ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 道ばたの花(9)
更新日:2017年05月21日 訪問者数:458
ジャンル共通 その他
道ばたの花(9)
GON56
マツバウンラン【松葉海蘭】
オオバコ科マツバウンラン属
北アメリカ原産の帰化植物。
葉の形が松の葉に、花がウンランに似ていることから付けられた名。
繁殖力が強く、しばしば厄介者として嫌われる。

花期は4-6月
群生した様は壮観
トキワハゼ【常磐爆】
ハエドクソウ科サギゴケ属
葉がほぼ一年中あって(常葉)、さらに果実がはぜることから付けられた名。
その名の通り冬期以外は花を見ることが出来る。
上唇が小さく二つに裂ける
ムラサキサギゴケ【紫鷺苔】
ハエドクソウ科サギゴケ属
トキワハゼによく似た花を付けるが、こちらの方がやや大ぶり。
花が紫色でサギ(鷺)に似ていることから。
トキワハゼは一年草だが、ムラサキサギゴケは多年草。
地上近くを這って伸びる匍匐枝を出して広がっていく。
トキワハゼは匍匐枝を出さない。

花期は4〜6月
上唇の切れ込みは深い
コバンソウ【小判草】
イネ科コバンソウ属
ヨーロッパ原産の帰化植物。
明治時代、観賞用として移入されたものが野生化し、各所に広がっている。
小穂の形が小判に似ていることから。
別名タワラムギ【俵麦】

花期は5〜7月
若い花穂
ヒメコバンソウ【姫小判草】
イネ科コバンソウ属
ヨーロッパ原産の帰化植物。
コバンソウよりはるかに小さい逆三角形の小穂を付ける。

花期は5〜7月
訪問者数:458人
-
拍手

GON56さんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ