ヤマレコ

記録ID: 1010403 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

富士山展望の愛鷹山(越前岳)

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー11人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
御殿場駅から8:30発十里木行バスに乗車。バスは別荘地内を経由し、終点下車。終点は登山口ではなく、登山口までは10分程車道歩きします。
帰路は愛鷹山登山口バス停から15:14発御殿場駅行バスに乗車。御殿場まで30分程予定ですが、少し遅れて15:50分頃到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
51分
合計
5時間46分
S十里木バス停09:1709:22十里木登山口09:2409:31十里木高原駐車場10:23馬の背見晴台10:2410:241098.9m地点10:2510:58平坦地11:0111:22勢子辻分岐11:2311:33愛鷹山11:5712:21富士見台12:2212:54鋸岳展望台13:27富士見峠13:2813:47黒岳展望広場13:5614:03富士見峠14:0614:15愛鷹山荘14:1714:40須山愛鷹登山口14:4315:03愛鷹登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
バスはサファリパークやは別荘地内を通過するため、愛鷹山登山口バス停から少し時間がかかります。
終点の十里木バス停から10分程で十里木登山口駐車場に到着。30台程の駐車場は既に満車で、次々と到着する車が満車を確認して残念そうに出ていきます。
トイレ、ストレッチを済ませて登山開始。鉄塔までは、急な階段が続きます。振り返れば中腹に雲の掛かった富士山が迫ります。馬の瀬まではススキや灌木の中の道で、展望が効きますが、その先樹林内の急登となります。勢子辻分岐付近で傾斜は緩くなり、越前岳山頂に達します。
山頂で昼食後、山神社方向に下山開始。途中、季節外れの愛鷹ツツジの花が咲いていました。五十銭紙幣の図案となったと言われる富士見台からの富士山の展望を楽しんで黒岳分岐へ。少し余裕があるので、黒岳分岐から黒岳側に少し登って杉の大木を観察にため寄り道しました。
山神社までの下りでは何ヵ所か涸沢の中のを通過しますが、ステップがきれいに作られており、特に問題なし。
山神社からは車道歩き15分程で愛鷹山登山口バス停に到着しました。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所無し
その他周辺情報トイレは十里木登山口の駐車場、山神社駐車場に有ります。
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

登山開始 後方に富士山、左下に登山口の駐車場が見えます。
2016年11月20日 09:33撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始 後方に富士山、左下に登山口の駐車場が見えます。
2
しばらくは単調な階段が続きます。
2016年11月20日 09:38撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは単調な階段が続きます。
1
富士山裾の左側に冠雪した南アルプスが見られました。
2016年11月20日 09:44撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山裾の左側に冠雪した南アルプスが見られました。
2
富士山裾の右側には丹沢山系が見られました。左端のピークが大室山、右端は大山と思われます。
2016年11月20日 10:10撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山裾の右側には丹沢山系が見られました。左端のピークが大室山、右端は大山と思われます。
1
「展望台」から富士山
2016年11月20日 10:18撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「展望台」から富士山
2
足下には子供の国
2016年11月20日 10:19撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下には子供の国
1
「馬の瀬見晴台」から先は樹林の中の急登
2016年11月20日 10:32撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「馬の瀬見晴台」から先は樹林の中の急登
1
「平坦地」からの富士山
2016年11月20日 10:58撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「平坦地」からの富士山
2
変形したブナの大木
2016年11月20日 11:04撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変形したブナの大木
1
勢子辻分岐。山頂まで10分。
2016年11月20日 11:21撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢子辻分岐。山頂まで10分。
1
山頂から富士山
樹林の為、あまりすっきりとは見えません。
2016年11月20日 11:54撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士山
樹林の為、あまりすっきりとは見えません。
1
富士市から静岡市にかけての海岸線が望めました。
手前の海岸は田子の浦、右奥の高台は日本平
2016年11月20日 12:01撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士市から静岡市にかけての海岸線が望めました。
手前の海岸は田子の浦、右奥の高台は日本平
2
山神社に向け下山開始
2016年11月20日 12:03撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神社に向け下山開始
1
アシタカツツジと思われる花が咲いていました。
2016年11月20日 12:04撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アシタカツツジと思われる花が咲いていました。
1
富士見台の解説坂
2016年11月20日 12:26撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台の解説坂
1
富士見台から撮影された富士山が五十銭紙幣の図案に採用されたとのことです。
2016年11月20日 12:28撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台から撮影された富士山が五十銭紙幣の図案に採用されたとのことです。
1
お札の図案となった「富士見台」からの富士山
冠雪と中腹の雲で、正にお札と同じ様に見えました
2016年11月20日 12:29撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お札の図案となった「富士見台」からの富士山
冠雪と中腹の雲で、正にお札と同じ様に見えました
3
鋸岳の鋭峰。とても人が通れる様には思えませんが、登山道が通っています。ただ残念ながら、現在通行止めとのことです。
2016年11月20日 12:41撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳の鋭峰。とても人が通れる様には思えませんが、登山道が通っています。ただ残念ながら、現在通行止めとのことです。
2
黒岳分岐を黒岳側から振り返る
2016年11月20日 13:27撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳分岐を黒岳側から振り返る
1
黒岳への途中、スギの大木が続きます。太そうなものは計測しました。胸高周囲5m越のスギの巨樹がありました。
2016年11月20日 13:48撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳への途中、スギの大木が続きます。太そうなものは計測しました。胸高周囲5m越のスギの巨樹がありました。
2
ここの天然杉は裾野市指定の文化財とのことです。
2016年11月20日 13:54撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの天然杉は裾野市指定の文化財とのことです。
1
山神社へ下山開始して直ぐ「愛鷹山荘兼避難小屋」が有ります。
2016年11月20日 14:11撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神社へ下山開始して直ぐ「愛鷹山荘兼避難小屋」が有ります。
1
山神社までは樹林内の下りが続きます。
2016年11月20日 14:21撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神社までは樹林内の下りが続きます。
1
無事に山神社まで下山
2016年11月20日 14:39撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に山神社まで下山
1
車道歩き15分程で愛鷹山登山口バス停に到着
2016年11月20日 15:03撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道歩き15分程で愛鷹山登山口バス停に到着
1

感想/記録
by nakie

お天気は良く、時折雲がかかって見えなくなることもありましたが、富士山の絶景を見ながらの気持ち良い山歩きが出来ました。
訪問者数:799人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 2987
2016/11/22 20:08
 スギ計測の団体さん
nakieさん、はじめまして ritaと申します。

時間を見ていて「どこかですれ違っているかな?」と写真を見ていたところ写真20『スギの計測』でピンッ!ときました
黒岳展望台でスギの計測をしていた時に、展望台で見えない富士山を眺めてぼ〜っとしていた2人が私たちです。

『愛鷹山を守る会』とか、そういう団体さんなのかなぁ と二人で話をしていたんですよ。
まさかnakieさんたちでヤマレコユーザーさんだったとは
登録日: 2014/8/22
投稿数: 2
2016/11/22 22:20
 Re: スギ計測の団体さん
コメントありがとうございます。
神奈川の森林インストラクターのグループです。
巨樹・巨木調査などを請け負うこともあり、メジャーを持ち歩いてる会員もおり、太い木があると計測することもあります。
黒岳に5m越の巨樹があり、皆でビックリしていました。
お騒がせしたかと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 避難小屋 スギ ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ