また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

雷電山古墳(らいでんやまこふん) / 三千塚古墳群

最終更新:Tutuganasi
基本情報
標高 93.8m
場所 北緯36度05分13秒, 東経139度23分17秒
カシミール3D
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

雷電山古墳(らいでんやまこふん)は、埼玉県東松山市の三千塚古墳群内にある帆立貝形古墳である。埴輪を持つ埼玉県最古の古墳。
大谷の丘陵上、標高90メートルの雷電山山頂に築造された。後円部の最上段のみ盛り土がされ、それ以外の部分は地山を削り出して造成されている。墳丘の形状は奈良・乙女山古墳に類似する。1984年の調査で、墳丘は三段構成であること、前方部頂部に葺石が施されていること、四重の埴輪列が巡ることが明らかになった。埼玉県で最も古い埴輪の出土例である。後円部墳頂にも方形の埴輪列が確認されており、その中心に埋葬施設が存在すると思われる。主体部は粘土槨か木棺直葬と見られている。1956(昭和31)年に「三千塚古墳群」として市の史跡に指定。出土した埴輪も2004(平成16)年に市の重要文化財(考古資料)に指定されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「雷電山古墳」 に関連する記録(最新10件)

関東
  37     21 
2021年02月07日(日帰り)
関東
  209   
2020年11月06日(日帰り)
奥武蔵
  93     132 
2020年06月10日(日帰り)
奥武蔵
  27    60 
2020年05月11日(日帰り)
関東
  36    17 
yakidango, その他1人
2019年04月29日(日帰り)
ページの先頭へ