに位置する七国峠は平塚市土屋と二宮町を結んでいる峠。その昔大磯街道(別名二宮街道・塩海街道)の中継地点で交通の要衝であった。峠には茶屋(長兵衛茶屋)があって、甘酒で旅の疲れを癒し、行き交う人々で賑わったという。
土地の人々は「土屋で一番高い所にある見晴らしの利く台地」ということから、ここ一帯を「高見台」と称し、「タカンド」と呼んでいる。
鎌倉時代には「烽火台」が置かれ、湯河原の土肥氏、小田原の曽我氏、中井の中村氏らとの連絡に使用したといわれる。さらに、石橋山の合戦の時にはこの地の領主土屋三郎宗遠(むねとお)が一族を率いて参戦(頼朝側)したが、実子忠光を失い、これを悲しんで植えたといわれる「供養松」の伝説がある。
現在は全線舗装され十字路の各方面に道が通じているので、ローカルなりに交通は多い。
山頂 ゴルフ場の開発により消失
平塚市土屋と二宮町を結んでいる
分岐 頂上は全線舗装の十字路になっている
展望ポイント 峠の東屋から大山ー三浦方面が望める

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「七国峠」 に関連する記録(最新10件)

関東
  
2020年03月01日(日帰り)
丹沢
  8   5 
2019年07月13日(日帰り)
関東
   
7n2xuz, その他12人
2019年06月16日(日帰り)
関東
  40    22  2 
2016年05月29日(日帰り)
関東
    2 
2015年06月20日(日帰り)
関東
  15    6  1 
2012年01月03日(日帰り)
ページの先頭へ