また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1039646 全員に公開 沢登り丹沢

世附川水系 フタマンザイ沢

日程 2017年01月04日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(ポカポカ♪)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
世附P
・10台程度
・トイレはない(更に奥の浅瀬Pに公衆トイレある)
・登山届ポストはないので新松田駅、玄倉バス停か神奈川県警HPよりweb提出
コース状況/
危険箇所等
■フタマンザイ沢
  ほとんど無名だが右俣には連瀑含めた見事な大滝がある。
  大滝の上にもナメ滝があり、すぐに右岸の多量な湧き水帯が水源。
  その上流は登れないボロボロ棚含め不老山界隈の沢らしい荒涼とした
  ガレとザレとなって植林帯の中に消える。
  下山は一般登山道は番ケ平先まで登らないとなく、ナビゲーション(読図)必須
  遡行グレード:2級下

丹沢遡行記録
http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

フタマンザイ沢出合
2017年01月04日 10:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フタマンザイ沢出合
1
早速3m扇状滝
左隅も登れそうだが今日は右から巻く
2017年01月04日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速3m扇状滝
左隅も登れそうだが今日は右から巻く
1
すぐ上の連瀑
2017年01月04日 10:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上の連瀑
流木堤状2m
2017年01月04日 10:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流木堤状2m
期待していなかった分ビックリ
2017年01月04日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待していなかった分ビックリ
水源管理用のハシゴがかかっている
トラロープの利きを確認してハシゴは(グラついているので)手助け程度に使わせていただく
2017年01月04日 10:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水源管理用のハシゴがかかっている
トラロープの利きを確認してハシゴは(グラついているので)手助け程度に使わせていただく
3
この界隈の沢は脆いので騙しのテクニックが必要だ
2017年01月04日 11:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この界隈の沢は脆いので騙しのテクニックが必要だ
2
左のハシゴは古そうだし、もし使って壊したら問題なので右隅から巻く
2017年01月04日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のハシゴは古そうだし、もし使って壊したら問題なので右隅から巻く
1
そして大滝
2017年01月04日 11:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして大滝
2
見た目20mという印象だが実際は見た目以上に落差があるのが常なので25mとさせていただく。
隣の源五郎沢大滝にも匹敵する見事な滝。
2017年01月04日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目20mという印象だが実際は見た目以上に落差があるのが常なので25mとさせていただく。
隣の源五郎沢大滝にも匹敵する見事な滝。
3
2017年沢初めに相応しいめっけもんだ
2017年01月04日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2017年沢初めに相応しいめっけもんだ
2
右側も水流細いが滝状となっている
(上部壁からの湧き水だった)
2017年01月04日 11:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側も水流細いが滝状となっている
(上部壁からの湧き水だった)
1
左側も湧き水から細い滝状となっている
2017年01月04日 11:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側も湧き水から細い滝状となっている
巻きはどうするか・・・
左ザレからも巻けそうだが岩混じりで脆いと判断し、右側の尾根から巻くことにした
2017年01月04日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きはどうするか・・・
左ザレからも巻けそうだが岩混じりで脆いと判断し、右側の尾根から巻くことにした
2
巻き途中の大滝
2017年01月04日 11:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き途中の大滝
1
岩壁も出てきたが右隅から越えられた
2017年01月04日 11:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁も出てきたが右隅から越えられた
1
お、痩せている
2017年01月04日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、痩せている
1
大滝落ち口の30mほど先で沢に戻れた
2017年01月04日 11:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝落ち口の30mほど先で沢に戻れた
1
下りてきた辺り
ザレにキックステップ、ホールドは根を選択しながら斜めに下りる
2017年01月04日 11:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきた辺り
ザレにキックステップ、ホールドは根を選択しながら斜めに下りる
その上もナメ滝が続いている
2017年01月04日 11:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上もナメ滝が続いている
1
大滝落ち口方面を振り返る
2017年01月04日 11:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝落ち口方面を振り返る
1
右岸から多量な湧水帯となっていた
下のキャンプ場の水源になっていると思われるので水を汚さないようにしたい
2017年01月04日 11:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から多量な湧水帯となっていた
下のキャンプ場の水源になっていると思われるので水を汚さないようにしたい
3
この湧水帯で沢は一旦涸れる
2017年01月04日 11:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この湧水帯で沢は一旦涸れる
1
その上はボロボロでどうにも登れないし巻けない4m棚
2017年01月04日 12:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上はボロボロでどうにも登れないし巻けない4m棚
1
仕方なく先ほどの湧水帯に戻り右岸尾根へ上がる
2017年01月04日 12:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方なく先ほどの湧水帯に戻り右岸尾根へ上がる
4m棚の上流は両岸がえぐれたザレになっている
2017年01月04日 12:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m棚の上流は両岸がえぐれたザレになっている
1
右岸から細い水のある枝沢が合わさり、ここくらいしか沢に戻れそうな箇所はなかった。
さらに上流は植林帯になっていたので遡行は終了する。
2017年01月04日 12:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から細い水のある枝沢が合わさり、ここくらいしか沢に戻れそうな箇所はなかった。
さらに上流は植林帯になっていたので遡行は終了する。
枝沢出合には古いトラロープが垂れていて、よく目を凝らすとどうやら作業径路のようだ
2017年01月04日 12:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝沢出合には古いトラロープが垂れていて、よく目を凝らすとどうやら作業径路のようだ
崩れてはいるが作業径路は左岸に向かい横断しているのでこれを使わせてもらう
2017年01月04日 12:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れてはいるが作業径路は左岸に向かい横断しているのでこれを使わせてもらう
左岸尾根に出た
2017年01月04日 13:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根に出た
1
読図しながら下降する
2017年01月04日 13:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読図しながら下降する
1
尾根の末端近くは急になっているためフタマンザイ沢出合奥に見えた水源案内板に向かいトラバース気味にダウン
2017年01月04日 13:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の末端近くは急になっているためフタマンザイ沢出合奥に見えた水源案内板に向かいトラバース気味にダウン
1
出合に戻る
2017年01月04日 13:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合に戻る
1

感想/記録
by kamog

2017年の沢初め
遡行としての記録はほぼ皆無のフタマンザイ沢
語源はどういった意味であろう
丹沢の沢名は植物に由来しているものが多いのだが・・・
あとで調べてみるかな

勧渕沢や源五郎沢、大矢沢など過去遡行したときから
気にはなっていた小沢
地形図を見てもあまり核心部はないかなぁーと
あまり期待せずに入ってみたが
右俣にはお見事な大滝出現
当初は左俣(たぶん沢の深さからすればこちらが本流だと思う)予定であったが
大滝見て一気に進路変更してしまった

ただ豊富な水源はおそらく下のキャンプ場の水源にもなっているのであろう
取水堰や誘導パイプもあるので
汚さないよう、また取水設備にはなるべく手をつけないよう配慮が必要
またこの界隈の沢はご多分に漏れず崩壊箇所も多く岩質も脆い
グレード付けは易しめにしたが騙し登りができない人は入るべからず、かな

足元も濡らさず暖かい沢初めとなった
(因みに昨年の草鞋納めは大晦日(笑))
訪問者数:490人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ