また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 鍋を汚さずご飯、炊けます!
更新日:2019年08月19日 訪問者数:708
登山・ハイキング 山ごはんレシピ
鍋を汚さずご飯、炊けます!
norina
ご飯炊いても鍋はきれいなまま
前回に引き続き、鍋を汚さずご飯を炊けるので、その方法を伝授します。
(写真を掲載しないと説得力ないかと思って。。。w)

1.お米をとぎ、水に浸しておく。
蓋をしたまま、強火で5、6分、 弱火で6,7分、.蒸らしに5,6分

いつもと変わらないご飯の出来上がりです。

ちなみに、山での食生活、サバイバルテクニックは災害時に活用できます。その逆もまた然りです。
2.ポリエチレンにお米と水を入れ口を締める
ご飯の硬さは人それぞれお好みで水量を加減してください
ポイント:熱が通りやすいように平たい方がいいかも
空気を抜いてから、口を締める。
締める口は食材10cmくらい上。
3.鍋に半分ほど水を入れ、火を入れる
袋の口を上にし、蓋をしてから点火。
これ以降蒸らし工程まで蓋はしたまま。
4.3,4分で沸騰してくる
沸騰しても3,4分強火でそのまま放置
5.火力を弱火にし6,7分
弱火で6,7分放置
6.途中経過
弱火で6,7分経過した様子。
袋は口辺りまでパンパンに膨らんでいる。

火を止め、蓋をしたまま、袋は鍋の中で蒸らす。
7.蒸らしで5,6分(お好みで)
蒸らし終えたら、袋の口を切り落とす
8.炊けたぞぉ~!
容器を汚したくない場合、容器の中で袋の口をオープン。
いつもと変わらぬご飯です!
9.成型すればおむすびにもなる。
今回はおむすび2つ分のご飯が炊けました。
10.ゴミ袋として最後まで活用すべし
ご覧の通り、どこも破けてません。
またこの袋を活用して野菜を湯煎してもいいかもしれません。 
ま、私はゴミ袋として使い切りますが。
訪問者数:708人
-
拍手

norinaさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ