ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 阿弥陀岳北稜

阿弥陀岳北稜(あみだだけほくりょう)

最終更新者 kamog
基本情報
場所 北緯35度58分29秒, 東経138度21分40秒
冬季阿弥陀岳へのアルパイン入門ルートとしてよく登られている。行者小屋テント場をベースに中岳沢ルートに少し入り右手の尾根に乗る。樹林帯を抜ければ更に右側から支尾根が合わさりジャンクションピーク(JP)。その上部から斜度は40度以上の急な灌木混じりの雪面を登る。初心者がいる場合はここからロープを出して方がよいだろう。急雪面を50mロープで2ピッチ登ると正面に行く手を阻むように第一岩峰が出現。やや左側からアンカーに導かれて登攀し、右上バンド、そして雪面をピオレで登っていく。ピッチグレードは卦蕁椶らい。次の第二岩峰も卦蕁椶らいで直登すればちょっとしたナイフエッヂとなり、そこで登攀は実質終了。なお第一も第二も左側の雪斜面から高巻くこともできる。下山は一番早いのが中岳沢ルートだが、新雪時や雪の接合が悪い時などは過去大規模な雪崩事故も発生しているので、面倒だが中岳・赤岳分岐点まで行き文三郎尾根を下った方がよい。
山頂

阿弥陀岳北稜 (基準標高2501.7m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
-2.7
平均気温
-7.6
最低気温
-12.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 6.1 時間/日
降水量 3.1 mm/日
最深積雪 18 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

阿弥陀岳北稜
行者小屋から阿弥陀岳を望む。 今から登る北稜もバッチリ見えます。
ヘトヘトになって阿弥陀岳登頂、無人貸し切り 南稜、北稜、中央稜などバリエーションルートを楽しむ人が多いようです
1月のリベンジをかけ阿弥陀岳北稜に登りにきました
阿弥陀岳北稜の定番ショット

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「阿弥陀岳北稜」 に関連する記録(最新10件)

八ヶ岳・蓼科
  47    17 
2017年03月19日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  13   9 
2017年03月18日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
   1 
2017年03月18日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  71    21 
2017年03月18日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  48   7 
2017年03月17日(4日間)
八ヶ岳・蓼科
  59    38 
2017年03月13日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  18    15  2 
2017年03月11日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  47    15 
2017年03月11日(2日間)
ページの先頭へ