また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

弥山本堂&不消霊火堂(みせんほんどう きえずのれいかどう)

最終更新:navecat
基本情報
標高 488m
場所 北緯34度16分41秒, 東経132度19分11秒
《 弥山本堂 》
創建は大同元年(806年)
唐から帰国した空海が霊地を探し求めて宮島に立ち寄った際、
眼前に立つ山の姿が須弥山に似ているところから弥山と名づけ、
そこに小さな御堂を建て百日間の「虚空蔵求聞持法(こくうぞ
うぐもんじほう)」の修法を行ったところと云われている。

平清盛をはじめ足利義尚、福島正則、伊藤博文といった歴史的
人物も、弥山に多大なる厚い崇敬を寄せていた。
なお、「求聞持堂」という堂舎は現在も現役で使用されており、
弥山本堂の裏側でヒッソリと弥山の歴史を今に伝えている。

《 不消霊火堂 》
大同元年(806年)、空海が宮島で修行をした時に焚かれた護摩
の火が元火としておよそ1,200年間、昼夜絶えることなく燃え続
けている。その火は霊火とし不消霊火堂(きえずのれいかどう)
にある。堂内の大茶釜の湯は、万病に効く霊水と言われている。
真言宗御室派の不消霊火堂は、安芸宮島・弥山の七不思議の一つ
に数えられている。

宮島ロープウエー獅子岩駅より徒歩約20分のところ、弥山本堂と
向かい合うように建っている。この火は広島平和記念公園の平和の
灯の元火の一つにもなった。近年では「恋人の聖地」として、永遠
に燃え続ける恋の火の象徴とされている。

弥山山頂では飲料水の販売がない。霊火堂横の売店が山頂までの
最終販売箇所となる。
分岐 弥山山頂と仁王門への分岐点
水場 飲料水の販売あり

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

おすすめルート

  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    瀬戸内海に浮かぶ世界遺産「宮島」で初日の出を迎えましょう。 下山後は厳島神社に詣でて新年気分を味わってみませんか?

「弥山本堂&不消霊火堂」 に関連する記録(最新10件)

中国
  24    8 
2020年09月19日(日帰り)
中国山地西部
  33    8 
2020年09月19日(日帰り)
中国
  23    12 
sasurai, その他1人
2020年09月05日(日帰り)
中国山地西部
  8    10 
mt_root, その他2人
2020年08月22日(日帰り)
中国
  7    18 
minoru1192, その他1人
2020年08月21日(日帰り)
中国
  65    18  2 
2020年08月20日(日帰り)
中国
  17    1 
2020年08月16日(日帰り)
中国
  94   6 
setsugekka, その他1人
2020年08月11日(日帰り)
中国
  220    7 
2020年08月09日(日帰り)
ページの先頭へ