また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > 寒冷期の登山靴内の足先の保温方法
更新日:2020年07月28日 訪問者数:395
ジャンル共通 技術・知識
寒冷期の登山靴内の足先の保温方法
tama-takeshi
靴先の保温
いよいよ冬山シーズン、スキー・シーズンになりましたね。
靴の中の足、特に足先を温かくする方法です。

方法は簡単、赤唐辛子を数本用意し、少々ちぎった形にする。これを内側の靴下と外側の靴下の足先付近に入れてから靴を履くだけ。唐辛子の刺激で血行が良くなって足先が温まります。実はこの方法は戦前・戦中に現在の北朝鮮で小学校2年〜4年の間、片道約40分、-20℃になる雪道を歩いて通学していた時に現地の人から教えて貰った方法で、冬山でも十分に役立ちます。昔の皮1枚の登山靴やスキー靴で実証済みです。是非、お試しあれ!!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:395人

tama-takeshiさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ