また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > ガスバーナの種類と比較ー火力ムラを考える
更新日:2018年09月26日 訪問者数:974
ジャンル共通 山道具・装備
ガスバーナの種類と比較ー火力ムラを考える
yhon_da
きっかけは鍋の悲劇
鍋が好きです。特に冬の山ではよく鍋を作ります。ある日鍋が煮えて一口食べてびっくり、まだ肉凍ってる。。。
中心はなべ底が焦げつつあるのに、外側は肉に火が通っていない。なんでこんなことが起きるの?よりおいしい鍋に向けた研究が始まりました。
バーナヘッドの種類は大きく分けて3種類
火口は大きく分けると3種類、広型、小型直噴、小型拡散。今回の実験はこれら三種類の違いを調べてみる実験。
参加選手の紹介
左上:小型拡散:BRS-3100T 中華製1500円 25gすげえ時代になったもんだ ※1
右上:小型直噴:Tomshoo  型式不明 中華製 980円 97g epiのQuo stoveに似て、、、
左下:小型拡散:P153    万能選手最初の一台によく進められるそうです
右下:広型  :P173    今は廃盤だけど、たためる広型としてなかなか重宝してます

※1 BRS-3100Tは実験中に危険なことがわかりましたのでその後廃棄しました。。。
湯沸し実験
手持ちのニトリのフライパンで湯沸しムラを実験。
鍋底からはみ出さない程度の火力で比較。
山用の鍋はもうちょっとぺらぺらなので、ムラは顕著になると思います。
直噴はムラがすごい。。。
小型拡散は両者許容範囲かなあ。
広口はさすがの均一。
焼きムラ実験
山でウィンナーをきちんと焼くために必要な力焼きムラの実験
真ん中焦げてるのに、端が冷えてるウィンナーは残酷です。
小型拡散は二種類で結構差が顕著に出た印象。小型拡散は選んで買わないとなあ。
小型直噴は焼くのには向いてない。
やっぱり焼くなら広口がいいかなあ。
まとめ
煮るより、焼くほうが火力ムラにシビアなんだなあという印象。あと小型拡散は製品によって差が出やすいのかもしれません。選ぶときに注意が必要です。
騒音とか耐風製の違いも計測しているのですが、また別のトピックで。
訪問者数:974人
-
拍手

yhon_daさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/27
投稿数: 82
2018/9/27 14:11
 RE: ガスバーナの種類と比較ー火力ムラを考える
こんにちは。

オーナー(BRS-3000T)としては下記が気になります。

※1 BRS-3100Tは実験中に危険なことがわかりましたのでその後廃棄しました。。。

どんな危険があったのでしょうか?
ちなみに、自分がこの製品で危険を感じたのは、ボディーが短いので、輻射熱以外に直接熱伝導でガスキャニスターが過熱された事です。(下記)
https://www.yamareco.com/modules/diary/33947-detail-108800

よろしくお願いいたします。
登録日: 2013/7/22
投稿数: 1
2018/9/27 19:46
 RE: ガスバーナの種類と比較ー火力ムラを考える
ta_ht81sさん
こんにちは、危険はガス缶が加熱される事です輻。ガス缶と加熱面との距離が近すぎて輻射熱がすごいですね。お湯を沸かすだけでもガス缶が触れないほど加熱されます。バーナーパッドなんて言わずもがな。
チタンは比熱が小さいので、熱伝導は見た目ほどではないと思います。
ページの先頭へ