また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

猪俣の百八燈(いのまたひゃくはっとう) / 堂前山の尾根

最終更新:Tutuganasi
猪俣の百八燈?
猪俣小平六の墓へ向かう道から、百八燈
猪俣の百八燈へ寄り道。一番の見どころだから
基本情報
場所 北緯36度08分47秒, 東経139度11分25秒
山頂
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

猪俣百八燈(いのまたひゃくはっとう)とは、埼玉県児玉郡美里町猪俣の堂前山の尾根にある108の塚に、毎年8月15日の夜、若者が火をともす行事。
猪俣の百八燈とも呼ばれ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
武蔵七党の一つ、猪俣党の猪俣小平六範綱の霊を慰める行事といわれる。この行事は、各地で行われる盆の百八燈行事の中でも108の塚を築いたその上で火を焚くという点で異色であり、霊を慰めるという趣意と相まって塚信仰の様相をよく示している。数百年続いているとの説もある、伝統的な行事である。
この行事の後には花火大会が行われており、2004年からは美里夏祭り花火大会として2万人を超える観光客で賑わっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「猪俣の百八燈」 に関連する記録(最新10件)

奥武蔵
  12    13 
2020年04月28日(日帰り)
関東
  44    9 
2018年01月26日(日帰り)
奥武蔵
  35     75 
2016年05月08日(日帰り)
奥武蔵
  25     33 
2015年02月11日(日帰り)
関東
  44    34 
2014年09月21日(日帰り)
関東
  23    16 
2012年05月13日(日帰り)
ページの先頭へ