また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

立沢山(たつざわやま) / (立沢)前山

最終更新:japanet
西岳からは立沢方面に降ります。てか、雨が降ってきました。やっぱり、編笠山に登らなくて正解でした!山は逃げないからねぇ。
富士見町立沢からみた富士山、鳳凰三山、甲斐駒です。写真はありませんが、左側には雄大な八ヶ岳連峰があり、大好きなポイントです。
さて、カエルますか。 ※思いっきり勘違いしていて、ここから西立沢バス停は目と鼻の先だった。 ※山と高原地図2013年版では、ほとんどここいらへんにバス停があるはずだが、帰宅後に調査すると実はこれも違っていたので、結果論だけど勘違いが吉と出た。 (T字路〜右折路)
ええっと??? バス停が見当たらないので、キョロキョロしているところ。 ※1/25000にマーキングしたあったポイントは、実は2年ほど前に城峯山から小前ノ頭へのルート上の分岐に打ったマーキングだったことに帰宅後になって気づいた。 山と高原地図を見たら、最初の林道T字路付近で愕然。 間に合うけど、ちょっとだけ戻りかけて、数歩で止めて、バス通りを進行方向、西門平方面へすすむことにした。 2013年版のポイントも違っていたので、戻ってたら御陀仏だったので幸運としか言いようがない。 (立沢集落〜立沢バス停)
基本情報
標高 611m
場所 北緯36度04分17秒, 東経139度01分16秒
 白岩集落では立沢山と呼ばれている。山頂北側鞍部に立沢峠があることに因んだものと思われる。立沢峠は白岩集落と立沢集落を結ぶ峠道で、立沢集落では白岩峠と呼ばれている。峠道の古道はすでに消失し、トレースすることはできない。
 立沢集落では前山と呼ばれているが、秩父地方では前山、背戸山(背の山)は一般名詞に近いので、集落名を冠して立沢前山としたい。(国土地理院もこの用法を取っている例がある)
 踏み跡がある登路はないが、川久保集落東部の尾根末端等から登ることができる。また、立沢山から城峰山への長大な尾根を縦走する登山者も稀にいるようである。
山頂

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「立沢山」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ