また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > 【アイゼン】ヒルサウンド トレイルクランポン プロ
更新日:2020年01月29日 訪問者数:503
雪山登山 山道具・装備
【アイゼン】ヒルサウンド トレイルクランポン プロ
nonsuke3
この内容は私の判断の甘さ故の事象ですので、それを含みおきください。

先日(2020/1/26)、谷川岳への山行にて購入後初めて使用しました。前日が土曜日でそれなりにトレースが有るだろうと思い、12本爪アイゼンでなくトレイルクランポンプロを選択しました。
いざ現場で履いてみると、ラチェット式のその装着方法は至って簡単でとても素早く準備が済みました。

装着後、一歩目を踏み出すと“ヌルッ”。
「ん?」
二歩目、三歩目も同じ、少し滑る感じ。
具合を確かめながら歩くと、どうも歯の雪面への食い込みが甘い。そして“ヌルッ”の原因はアンチスノープレートにある様子。
このプレートはシリコンゴムのようにぐにゃぐにゃでなく、”柔らかめなプラスチック”な素材で表面もツルツル。厚さも有るので足裏が底上げされて、歯が雪に刺さるのを邪魔してる。
滑り止めは他にないので1日履き続けましたが、少し冷や冷やしながら歩くことになりました。

商品説明に「深雪もOK」と有るけれど、このアイゼンは「傾斜が緩く、しっかりパックされた雪かアイスバーンのような場所に適している」と思います。

それと、もうひとつ。
アイゼンバンドの外れ止めにオレンジ色のパーツが付属しています。装着がラチェット式なのが災いして逆に外れ易くもなっています。このパーツは必ず付けましょう!

このアイゼンをディスるつもりは有りませんが、事故が起こってからでは遅いと思い記事にしました。参考になれば幸いです。
訪問者数:503人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

このヤマノートはコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ