ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1026102
全員に公開
ハイキング
京都・北摂

川久保から水無瀬渓谷へ

2016年12月14日(水) [日帰り]
 - 拍手
sabatora その他9人
体力度
2
日帰りが可能
GPS
04:45
距離
12.0km
登り
351m
下り
563m
歩くペース
標準
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
3:50
休憩
0:55
合計
4:45
9:36
36
スタート地点
10:12
10:12
6
10:35
10:51
83
12:14
12:23
51
13:14
13:42
39
14:21
ゴール地点
天候 曇り
過去天気図(気象庁) 2016年12月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
行き:阪急高槻市駅からバスで川久保バス停下車
帰り:阪急水無瀬駅
コース状況/
危険箇所等
水無瀬渓谷出合までの道で急斜面のトラバース、渓流の渡渉がそれぞれ数か所ありますので要注意です。渓流の渡渉は石伝いに渡れますが動く石があるのでよく確認することです。なお、通行止めになっていますので、自己責任でお願いします。
府道79号線を離れ、大沢の大杉を見に行きます。
2016年12月14日 10:17撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 10:17
府道79号線を離れ、大沢の大杉を見に行きます。
大きいことも大きいですが、異様な姿に圧倒されます。
2016年12月14日 10:19撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
3
12/14 10:19
大きいことも大きいですが、異様な姿に圧倒されます。
樹齢800年ということは紀元1200年ごろからあったということか。鎌倉時代ですね。
2016年12月14日 10:19撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
3
12/14 10:19
樹齢800年ということは紀元1200年ごろからあったということか。鎌倉時代ですね。
夜見たら怖そうですね。
2016年12月14日 10:19撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 10:19
夜見たら怖そうですね。
水無瀬渓谷への道。
迂回路が指示されていますが、通らせてもらいます。
自己責任ということで。
2016年12月14日 10:49撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 10:49
水無瀬渓谷への道。
迂回路が指示されていますが、通らせてもらいます。
自己責任ということで。
ギロバチ峠に到着。
2016年12月14日 10:50撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 10:50
ギロバチ峠に到着。
木の間越しに住宅地が見えます。
大山崎町あたりでしょうか?
2016年12月14日 10:59撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 10:59
木の間越しに住宅地が見えます。
大山崎町あたりでしょうか?
明るい尾根道を下っていきます。
キャンプ場あたりは風が強く寒かったですが、ギロバチ峠に向かうあたりから風裏に回ったようで風が当たらなくなりました。このあたり、良い雰囲気です。
2016年12月14日 11:14撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 11:14
明るい尾根道を下っていきます。
キャンプ場あたりは風が強く寒かったですが、ギロバチ峠に向かうあたりから風裏に回ったようで風が当たらなくなりました。このあたり、良い雰囲気です。
おおさか環状自然歩道です。
2016年12月14日 11:14撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 11:14
おおさか環状自然歩道です。
直進(写真の左)方向にも道があるように見えますが、
ここは指示通り右折します。
2016年12月14日 11:25撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 11:25
直進(写真の左)方向にも道があるように見えますが、
ここは指示通り右折します。
右折方向は明瞭な道です
2016年12月14日 11:25撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 11:25
右折方向は明瞭な道です
斜面のトラバース。トラロープが設置されています。
振り返って撮った写真です。
2016年12月14日 12:08撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 12:08
斜面のトラバース。トラロープが設置されています。
振り返って撮った写真です。
水無瀬渓谷が見えてきました。
下っていきます。
2016年12月14日 12:16撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:16
水無瀬渓谷が見えてきました。
下っていきます。
水無瀬渓谷出合にあった地図
2016年12月14日 12:17撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:17
水無瀬渓谷出合にあった地図
きのこ
2016年12月14日 12:22撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:22
きのこ
水無瀬渓谷左岸上部にはこのような滝がいくつか見られました。
2016年12月14日 12:23撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:23
水無瀬渓谷左岸上部にはこのような滝がいくつか見られました。
手製の案内板
2016年12月14日 12:24撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:24
手製の案内板
ヒヨドリジョウゴの赤い実がたくさんありました
2016年12月14日 12:33撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
2
12/14 12:33
ヒヨドリジョウゴの赤い実がたくさんありました
乙女の滝、  ではない。
これは無名の滝。
2016年12月14日 12:40撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 12:40
乙女の滝、  ではない。
これは無名の滝。
同じく無名の滝
2016年12月14日 12:40撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:40
同じく無名の滝
かなりの落差がありました
2016年12月14日 12:42撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:42
かなりの落差がありました
こちらが乙女の滝。左下にありますが、木が邪魔になってよく見えません。
2016年12月14日 12:43撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 12:43
こちらが乙女の滝。左下にありますが、木が邪魔になってよく見えません。
説明のとおりで、よく見えない。
2016年12月14日 12:42撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 12:42
説明のとおりで、よく見えない。
水無瀬渓谷から若山神社に向かう途中、きれいな竹林がありました。
2016年12月14日 13:07撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 13:07
水無瀬渓谷から若山神社に向かう途中、きれいな竹林がありました。
街が見えます。山崎のあたりかな?
2016年12月14日 13:11撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 13:11
街が見えます。山崎のあたりかな?
若山神社に到着。
淀川三川合流が眺望できる、とのことですが
2016年12月14日 13:22撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 13:22
若山神社に到着。
淀川三川合流が眺望できる、とのことですが
二川しか見えなくなっておりました。
2016年12月14日 13:21撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 13:21
二川しか見えなくなっておりました。
天王山、十方山方面。
まだ紅葉が残っていました。なかなかきれいでした。
2016年12月14日 13:21撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
1
12/14 13:21
天王山、十方山方面。
まだ紅葉が残っていました。なかなかきれいでした。
神社の境内で昼食を食べましたが、かなり寒くなりましたので、早々に退散。歩いて阪急水無瀬駅に戻りました。
2016年12月14日 13:22撮影 by  DSC-RX100M2, SONY
12/14 13:22
神社の境内で昼食を食べましたが、かなり寒くなりましたので、早々に退散。歩いて阪急水無瀬駅に戻りました。

感想

ご近所の方々と結成しているハイキング同好会の、今年最後の忘年ハイキングです。足、膝の状態が万全でない方々がいらっしゃるので、登りの少ないこのコースを選びました。昨年訪れて好評だった早尾神社近くの「しいたけ直売所」でしいたけ、あかいもなどを買うのが目的の一つでもありましたが、残念ながらお店は閉まっていました。冬期休業かもしれません。ハイキングの後は、近所の居酒屋さんで忘年会を開き大いに盛り上がりました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:2296人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら