ヤマレコ

HOME > ヤマノート > スマホ4機種のGPS精度調査
更新日:2017年04月20日 訪問者数:23573
ジャンル共通 IT
スマホ4機種のGPS精度調査
keizi666
iPhone7、XPERIA Z5 compact、arrows M03を沢に沈めて写真を撮ってみました。
高尾山で精度チェック
スマホ4機種を高尾山でテストしてきました。

■Apple iPhone7 
使用アプリ:ジオグラフィカ
・防水防塵対応。
・気圧計搭載でGPSと連動している為高度の計測が正確。

■Sony XPERIA Z5 Compact
使用アプリ:ジオグラフィカ
・防水防塵対応。
・気圧計は搭載しているが、OSレベルでGPSと統合されておらず高度計算には使われない。

■富士通 arrows M03
使用アプリ:ジオグラフィカ
・MIL規格対応のタフネススマホ。
・3万円前後のミドルレンジという事になっているが、CPU性能はそんなに高くない。
・M02でよく割れると評判の有機ELを辞めて液晶に戻っている。

■HUAWEI P9
使用アプリ:アルパカナビ
・HUAWEIのフラッグシップモデル(実売5万円ほど)。
・高級感のあるデザイン、ボディ、ライカのカメラなどが特徴。
今回のコース
京王線高尾山口から6号路に入ります。6号路は山頂までほとんどの道が谷間で、GPSが苦手とするコースです。琵琶滝など沢沿いを進み、最後稜線に乗ったら山頂までもうひと登りです。

歩いた事がある人は知ってると思いますが、6号路の谷はかなり狭いです。ここで正確にプロット出来るなら大したものだと思います。

山頂で少し休憩後、4号路に入ります。4号路は高尾山北東側の山腹をトラバースして吊り橋を渡り、薬王院を参拝し、1号路を下ります。

ケーブルカー高尾山駅手前で6号路に向かう2号路に入り、琵琶滝で6号路に合流。高尾山口駅まで戻ります。

6号路、4号路、2号路と、GPSが苦手とするコースを選びました。
Apple iPhone7
4機種の中では最も正確に登山道をトレースしています。谷間でも稜線でもピタッと正確に記録されており、なんの不満もありません。

特に6号路の谷筋で登山道をほとんど外していないのは驚異的です。GPSは谷や沢に弱いというのが定説ですが、もはやそんな定説すら覆す精度です。
高度のグラフも非常に滑らかです。さすが気圧高度計搭載。国土地理院のデータを使って計算した場合、累計高度は登り下り600mですが、iPhone7は登り562m、下り598mとなりました。

グラフの最初の部分でグイッと下がってますが、そこで気圧と高度の補正をしていたのかも知れません。
Sony XPERIA Z5 Compact
全体的に正確で、6号路の谷間も4号路のトラバースも正確に記録されています。

iPhone7には劣りますが、谷筋でここまで正確に測位出来るなら十分でしょう。
高度のグラフも安定していますが、カシミール3Dが表示する累計高度は800mと、実際の600mより多めに出ています。

ジオグラフィカで計算した場合はある程度高度の値を丸める処理が入っているので累計高度は600mくらいになります。
富士通 arrows M03
主に谷間でのログが粗めになっており、位置もややズレていたり、正確とは言えません。間隔が広く、カクカクしてしまっています。

ジオグラフィカはGPS精度が悪い座標を記録しないようしたり、精度が悪い時は精度が上がるのを待ったりします。そのため記録間隔が開き、カクカクしたログになります。
高度のグラフもギザギザしており、ジオグラフィカの集計で高度を丸めても1100mと、実際の倍近い値になってしまいました。いくら何でも高度の精度が悪すぎます。

arrows M03は堅牢性の高さはいいのですが、GPSの精度はイマイチと言わざるを得ません。

CPUの性能やGPSの精度などは、およそ2万円くらいのスマホに相当する感じです(体感で)。2万円のスマホにMILスペックの防水性能を付けて3万5千円とした、というのがarrows M03かなというのが今のところの評価です。

同じ価格帯のhonor8(4万円程度)がP9(5万円程度)に迫る高性能なので、M03の性能とコスパはイマイチです。3万円切ったら買ってもいいかなって感じです(1台だけ持つならXPERIAが良いと思いますが)。
あまりにヒドイので上のログは編集済みのものなのですが、大きく座標が飛んでしまった箇所がありました。高尾山の山頂にいたのですが、4kmほど北にプロットされてしまいました。

この時のGPS座標精度は半径16mでしたから、正確な位置としてこの4km北を渡してきたという事です。

ジオグラフィカはシステムが渡す座標精度を信用して記録しますから、半径16mと言われればそれを記録します。

そういう意味で、arrows M03のこの挙動はかなりヒドイと言えます。あまりやりたくないんですが(普通のスマホはこういう挙動しませんから)、ログをクリーニングするプログラムを書かなきゃならないかも知れません。

富士通さん、ちゃんとしたスマホを作ってください。

ちなみにこういう座標はトラックログから削除する事で、上に載せた様な『マシ』なログになります。それでも正確とは言えませんが。
HUAWEI P9
これまでのテストではそんなにいい結果を出しておらず、値段の割に普通レベルのGPS精度だなと思っていたのですが、今回はかなり正確なログを記録しました。

iPhone7ほどではありませんが、XPERIAレベルにはなっていると思います。

端末自体の性能も非常に高く、現在持っているAndroidスマホでは最高の部類に入ります。カメラの写りもよく、指紋認証は最高精度。これが実売5万円というのは驚きのコストパフォーマンスです。

防水でないのが残念ですが、スマホとしての性能は非常に高く、選んでも後悔しないでしょう。
アルパカナビを使っているので、GPS高度ではなくコースデータからの補正を受けています。P9単体の性能ではありません。

高度の精度が低いM03は、ジオグラフィカより補正を受けられるアルパカナビを使った方がいいのかも知れません。
おまけコラム:バッテリー消費
スマホをGPS端末として使った場合のバッテリー消費は、およそ下記の様になります。

■条件
・機内モード
・トラックログを記録する
・たまに画面を開いて現在地やルート情報を確認し、あとはスリープにしておく
・iPhone版はジオグラフィカの『一般設定→GPS精度』を『省エネ』に設定した状態。
■iPhoneの場合
5、5s、SEなどの4インチモデル→1時間に5%くらい。満充電から20時間
6,6s、7などの4.7インチモデル→1時間に4%くらい。満充電から24時間程度
plusシリーズなど5.5インチモデル→1時間に3%くらい。満充電から35時間程度

plusシリーズは大きくて邪魔ですがバッテリーは大容量で長持ちします。

■Androidの場合
機種やOSのバージョンにもよりますが、およそ1時間で75mAhの電力を消費します。
なので、3000mAhのバッテリーを積んでいる機種なら計算上は40時間保ちます。
今回のテストではXPERIA Z5 Compactの消費量は1時間に3%でしたから、33.3時間保つ計算となります。

2000mAh程度のバッテリー容量でも24時間は保つので、バッテリー消費についてはGPS専用機を越えています。厳冬期の場合は特に、単三乾電池は使用時間が大幅に短くなります(アルカリで7割減、ニッケル水素で3割減。25時間使うには使い捨てのリチウムイオン乾電池が必要)。

結論:スマホは特性を理解して使えば長時間ログを記録する事が可能です。バッテリー残量の管理と、モバイルバッテリーによる適切な充電を行なってください。Android端末は寒さに強いものが多いので、XPERIAなど堅牢な機種を選べば厳冬期の3000m峰でも使えます。

操作は、手袋モードもありますがタッチペンを推奨します。メーカーの保証温度外なので自己責任となりますが、使用実績はあります。私はこれまで山でスマホを壊したことはありません(14台のスマホを持ってますが日常含め壊したことはありません)。

最新スマホ3機種による冷凍実験
https://www.facebook.com/geographica.iphone/posts/1170597409699616

スマホはどの程度低温に弱いのか実験!
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1497

雪山でスマホを使う場合の傾向と対策
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1423

登山におけるスマホGPSの誤解
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1270

なお、画面の見え方は端末の輝度設定に依ります。自動調光設定の場合は、明るいところでは画面も自動で明るくなるので、日中の屋外でもちゃんと見えます。もし見えにくいなら輝度を上げるか、自分で陰を作って見てください。
まとめ
iPhone7はさすが最新のiPhoneだけあって、位置も高度もかなり正確でした。耐寒性能に多少目をつむれば、登山に使うスマホをとしてはなかなかいいと思います。

XPERIA Z5 CompactはGPS精度もなかなかよく、防水防塵、厳冬期でも使える耐寒性能(個人的な実験の結果によります)、1時間3%程度の省エネ性能など、かなり登山向きのスマホとなっています。

M03は確かに頑丈だし防水防塵なのはいいのですが、肝心のGPS精度がイマイチです。特に高度の精度が悪く、アプリ内でも高度を丸めるなど、高度の安定化処理を行なっていますが、それを越える低精度となっています。ファームウェアの改善でどうにかなるのなら、是非頑張っていただきたいところです。

P9は期待以上に正確なログを残すことが出来ました。ただし、高度についてはアルパカナビの補正を受けているため正確には評価対象外となります。

■GPS精度ランキング
1.iPhone7
2.XPERIA Z5 Compact
3.P9
4.arrows M03

■登山用として使えるランキング
1.XPERIA Z5 Compact
2.iPhone7
3.P9
4.arrows M03

現在の評価としてはこういう感じになりました。やっぱXPERIAは良いですね。防水、耐寒、GPSの省電力性により、登山向けとしてはXPERIAが最高かなと判断しました。iPhone7も防水でGPS精度は正確なんですけどね。寒さに弱い点が雪山登山をする人には気になるかと思います(無雪期しか登らないなら関係ありませんが)。

■arrows M03は、頑丈で安いけどGPS精度はそこそこ
最下位のarrows M03でも位置は判りますから、まるっきり使えないわけではありません。ただ、正確なデータを求めるならもっと高精度のスマホを選んだ方がいいです。累計高度など、集計データに興味がなければarrows M03でもいいと思います。位置は判りますから。安くて頑丈なスマホが欲しいという方には良いと思います。ただし、GPS精度には過度な期待をしないでください。『まぁこんなもんか』と思っていれば、そんなもんです。

■スマホの性能は価格次第
結局、GPSの精度はスマホの値段次第となります。iPhoneやXPERIAは高精度ですが価格が高く、最新モデルは8万円〜10万円程度します。防水にこだわらなければ、HUAWEIのスマホは3〜4万円程度でなかなか高性能です(当方が持っているのはP9ですが)。

防水の機種だと、5万円くらい出さないとGPS精度が高い機種は手に入らない印象です(2016年10月現在)。arrows M03の内部スペックからすると、CPUやメモリ、GPS精度は2万円クラスの機種と同程度に感じます。そこに防水防塵などの頑丈さとワンセグやおさいふケータイなどを足して3万5千円という感じでしょう。この価格帯の機種に高精度GPSを求めるのは無理があるのかも知れません。

防水で5万円だと、中身の価値が3万5千円程度。このくらいだとGPS精度も期待できそうです(あくまで傾向なので、値段が高くて低精度な機種もあれば、安くて高精度な機種も中にはあると思います。当方も14機種しか持ってないので)。

■型落ちスマホも良いと思います
XPERIA Z3など、ちょっと古めの高級機を安く買うという手もあります。iPhoneだと5sくらいなら安く買えます。5sは防水ではありませんが本体が小さいので防水ケースに入れもコンパクトですから、山で使う時だけ防水ケースに入れておくのもよいでしょう。

問題は、XPERIA Z3シリーズは人気があってあまり価格が下がらないんです。1年半前に4万円を切る程度だったのですが、その後値段が上がって現在は5万円を超えています。2年前の機種とは思えない値段です。

私は持ってないのでGPSの評価出来ないのですが、シャープのAQUOSや京セラのDIGNOなど、様々な防水スマホがあります。デザインの好みや予算と相談しながら機種を選んでください。
訪問者数:23573人
-
拍手

keizi666さんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

13K
登録日: 2013/10/17
投稿数: 33
2016/10/3 20:12
 Xperia Z5 compact SO-02H
Xperia Z5 compact SO-02H でヤマレコMAPを使ってみました。
電池節約のため機内モードにしたところ、現在位置を捕捉できないようで、
ログが殆ど取れませんでした。
登山口で機内モードを選択した直後に現在位置を見失う様です。
ヤマレコMAP等を使う際は機内モードにしないのが良いのでしょうか?
あるいはGPSの調子が悪いのでしょうか?
ちなみにアルパカナビをインストールしたのですが、
「準備と計画」を選択すると、何故かアプリが終了します。
インストールに失敗しているのでしょうか?
登録日: 2010/12/2
投稿数: 154
2016/10/4 4:07
 Re: Xperia Z5 compact SO-02H
ヤマレコMAPは私が作ったアプリではないので判りません。ヤマレコさんにお問い合わせ下さい。

当方のアプリでは、機種問わず機内モードでも問題なくログを記録出来ています。ただ、XPERIAシリーズはたまに本体のGPSサービスが停止してしまい、アプリ問わず測位出来なくなる現象が起こることがありました。本体を再起動すれば直ります(再起動後にジオグラフィカなどを起動すれば動作を再開します)。再起動で直る以外の事は判っていません。なお、Android6.0にしてからは、当方のテストでは起こっていません。

アルパカナビについては、当方のXPERIA Z5 Compact(グローバル版 Android6.0.1)にGooglePlayからインストールしましたが問題なく動作します。と、一つ思いついたので『準備と計画』のボタンを連打したらアプリが落ちました。ボタンは1回押したらそのまま待って下さい。

次のバージョンで対応します。
13K
登録日: 2013/10/17
投稿数: 33
2016/10/4 21:08
 Re[2]: Xperia Z5 compact SO-02H
返信ありがとうございます。
機内モードでもログの記録ができる筈ですよね。
当方の Xperia Z5 compact SO-02H は Android6.0 かどうかは不明ですが、
山の中、機内モードでGPSが役に立たないので、docomo ショップ に入院中です。
(docomo ショップの方は山の中ではGPSの電波が弱い?ので…とか言っていましたが)
ちなみに代替機の Fujitsu ARROWS Tab F-03G は機内モードにしなくても
山の中ではGPSの誤差が大きすぎです。
なお Fujitsu ARROWS Tab F-03G ではアルパカナビの「準備と計画」を選択しても
アプリが落ちることはありません。
登録日: 2010/12/2
投稿数: 154
2016/10/5 9:52
 Re[3]: Xperia Z5 compact SO-02H
「山の中ではGPSの電波が弱い?ので…」というのはウソですw。結構な谷間でもちゃんとZ5Cでログ取れてますので。

ARROWS Tab F-03Gは発売当初9万円くらいしたはずですがGPS精度悪いですか。富士通さんはもうちょい頑張って欲しいですね。F-03Gでも準備と計画を連打すれば落ちると思いますが、機種によっては動作タイミングによって落ちないかも知れません。こちらでのテストでは連打で落ちます(対策済みなので次回アップデートで直ります)。
登録日: 2010/12/2
投稿数: 154
2016/10/5 17:30
 Re[3]: Xperia Z5 compact SO-02H
ちなみに、スタミナモードはオフにしてますよね?ジオグラフィカで2回テストしてみましたが、スタミナモードの場合は途中でログが記録されなくなる現象が起きました。SIMなしです。

これまでSIMなしでも機内モードでも目立った問題はありませんでしたが、スタミナモードの場合は悪影響がある場合があります(おそらく一度も画面を開かなければ最後まで記録されたと思います)。

という事で、バッテリー消費の設定をお確かめください。

↓詳しい検証内容はコチラ
https://www.facebook.com/geographica.iphone/posts/1183626961729994:0
13K
登録日: 2013/10/17
投稿数: 33
2016/10/6 8:07
 Re[4]: Xperia Z5 compact SO-02H
色々ご教示ありがとうございます。
Xperia が退院したら試してみます。
登録日: 2011/7/12
投稿数: 37
2016/11/16 17:23
 参考までに補足
arrows M03を購入後、ヤマレコMAPをインストールして居住地周辺を散歩してみましたがやはり悲しくなるくらいデータの飛びがひどくて、御世辞にもきれいなデータは取れませんでした。しかし「GPS Status & Toolbox」というアプリをPlayストアから検索してインストールすると精度が劇的に改善しました。このアプリは評価4.5がついています。試す価値ありだと思います。また¥190追加してPROタイプにグレードアップするとさらに感度が向上しました。ご参考まで。
登録日: 2010/12/2
投稿数: 154
2016/12/12 12:25
 Re: 参考までに補足
M03は位置情報サービスの初期設定がなぜかGPS衛星を使わない設定になっているので、それを知らずに使うと全然まともに測位しません。ジオグラフィカは起動時にチェックして、GPS衛星を使うようにアラートを出すようにしています。
ページの先頭へ