また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > スエード登山靴の手入れ方法(コツ)
更新日:2021年05月29日 訪問者数:563
ジャンル共通 山道具・装備
スエード登山靴の手入れ方法(コツ)
shunku
お手入れ手順
<使う道具は左から右の順番>
1.汚れた登山靴のひもを外し水洗いし絞って干す。
2.バケツに水を汲んでナイロンブラシ(100均)で登山靴の先端、側面、ソールの泥汚れをしっかり水洗いして泥汚れを掻き落とす。
3.ボロ雑巾で水分を取る。
4.コロニルのナノコンプリートのスプレーフォームを登山靴の皮の面に付けて歯ブラシで延ばし、ティッシュで汚れた泡を吸い取る。(2.水洗いすればこの4.ナノコンプリートは無くても良いかもしれません。)
5.一晩置いてレザージェルを歯ブラシに取って、黒い馬毛のブラシの表面に付け登山靴の皮面に延ばす。
6.更に一晩置いてチューブのレザーワックスを同様に少量ずつ歯ブラシに取って、黒い馬毛のブラシの表面に付けて登山靴の皮面に薄っすらと延ばし、ブラッシングする。
7.約1週間ワックスを乾かして、黒い馬毛ブラシでブラッシングすると艶がでる。
8.必要に応じてレザー用の防水スプレーをする(ワックスで水を弾くので無くても可?)
レザージェルとレザーワックスは少量ずつ塗るのがコツです!
ポンプに入ったレザージェルをこのように歯ブラシの先っぽに少量取る。
黒い馬ブラシの表面に歯ブラシを使い薄く延ばしてから登山靴の皮面に塗る。
同様にチューブ入りのレザーワックスも極少量を歯ブラシに取る。
歯ブラシのワックスを黒い馬毛ブラシの表面に極少量ずつポンポンと塗り広げる。
黒い馬毛ブラシのワックスを登山靴のスエードレザーに塗り広げる。
コツとしてはチューブワックスは塗る量が多いと靴がベタベタになるので少量ずつ登山靴に塗っていく。
ローバータホーのようなヌバックレザーの登山靴のワックスがけもこの少量つず塗るのがコツです。
(ヌバックは皮の表面の艶がある皮で、スエードはその裏側の皮で表面が毛羽立った皮です。)
スエードレザーのワックスの表面が乾くまで約1週間ぐらい掛かります。
1週間経過し乾いてから黒い馬毛ブラシで表面を磨くと光沢が出ます。
更に登山靴専用の防水スプレーを表面に掛けておくと完璧です。
日々の手入れは汚れをブラッシングするだけです。酷い場合は濡れ雑巾で拭くぐらいです。
面倒なのでガッツリ汚れた時のみに水洗いしています。
私が愛用している登山靴はローバーバンテージ(18年12月購入約2.5年使用中)ですが手入れすれば
長く使えそうです。同様なスエードレザー登山靴にも応用できると思います。
軽くて剛性があり、履き心地が良く、スエードレザーでキズ、汚れが目立たず気に入っております。
冬場もダーンタフタクティカルブーツ(一番厚手の靴下)を履いてアイゼン付けて冬の鳥取の大山(天気の良い日)を数回登りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:563人

shunkuさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ