また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

鳳来寺山(ほうらいじさん)

最終更新:genta_
基本情報
標高 695m
場所 北緯34度58分58秒, 東経137度34分58秒
山全体が国の指定・名勝天然記念物に指定されている霊山「鳳来寺山」、鬱蒼とした杉木立の中に映える鳳来山東照宮が見事である。
以前は北側に峰続きの「瑪瑙山」(695m)と指導標がある「鳳来寺山」(684.2m)とに分けていたが、国土地理院の改定により「鳳来寺山」の標高は、695mとなった。指導標がある「鳳来寺山」地点は、樹木に囲まれ、展望はきかない。北へ3分ほど進むと、展望の良い岩場がある。
山頂から東側にある、鷹打場という所も展望がよい。
愛知の130山85番目。
山頂
分岐
展望ポイント 鷹打場

山の解説 - [出典:Wikipedia]

鳳来寺山(ほうらいじさん)は、愛知県新城市鳳来寺にある山である。
旧火山帯の南端に位置する死火山であり、標高は695m。「声の仏法僧(ブッポウソウ)」(コノハズク)が棲息していることや紅葉の名所として、更に鳳来寺があることで知られる山である。
鳳来寺の本堂へは、山麓から伸びる石段(1,425段)や元有料道路 鳳来寺山パークウェイがある。登山道は、門谷からの表参道の他に大野からの東海自然歩道、湯谷温泉から湯谷峠への道がある。
1931年(昭和6年)に国の名勝及び天然記念物に指定され、2007年(平成19年)には日本の地質百選に選定された。
山には、日本一高いとされていた樹齢800年以上、樹高約60メートルの「傘杉」(かさすぎ)がある。
1935年6月7日・8日の両日に渡り、名古屋放送局は鳳来寺山でブッポウソウ(コノハズク)の啼き声を夜間生中継することに成功。これをきっかけに「声の仏法僧」コノハズクと、「姿の仏法僧」であるブッポウソウの食い違いが学術的に解明されただけでなく、鳳来寺のブッポウソウの声が名物として広く知られることになった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「鳳来寺山」 に関連する記録(最新10件)

東海
  13    6 
2018年11月17日(日帰り)
東海
  25    25  2 
2018年11月17日(日帰り)
東海
  27    9 
Day215, その他8人
2018年11月16日(日帰り)
東海
  26   6 
2018年11月11日(日帰り)
東海
  
2018年11月11日(日帰り)
東海
  32    2 
2018年11月11日(日帰り)
東海
  18    10 
harukosan, その他1人
2018年11月10日(日帰り)
東海
  49    9 
2018年11月10日(日帰り)
東海
  60    15 
2018年10月31日(日帰り)
ページの先頭へ