ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 乾燥野菜「トレハロース」
更新日:2017年04月10日 訪問者数:502
ジャンル共通 山ごはんレシピ
乾燥野菜「トレハロース」
yoshikung
テント泊の時に使う乾燥野菜が欲しくて、買おうと思って色々探していたところ、ブドウ糖を添加して乾燥してると書いてありました。
うちにはケーキ材料のトレハロース「以下 トレハ」があったので、もしかしたらと思って「トレハロース 乾燥野菜」で検索したら、林原さんのサイトがヒット。動画で見られます。
http://treha.jp/laboratory/
上から4つめがキャベツの乾燥
1番上はドライフルーツの作成

材料がすでにそろっているので作ってみることにしました。
計量
家庭菜園のほうれん草758g
固そうな茎は省いてあります。
トレハ投入
水2リットル、トレハ50グラムぐらいにしました。
適量は不明
煮る
少ししんなりするぐらい
乾燥器へ
適当な大きさにカットして入れます。
広げて乾燥させると取り出し時に割れやすい。

食器洗い乾燥機で乾燥だけしました。
12〜16時間ぐらいかかります。(ほうれん草)
ひとかけらを大きくすると乾燥まで長くかかります。

※ 生の人参、ゴボウ、エリンギを薄く切ったものは3時間ぐらいで乾燥しました。
温度
専用機ではないので温度指定はできません
計測したら61℃でした。
食洗器なので最長61分しか指定できない。
1時間ごとに電源オンして乾燥することになります
完成品
からからに乾いたら完成
重さ
約10分の一の重さに
加熱なしの場合
生のほうれん草を加熱しないでトレハをまぶし、揉んで乾燥させたもの。
このほうが色はいいです。調理に使った時の色もいいですが、葉っぱの形状で乾燥するのでかさばります。ペラペラで乾燥直後は割れやすい。
初めてやったので試行錯誤中です。
トレハの量をもっと多くするとか、乾燥直前にもトレハをまぶすとかの品質を良くする方法があると思います。
時間考えると買ったほうがいいですね。
野菜が大量にある方はまとめて作り置きするといいかもです。
トレハロースの甘味は砂糖の半分です。
あまり味には影響を感じませんでした。
カップに熱湯を入れた程度ではなかなか戻りません。5分〜8分ぐらいかな。
沸騰させるとかなり早く戻ります。

とりあえず結論
乾燥野菜より生野菜から調理したほうがおいしい。
登山時は保存性が良くて軽いほうがいい。
ドライフルーツも作りたくなりました。
天気がよければ天日干しでもできそう
訪問者数:502人
-
拍手

yoshikungさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ