また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ルートWiki

竜ヶ岳 展望良好な笹原の尾根と二次林の尾根歩き(遠足尾根〜金山尾根)宇賀渓発着

日程 日帰り   7 時間    往復/周回ルート
エリア霊仙・伊吹・藤原
ジャンル無雪期ピークハント/縦走
技術レベル 2/5 ※技術レベルの目安
体力レベル 3/5 ※体力レベルの目安
見どころ 眺望あり 紅葉あり
距離/時間
[注意]
合計距離: 11.62km
最高点の標高: 1107m
最低点の標高: 248m
累積標高(上り): 918m
累積標高(下り): 905m
アクセス 車・バイク    タクシー
【駐車場】
☆宇賀渓キャンプ場
http://www.ugakei.info/

普通車 : 500円
二輪車 : 200円
自転車 : 無料

駐車料金に環境保全協力金が含まれてる。
車1台\500を払えば同乗者の分は不要。1名でも8名でも1台\500
3名以上で相乗りする場合は有料駐車場を利用した方がお得。
*自転車、タクシーで訪れた場合で登山をする人は環境保全協力金200円が一人ずつ必要。


★落合橋駐車場
駐車料金無料
ただし環境保全協力金¥200は必要
*有料駐車場を利用せず落合橋の無料駐車場を利用した場合で登山をする人は環境保全協力金200円が一人ずつ必要。


*BBQ利用の場合は協力金は不要。


最寄り駅:三岐鉄道大安駅



【コンビニ】
★大垣、関が原方面(R365, R306)
ミニストップ治田店(ラスト)
サークルK北勢あげき店

★四日市、鈴鹿方面(R306)
セブンイレブン菰野町千草店(ラスト)
サークルK菰野千草店

★四日市、鈴鹿方面(県道140号線通称ミルクロード)
ローソンいなべ大安店(ラスト)
サンクス大安いしぐれ店

★桑名、愛知方面(R421)
ローソンいなべ大安店(ラスト)
コースタイム 宇賀渓キャンプ場駐車場 ---(25分)--- 遠足尾根登山口 ---(60分)--- 遠足尾根・新道(大日向)分岐 ---(20分)--- 遠足尾根・大鉢山分岐 ---(40分)--- 遠足尾根・裏道分岐 ---(10分)--- 金山尾根降り口 ---(10分)--- 治田峠分岐 ---(20分)--- 竜ヶ岳 ---(15分)--- 治田峠分岐 ---(10分)--- 金山尾根降り口 ---(20分)--- 金山尾根展望台(No.160) ---(45分)--- P587 (No.172) ---(20分)--- 金山尾根入口 ---(10分)--- 竜ヶ岳裏道登山口 ---(20分)--- 宇賀渓キャンプ場駐車場

ルート説明:
遠足尾根で眺望を楽しみながら尾根歩きの登り、下山は森林浴を楽しみながら金山尾根を利用するルート。

【遠足尾根】上り
・他のルートに比べて視界が開けるのが早く見晴らしのよい稜線歩きが楽しめる尾根で、積雪期は一番長く雪道を歩ける、スノーシューハイクを楽しめるルート。
・午後から曇る予報の時など早めに眺望を楽しみたい場合や長く尾根歩きがした方に登りで選択するのがオススメ。
・デメリットは笹原の区間が長いので直射を受けやすく暑い日は水分補給と熱射病対策が重要になります。


【金山尾根】下り
・傾斜が全体的に平均的で比較的歩きやすい尾根ルート。
・ほとんどが樹林帯のため眺望は少なめですが反面、強い日差しを避けられ森林浴が気持ちのいいルートです。
・メジャールートになってから日が浅い(2013.3月正式オープン)のでしっかり踏まれていない、歩きにくい箇所もありますが杉林が少なく二次林の登山道を長く楽しめます。
・デメリットは上部ほど踏み跡がハッキリしてなくて歩きにくい箇所があり、特に雨天、雨上がりなど地面がぬかるんでいる時に滑りやすくなります。


共にガレ場がありますが比較的堅いガレで傾斜もきつくないので難なくクリアできると思います。


*竜ヶ岳に登る際は宇賀渓観光案内所で宇賀渓登山道マップをもらってください。タダです。

*竜ヶ岳の登山道には位置確認No.の札がつけられていて、マップの位置確認Noと照らし合わせる事で現在地を把握できます。「山と高原地図」や国土地理院発行の1/25,000地図よりも頼りになります。

*位置確認No.の札は一部どっか飛んでったのか無くなってる箇所もあります。

*宇賀渓でもらえる地図にしても「山と高原地図」にしても登山道の崩落等で一部で実際のものとは異なる場合があります。

ルート詳細
1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 (250m) [詳細]
1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場 1. 宇賀渓キャンプ場駐車場
最初のY字は右へ。アーケードをくぐります。
橋を渡ってトイレと吊橋が見えてきたら自由テント村です。
2. 自由テント村 [詳細]
川原のフリーサイトです。奥に見えるのが御所滝です。
2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村 2. 自由テント村
遠足尾根登山口までは北河内林道と呼ばれる林道でアスファルトやコンクリで舗装されてたり、砂利だったりする道です。
途中に「竜の雫」という水場があります。
水質検査もパスしています。軟水でコーヒーに利用すると美味しいそうです。
お湯を沸かす予定があるならここの水を汲んでいくといいでしょう。
3. 遠足尾根登山口 (326m) [詳細]
3. 遠足尾根登山口 3. 遠足尾根登山口 3. 遠足尾根登山口
新道分岐まで杉林の急登です。よく整備されていて急登といえども踏み跡はしっかりしていて、コースレイアウトを小刻みに九十九折にする事で傾斜も緩和してくれてます。
4. 岩山展望台 (634m) [詳細]
杉林に突如現れる岩山です。展望が開けていて空気が澄んでいれば遠くは伊勢湾口の神島も見えます。
4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台 4. 岩山展望台
ロープが張られた岩尾根があります。
新道分岐まではあとわずかです。
5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐 (730m) [詳細]
大日向へ向かう旧道との分岐点で遠足尾根です。
すぐ近くに位置確認No.137があります。
旧道はバリエーションルートになるので一般的には利用されません。
5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐 5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐 5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐 5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐 5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐 5. 遠足尾根・新道(大日向)分岐
尾根歩きの始まりです。
二次林の下を歩きます。秋は紅葉が綺麗です。
6. 遠足尾根・大鉢山分岐 (800m) [詳細]
大鉢山へのルートとの分岐点になります。
すぐそばに位置確認No.133があります。
大鉢山へはバリエーションルートとなり宇賀渓キャンプ場へは戻れなくなるので下山時は注意が必要です。
積雪期はこの分岐を境に積雪量が一気に増えます。
6. 遠足尾根・大鉢山分岐 6. 遠足尾根・大鉢山分岐 6. 遠足尾根・大鉢山分岐 6. 遠足尾根・大鉢山分岐
最初は山腹道を進み、くぼんだ溝状の登山道になります。
雨が降ると水が流れてドロドロになり滑りやすくなります。
春はショウジョウバカマやヤマツツジ、5月にはシロヤシオが、秋は紅葉が綺麗です。
7. ヤセ尾根ガレ (843m) [詳細]
短い距離ですがヤセた尾根です。
注意しながらゆっくり進めば難なく通過できます。
7. ヤセ尾根ガレ 7. ヤセ尾根ガレ 7. ヤセ尾根ガレ 7. ヤセ尾根ガレ 7. ヤセ尾根ガレ 7. ヤセ尾根ガレ
最初に左側が開けて竜ヶ岳の頂が見えるようになります。再び樹林帯に入ってまた抜けたあと、No.128を過ぎて坂を登りきると両側の視界が開けて展望良好となります。
8. 遠足尾根展望良好 (936m) [詳細]
麓側に広く開けた場所です。標高が低いので麓の街並みを間近に感じられます。
8. 遠足尾根展望良好 8. 遠足尾根展望良好 8. 遠足尾根展望良好 8. 遠足尾根展望良好
ここからは笹原の広い稜線歩きになります。
積雪期には広大なスノーシューフィールドになります。
9. 遠足尾根・裏道分岐 (980m) [詳細]
ホタガ谷の裏道との合流点になります。
近くの木に位置確認No.124があります。

眼下に広がる裏道の通る谷が日本百名谷のホタガ谷です。
9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐 9. 遠足尾根・裏道分岐
裏道分岐から金山尾根分岐までは距離は短いですが急登となります。
積雪期は非常に登りがいのある直登コースとなります。
10. 金山尾根降り口 (1034m) [詳細]
金山尾根との合流点です。
10. 金山尾根降り口 10. 金山尾根降り口 10. 金山尾根降り口 10. 金山尾根降り口 10. 金山尾根降り口 10. 金山尾根降り口 10. 金山尾根降り口
分岐をすぎてすぐにまた竜の頂が姿を現します。今までとは違って迫力のある山容です。
シロヤシオ群を抜ければ治田峠分岐です。
11. 治田峠分岐 (1030m) [詳細]
県境三叉路とも言われ藤原岳へと続く縦走路との分岐点です。
位置確認No.13です。
または「石榑峠〜銚子岳5番」

以前はイケノヒラと呼ばれていたそうです。
11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐 11. 治田峠分岐
山頂まではシロヤシオの群生地を抜けていきます。
笹の間とも呼ばれています。
5月にはシロヤシオが咲き乱れいわゆる羊の放牧地となります。
12. P1053 (1053m) [詳細]
笹の間にある小ピークです。
登山道沿いではないので通常は通りませんが積雪期はここにトレースがつく事があります。
登山道に比べてちょっとだけ余分にアップダウンしますがシロヤシオ越しに竜ヶ岳の山容を楽しめます。
笹原の頂に伸びる登山道が竜のようにも見えます。
12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053 12. P1053
山頂へは最後の急登が立ちはだかりますが山頂もすぐそこと思えば力も沸いてくるでしょう。
13. 竜ヶ岳 (1099m) [詳細]
遮るものが一切ない360°のパノラマが楽しめる山頂です。
13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳 13. 竜ヶ岳
5月のシロヤシオ開花の時季は羊の放牧地を眺めながら下山する事になり非常に楽しい下山となります。
14. 治田峠分岐 (1030m) [詳細]
14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐 14. 治田峠分岐
15. 金山尾根降り口 (1034m) [詳細]
笹原にポツンと標識が立っています。
15. 金山尾根降り口 15. 金山尾根降り口 15. 金山尾根降り口 15. 金山尾根降り口 15. 金山尾根降り口 15. 金山尾根降り口 15. 金山尾根降り口
しばらくは緩やかな尾根歩きです。
16. 金山尾根展望台(No.160) (895m) [詳細]
木の間から竜ヶ岳の頂を望む事が出来ます。
16. 金山尾根展望台(No.160) 16. 金山尾根展望台(No.160) 16. 金山尾根展望台(No.160) 16. 金山尾根展望台(No.160)
急坂の始まりです。
まだよく踏まれていないため、踏み跡が不明瞭だったりぬかるんでいる時は滑りやすい箇所もあります。
17. 金山尾根展望台(No.169付近) (642m) [詳細]
麓側に開けた場所ですが標識は何もなく、注意していないと見落として通過してしまいます。
といってもそれほど視界が開けてるわけでもありませんが。
細い尾根がいくつかありますが歩きやすいです。
18. 蛇谷分岐 (金山尾根) (609m) [詳細]
ジャ谷への分岐点ですがジャ谷ルートは沢登り用なので一般登山者は通行禁止です。
18. 蛇谷分岐 (金山尾根) 18. 蛇谷分岐 (金山尾根) 18. 蛇谷分岐 (金山尾根) 18. 蛇谷分岐 (金山尾根)
19. P587 (No.172) (587m) [詳細]
国土地理院に記載されている小ピークです。
19. P587 (No.172) 19. P587 (No.172) 19. P587 (No.172) 19. P587 (No.172) 19. P587 (No.172) 19. P587 (No.172)
20. 金山尾根見晴らし(山頂側) (575m) [詳細]
山頂側に開けた場所です。特に標識はなく、下山の場合は後ろ側が視界が開けるので気づかずに通過してしまう事もあります。
竜ヶ岳の山頂付近がよく見えます。
急坂を九十九折に下ります。
21. 金山尾根入口 (400m) [詳細]
金山尾根の起点です。表道と合流します。
21. 金山尾根入口 21. 金山尾根入口 21. 金山尾根入口 21. 金山尾根入口
岩肌をへつる箇所が何箇所かありますが数m程度です。
22. 魚止滝 (322m) [詳細]
登山道沿いではなく、登山道からも見えませんが登山道から数分で寄り道できます。
「魚止滝(行き止まり)」という小さな標識が目印です。
22. 魚止滝 22. 魚止滝 22. 魚止滝 22. 魚止滝
魚止滝の分岐をすぎて青い橋「魚止橋」を渡り、銀色の吊橋「白滝吊橋」を渡ります。
23. 白滝 (二筋の滝) (310m) [詳細]
銀色の吊橋「白滝(白竜)吊橋」の上流に見える滝です。
ホタガ谷の最後の滝で宇賀渓本谷に出合います。
23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝) 23. 白滝 (二筋の滝)
吊橋を渡って木の階段を上がれば裏道登山口です。
24. 竜ヶ岳裏道登山口 (332m) [詳細]
日本百名谷のホタガ谷を抜ける裏道の登山口です。
そばに東屋があります。
24. 竜ヶ岳裏道登山口 24. 竜ヶ岳裏道登山口
裏道登山口からは北河内林道と呼ばれる林道でアスファルトやコンクリで舗装されてたり、砂利だったりする道です。
25. 遠足尾根登山口 (326m) [詳細]
裏道登山口から数分です。
通過します。
25. 遠足尾根登山口 25. 遠足尾根登山口 25. 遠足尾根登山口
途中に「竜の雫」という水場があります。
喉を潤したり手や靴を洗うといいでしょう。
26. 自由テント村 [詳細]
吊橋とトイレがあります。
トイレは冬季は閉鎖されてます。
26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村 26. 自由テント村
橋を渡ればもうすぐです。
27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 (250m) [詳細]
ゴールです。
登山届けに下山時刻を記入し「下山」に丸をして係りの人に渡しましょう。
お疲れ様でした。
案内所の前の流しで靴が洗えます。
27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場 27. 宇賀渓キャンプ場駐車場


Web Services by Yahoo! JAPAN

now loading ...
このルート作成・編集の貢献メンバー:

お気に入りに登録:

※ヤマレコにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。

「竜ヶ岳 展望良好な笹原の尾根と二次林の尾根歩き(遠足尾根〜金山尾根)宇賀渓発着」 に関連する記録(最新10件)

もっと見る

近畿
  64   12 
2019年06月17日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  34    17 
2019年06月17日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  47     11 
oriemiyatori35Ellie-, その他7人
2019年06月09日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  22    13 
dopaminetia, その他3人
2019年06月09日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  20    18 
2019年06月06日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  15   9 
2019年06月06日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  17    5 
2019年06月02日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  31    15 
NTA952, その他1人
2019年06月01日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  4   
2019年06月01日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  32    12 
masu-hiro, その他1人
2019年06月01日(日帰り)

もっと見る
ページの先頭へ