また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

赤岳(あかだけ) / 八ヶ岳

最終更新:matoyan

雄々しく聳える八ヶ岳の盟主


赤岳は長野県と山梨県の県境に位置する、八ヶ岳連峰の主峰です。日本百名山に選定されており、標高2899mです。酸化鉄による赤褐色の岩肌は山名の由来であり、鋭く立つ姿は人々を魅了します。
北峰と南峰、そのやや南に竜頭峰があります。北峰には赤岳頂上山荘があります。南峰には赤嶽神社の祠があり、四隅に小さな御柱が建っています。
山頂からは八ヶ岳連峰の山並みの他、富士山、日本アルプスの峰々、秩父山塊や浅間山を眺めることができます。

噴火と浸食が作り出した山塊・八ヶ岳


 "八ヶ岳連峰、右肩には富士山"
赤岳が属する八ヶ岳連峰は、南北約30km、東西約15kmに及ぶ山塊で、標高2000m以上のピークが20以上連なります。フォッサマグナの中央に位置する火山群であり、はるか昔には長期にわたり噴火が繰り返されました。火口を移動しながらの噴火、そして崩壊と激しい浸食により、現在の姿を形成しました。

八ヶ岳と呼ぶ由来は諸説あります。そのひとつによると、たくさんの山という意味で八百万(やおよろず)の「八」から名付けられたそうです。
また、かつては山岳信仰の霊場でした。「阿弥陀岳」「権現岳」「石尊峰」「大同心」などの名称がそれをうかがわせます。

 "横岳付近:ツクモグサ"
山域は高山植物の宝庫でもあります。ホテイランやツクモグサ、コマクサなどの希少な花を愛でることができます。
そして登山道の選択肢が豊富で、通年営業の山小屋が多いため、1年を通して登山者で賑わいます。

南北で個性の異なる八ヶ岳


 "北八ヶ岳:白駒池付近、苔むした森林を歩く"
八ヶ岳は夏沢峠を境に、北側は「北八ヶ岳」、南側は「南八ヶ岳」と呼ばれ、相違する特徴を見せます。
北八ヶ岳は、なだらかな山稜帯です。原生林の森の中、苔と湖が神秘的な雰囲気を作り出します。積雪期には樹氷の中のスノーシューハイクが人気です。


 "南八ヶ岳:主脈西側の岩壁"
赤岳を含む南八ヶ岳は、荒々しい岩峰が並ぶ男性的な山容で、アルパインクライミングのルートがいくつもあります。冬季は雪稜バリエーションや、アイスクライミングのスポットとして有名です。

岩の急登を経て赤岳山頂へ


 "地蔵尾根"
赤岳へ直接向かうルートは、大きく2パターンあります。
ひとつは、長野県側の美濃戸口からの入山で、文三郎尾根か地蔵尾根を利用します。
スタートは沢沿いの樹林帯を進みます。行者小屋は文三郎尾根と地蔵尾根の分岐です。ここからはどちらも急勾配の登りで、鉄階段と鎖場が点在します。地蔵尾根は、地蔵の頭とその手前にお地蔵様が祀られています。
主脈の稜線まで上がると山梨県側まで展望が開け、目の前に富士山が飛び込んで来ます。この御褒美のような景色は、達成感をもたらしてくれます。


 "真教寺尾根からの展望"
もうひとつは、山梨県側からの入山で、県界尾根か真教寺尾根からのアクセスです。こちらは富士山を眺めながら高度を上げることができます。どちらも終盤は鎖場が連続し、緊張が続きます。また、途中に水場と山小屋が無いため、中級者向きのルートです。

赤岳登頂から更に横岳、硫黄岳へと南八ヶ岳の主脈を縦走するルートも人気です。

ステーキがいただける山小屋「赤岳鉱泉」


 "赤岳鉱泉:ステーキが付いた夕食"

 "赤岳鉱泉:アイスキャンディ"
南八ヶ岳の北沢源流に建つ山小屋「赤岳鉱泉」は、多くの登山者に親しまれています。
通年営業で設備が充実しており、女性専用更衣室やベッドを備えた個室までもあります。
特に夕食メニューのステーキは評判で、1人ずつの鍋で焼きます。
また冬季は「アイスキャンディ」と呼ばれる人工氷瀑が登場し、アルパイン志向の登山者が集います。
赤岳鉱泉

モデルコース(文三郎尾根〜赤岳〜地蔵尾根)


1日目:3時間27分/6.6km
美濃戸口(66分)→美濃戸(赤岳山荘)(141分)→赤岳鉱泉(泊)

2日目:6時間22分/10.7km
赤岳鉱泉(42分)→行者小屋(86分)→中岳分岐(34分)→赤岳(24分)→地蔵尾根分岐(45分)→行者小屋(98分)→美濃戸(赤岳山荘)(52分)→美濃戸口
登山口 美濃戸口
美濃戸
真教寺尾根登山口
赤岳県界尾根ルート登山口
県界尾根 防火線の頭 登山口
基本情報
標高 2899.17m
場所 北緯35度58分14秒, 東経138度22分11秒
八ヶ岳の最高峰。
山頂は三つのピークを持ち、それぞれ「北峰」「南峰」「竜頭(りゅうとう)峰」と呼ばれる。
北峰には「赤岳頂上山荘」が立ち、南峰には三角点と赤岳神社の祠がある。この南峰が最高点の2.899.17mである。
竜頭峰は登山ルートから外れており、通常登頂することはないが、頂部には竜頭山の石碑と神像の台座部分が残されている。
山頂
展望ポイント

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 中級 1泊2日 八ヶ岳・蓼科
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    八ヶ岳の核心部とも言える硫黄岳-赤岳-阿弥陀岳間を歩く縦走コース。 この時期に開花する貴重な植物と豪快な展望、そして変化に富んだ山歩きを楽しみます。天候を読んで梅雨の合間の縦走を楽しみましょう!
  • ☃ 雪山 1泊2日 八ヶ岳・蓼科
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    冬の赤岳と言えば西面(美濃戸)からの入山が一般的。 入山者が少なく難易度がやや高い東面からの登山はトレースがないことが多く、自力で様々な事象に対処しながら山頂を目指すスタイルは、真の「脱初心者」に最適なルートでしょう。
  • ☃ 雪山 1泊2日 八ヶ岳・蓼科
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    新年を迎えるに相応しい展望を堪能。条件がよければ御来光と富士を望んで一年の祈願を。

「赤岳」 に関連する記録(最新10件)

八ヶ岳・蓼科
  22    13 
hrotaka, その他4人
2020年03月28日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  76     25  2 
2020年03月26日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  36    18 
2020年03月26日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  34     32 
2020年03月25日(日帰り)
甲信越
  73    22 
yositake01, その他1人
2020年03月25日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  129   24 
2020年03月25日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  64     18 
2020年03月25日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  43     61  3 
2020年03月23日(日帰り)
未入力
  
2020年03月21日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  22    3 
2020年03月21日(日帰り)
ページの先頭へ