また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > メスティン(1)・ご飯を炊く
更新日:2020年02月20日 訪問者数:129
登山・ハイキング 山ごはんレシピ
メスティン(1)・ご飯を炊く
deviltotti
0mから富士山や、10ヶ月で40回の山行で酷使した脚、疲労骨折(多分)の為、秋前から暫く山に行けなくなり、見舞いで? 知人からメスティンを頂いた。
家のコンロにて調理。
・メスティン・ご飯を炊く
米(適当量)、水(米量のおよそ1.2倍)
1、米を水に30分浸す
2,蓋をして、10〜20分火にかける。
3,火を止め、裏返して暫く蒸す。

1回目は、水の量が多すぎた為、裏返すと隙間から水がこぼれ、米の表面が少しべちゃべちゃだった。
2回目は、米の中心が少し硬く、いまいちだった。

無洗米ではないが米は洗わずに使用。
・中華おこわ
「中華おこわ」(イチビキ)を使用。
(常温保存可・2合用)

「ガス炊飯器で炊飯する場合は、水360mlにして、30分以上つけ置きしてください。」との記載あるが、前もって米を水につけず、
餅米無洗米(280g)とおこわの具、水250mlを入れて蓋をする。
16分ほど火にかける。
蓋を開けると、満杯でびっくり。
下にあまり水分は残っていなかったが、米がまだ硬い。
米の量を変えるのと、もう少し火にかけた方が良かったかも。
流石に、味は美味しい。

半日ほど消化しきれない米達が、下っ腹に残っている感じがして、山では数時間後にお腹を壊すかも?
上手に米を炊けるようになりたい。

※ イワタニ・プリムスのサイトに、炊はんの目安:約1.8合までとの記載に気づく。

※ 市販されている炊き込みご飯の素は、二合炊き以上のもが多いい。炊く時に米の量などの調整が必要。
・赤飯
「赤飯おこわ」(イチビキ)を使用。
(常温保存可・2合用)

付属の餅米1.5合にして、1時間炭酸水220mlにつけた。
(山に炭酸水を持って行ってる為)

小豆と煮汁を入れて16分火にかける。
水分は多かったが? かき回して、5分蒸らした。
食べやすい感じに。

炊くときに塩を入れなかったから?、小豆が少しにがい。
・あさりめし
「あさりめしの素」(宝食品)を使用。
(常温保存可・2合用)

残っていた米1合と、残っていた餅米0.4合(合計1.4合)
あさり汁と、水100ml 、30分つける(リベットの上)
(二合の白米を炊く水加減の記載)

(特に米をとがず)
16分火にかけ、10分ほど蒸らす。

味は美味しかったが、底に少し水分が残っていた。
米の芯が残っているものもあった。

水の量を多すぎたか、火にかける時間をもう少ししても良かったかもしれない。
・鶏釜めし
鶏釜めし(ミツカン)を使用。
(常温保存可・2〜3合用)

2合用だが、あえて1合で炊いてみる。
通常の水の量との記載。
袋の中身を出し、米と混ぜる。
(油で手が汚れるのがイヤだ)

火にかけ16分で開けると、沢山の水分が。
炊く前にリベットの上にした水の量が多すぎたか?
かき回して、蓋閉めて再度五分火にかけた。
グズグス水の音がしなくなってきたので、6分後、開けると水分が結構残っていた。
10分蒸すとの記載なので、蓋をして待つ。

ややベチャベチャ。
気にならない程度シンが残っている米あり。
おいしいけど、案の定結構しょっぱい!
・五目ちらし
「五目ちらし」(ミツカン)を使用。
(常温保存可・1.5合用)

炊いたご飯にかけるタイプ。
狭い中で混ぜ合わせるのが不安だったのと、味見する為に、あえて1合を炊く。

米を水に20分つけて、4度ほどといで、水リベットの真ん中、15分火にかける。
少し水ぽかったがかき回して、蓋してひっくり返して五分蒸す。

袋の中身を振りかけ、混ぜ合わす。
(1.5合でも混ぜ合わせる事が、出来そう?)

美味しいけど、ちょっと酸っぱいか。

しかし何度米を炊いても、理想の堅さにはならない・・・
・缶詰など
・いわしみそ煮(日本水産)を使用。

餅米1合。1時間近く水につけた。水が透き通るまでとぐ。
リベットの中程まで水を入れ、
缶詰の中をスプーンで出し、あえてかき回さず
火にかける。

今までの炊く時間は短かったようで、
パチパチが聞こえなくなったら、火を止めるとの記載を見つけたので、20分火にかける。良い感じに出来上がる。

おいしいけど、
餅米だと、水が透き通るまで研ぐのに時間がかかるし
こびりつきが酷く、洗うのがめんどくさい。
・美味しいまぐろ醤油煮 鰹節入(伊藤食品)を使用。

米1合を30分水につけ、といで、水リベットの真ん中まで入れる。
缶詰を出し、米とかき回して、火にかける。
パチパチが止まるまで待つ。22分、火を止める
開けずに10分蒸した。

味はまあまあ、もう少しアクセントになる何かが欲しい。
米の硬さは理想に近づいているかも
・さんまの旨煮(兼由)を使用
(常温保存可、通常は湯煎2分で食べるもの)

米1合、水に50分くらいつけた。
袋の中を米の上に出す、あえてかきかわさず
火にかけて、
パチパチ音が終わらず、22分火にかける。
蓋のまま10分我慢。

米やや柔らかかく、米の味付けが薄い。
サンマの味は良い。
山椒とネギをかけて食べた。
・食塩無添加コーン・200g(いなば食品)を使用。

1合の米を30分水につけ、コーンの水分を足してリベット中ほどの水の量、
23分ほど火にかけた
コーンが多すぎて米が見えない!
かき回して食べる。
途中で味に飽きて、醤油と山椒食べた。
バターと一緒に炊いたら、良かったかも?
・チーズフォンデュ 3種のチーズソース・250g(エスビー食品)を使用。
常温保存可

名前に惹かれ、炊くとどうなるのだろうと思い、少々値が張るが購入。

1合の米を水に10分つけた、水の量はリベットより大分下
チーズを多すぎるかもと思いながら、米の上にあけ火にかける。
10分でぐつぐつと音が聞こえる。
結構高温となっていたので注意、チーズの香りは良い
パルパチ音が聞こえなかったので、25分火にかける

味は良いが、固い米も。かき混ぜて食べた。
焦げ付いて、少し洗うのが面倒
・パインアップル シラップづけ(ドール)
(固形量139g 内容総量234g)

フルーツ缶は炊くとどうなるのだろう?
いよいよ禁断の領域に入ってきた感じ。

餅米1合を10分水につけた。
クッキングシートを試してみたかったので、ひく。
水の量、リベットよりやや下。
缶を開けて、輪切りだった事に驚く。そのままシロップも流し込む。水の量かなり多め。
火にかける。
パチパチ音聞こえなく25分

暖かいパインはおいしい。
米が甘くて、あまりおいしくない。
米の芯が所々残っている。
食べきれず、後で食べた。

吹きこぼれていて、側面がベトベトに。
クッキングシートのおかげで、餅米独特のこびりつきが全くなく洗いやすい。
・ゆであずき缶 165g(谷尾食糧工業)
・マンゴー・シラップづけ(固形量135g 内容総量234g)(サンヨー堂)
を使用

小豆を入れて炊いたら、団子や、まんじゅうみたくならないかな? との思いから。

クッキングシートをしく。
(パインからの反省で、米の量は半合)
餅米半合、水に15分つけ、といで、米につかるくらいの水の量
その上にあずきを開け
その上にマンゴーを置く。
(甘いシロップの汁は、米においしくないとパインの時に気づいたので、マンゴーをスプーンですくって置いた)
今回も大分水分は多い感じ。

火にかけ、7分くらいでふきこぼれ
22分で蓋を開けた。
水分が、まあまあ残ってそうだったので蓋をして、15分蒸す。

赤飯や饅頭に慣れているせいか、パインよりは不味くはない、味はお団子やおしるこに似ている。
上手くいけばスイーツになるか? 小豆は偉大?
今回も、所々米の芯が残ってる。(相変わらず上手くいかないなー?)

暖かいマンゴーは、小豆にあわないか?

クッキングシートのおかげで洗いは楽。
・ガパオチキンバジル(いなば食品)

クッキングシートをしく。
水に米を10分つけて、少しといで、リベッと中ほどの水。
缶詰の中身を上にかけて、20分火にかける。
すぐに吹きこぼれてくる。

10分蒸す。
色的に、味が少し薄いかもしれないと思ったけど、なかなかおいしい。

後々辛さきて、汗がひかなくなった。
外国産米
・ジャスミンライス(タイ米)
・炊く

米1合に、水1カップ(蓋と同じ量)
(前もって水にはつけず)
蓋を閉めて上にレトルトカレーを置き、
火にかける。
カレーを時々ひっくり返す。

蒸気も出なく、耳を近づけると中から音も聞こえなくなったので途中で心配になって16分で火を消す。
カレーをのせたまま5分ほどむした

下の方が少し焦げて硬い。
が全体的に食べやすいもちこち感の米。
カレーも程よい温かさ。

もう少しパラパラ感を出したかったが、購入した米は、品種が違うのだろうか?

・茹でる(失敗)
現地のタイでは、米は茹でて余分なお湯捨てる。らしいので、茹でてみた。
水の量多めといってもそんなに入れられない。

蓋の線下くらいまで水を入れ、沸騰してから米を入れ、注意しながらかき回しながら10分火にかける。(蓋をしない)
余分なお湯を捨てようと、傾けると米も落ちてくるので、湯を捨てるのを諦める。
(余分な水分を飛ばそうと)蓋して3分火にかけ、
5分蒸らした。

かなりべちゃべちゃ、お粥みたいで、全くおいしくない
(水の量が、中途半端に多めだったので、当然だ)反省。

理想のタイ米とは、ほど遠くなってしまった。
レトルトカレーを食べる場合、他で温めないといけない。
くっついて、洗うのも大変。
おまけ
蓋で1合の米を水につけた。

動かすのが、至難の業だった。
お勧めはできない。
馬スポンジ(IKEA)
・パッキングクッキング
防災時用にと、気になっていたパッキングクッキングを試す。
大きな鍋が必要で時間はかかるが、こちらの方が上手く炊ける気がする。
1、耐熱温度120度のポリ袋を2枚重ねた中に、米と水。
2、米を水に30分浸す
3、ポリ袋の中の空気を抜き、ポリ袋の口を結ぶ。
4、水を入れた鍋に入れ、火にかけて30分茹る。ポリ袋を時々ひっくり返す。
5、火を止め、ポリ袋を取り出して、少し蒸らす。
誰でも簡単に上手に米を炊く事が出来る。
少しビニール臭い。

無洗米ではないが米は洗わずに使用。
訪問者数:129人
-
拍手

deviltottiさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ